いわさきちひろの専門美術館である、安曇野ちひろ美術館に行ってきた。

信濃大町から松本へ向かう道の途中にあるので、立ち寄りしやすいと思う。この周辺は安曇野アートラインとかいう場所で美術館が点在しているのだが、美しい庭園に囲まれたちひろ美術館はランドマーク的な存在。

僕が訪れたときは、ちょっと天気がいまいちだったのだけど、いい天気のなかでは庭園を散歩したりまた違った印象なんだろうな。

安曇野ちひろ美術館安曇野ちひろ美術館美術館自体はすごくゆったりと作られていて、ちょっとリゾートホテルみたいだなっていう感じもする。いわさきちひろの原画のほか、企画展なども開催されている。いわさきちひろの優しい絵って好きなのだけど、美術館で原画をみて改めてそう実感する。心の中にある小さくて暖かい光みたいなものを取り出して表現しているみたいにみえる。

しかし、企画展についてはなんだかちょっと違和感があるよなと思ってしまう。僕が行ったときは世界の絵本展という企画展だったのだが、アメリカの絵本がほとんどなかったり、なんでポーランドとかチェコとか、そりゃかわいいけれど偏りがありすぎるよなって、みているうちに段々違和感が大きくなってしまう。

安曇野ちひろ美術館いわさきちひろの経歴からだとそうなるのかもしれないが、美術館の運営としてはもう少しフラットなものでもいいんじゃないかなとか、僕がうがった見方をしすぎているだけなのかなとか、いろいろ考えてしまう。

僕はただ、かわいい水彩画観たかっただけなんだけれどなあと思ってしまった。

ちひろ美術館
住所:長野県北安曇郡松川村西原3358-24
期間:3月1日-11月30日
時間:9:00-17:00
休み:第2・4水曜日(祝休日は開館、翌平日休館)

Related Post

土門拳記念館はいい写真美術館だと思う... 2年前の訪問では、ちょっと拍子抜けしたなんて書いていたけれど、本当に申し訳ないなと。それは僕の前提と美術館が提示しているものに違いがあっただけの話しだったんだなと、当たり前のことに気づいた。 今回、友人と一緒にフラットな気持ちで訪れたのだけど、小さいながらもすごい面白い美術館だった。写真家ひと...
Infinity of Flowers を観てきた 2014年9月にグッチ新宿店で行われていたチームラボのインスタレーション「Infinity of Flowers」を観てきた。 チームラボのインスタレーションは彼らがこういった表現をはじめた頃から、絶えず新しい技術を取り込んでいて、いろんな表現の可能性をチャレンジしているところが好きで観に行っ...
大安森林公園を散歩 泊まっているダンディホテルの向かい側にある巨大な公園を散歩してきた。朝、昼と時間を変えて散歩してみたのだけど、行くならば絶対に朝がいい。生活感あふれる地元の人の光景をみることができる。 しかしながら、とくになにか特別なものがあるわけでもないし、すごく美しい公園でもないので、近くに宿泊していなく...
津南の「出逢い DEAI」をみてきた 2012年の大地の芸術祭でつくられた津南にある「出逢い DEAI」という作品が、限定公開されるというので訪れてみた。古い古民家をリノベーションして、外壁をペイントしたり、なかには流木を用いたオブジェがつくられたりしている。 ここは普段はコミュニティハウスとしても利用されているらしく、人が生活し...
リナ・ボ・バルディ展「ブラジルが最も愛した建築家」をみてきた... 美術館のロゴの上の赤い部分も作品のひとつ 夏にみてきたオスカー・ニーマイヤー展につづくブラジル建築の回顧展。 自然との調和という点においてはオスカー・ニーマイヤーと共通するところもあり、人に近いデザインという部分でいうとリナ・ボ・バルディがもっている暖かみとかいいなって思える。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください