いわさきちひろの専門美術館である、安曇野ちひろ美術館に行ってきた。

信濃大町から松本へ向かう道の途中にあるので、立ち寄りしやすいと思う。この周辺は安曇野アートラインとかいう場所で美術館が点在しているのだが、美しい庭園に囲まれたちひろ美術館はランドマーク的な存在。

僕が訪れたときは、ちょっと天気がいまいちだったのだけど、いい天気のなかでは庭園を散歩したりまた違った印象なんだろうな。

安曇野ちひろ美術館安曇野ちひろ美術館美術館自体はすごくゆったりと作られていて、ちょっとリゾートホテルみたいだなっていう感じもする。いわさきちひろの原画のほか、企画展なども開催されている。いわさきちひろの優しい絵って好きなのだけど、美術館で原画をみて改めてそう実感する。心の中にある小さくて暖かい光みたいなものを取り出して表現しているみたいにみえる。

しかし、企画展についてはなんだかちょっと違和感があるよなと思ってしまう。僕が行ったときは世界の絵本展という企画展だったのだが、アメリカの絵本がほとんどなかったり、なんでポーランドとかチェコとか、そりゃかわいいけれど偏りがありすぎるよなって、みているうちに段々違和感が大きくなってしまう。

安曇野ちひろ美術館いわさきちひろの経歴からだとそうなるのかもしれないが、美術館の運営としてはもう少しフラットなものでもいいんじゃないかなとか、僕がうがった見方をしすぎているだけなのかなとか、いろいろ考えてしまう。

僕はただ、かわいい水彩画観たかっただけなんだけれどなあと思ってしまった。

ちひろ美術館
住所:長野県北安曇郡松川村西原3358-24
期間:3月1日-11月30日
時間:9:00-17:00
休み:第2・4水曜日(祝休日は開館、翌平日休館)

Related Post

中之条ビエンナーレ2013(六合編) 季節はすっかり秋めいてきて、芸術の秋っていう雰囲気。 ということにつられてってことではないのだが、群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観に行ってきた。僕のなかでは、数ある地方芸術祭のなかでは最も好きなもののひとつ。 美しい秋の里山風景とともにホスピタリティを感じ...
アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
ホアンキエム湖さんぽ ハノイの市街地にあるホアンキエム湖。周囲は公園になっていて、都会のオアシスみたいな風情になっている。以前は、ここを少し歩くだけで物売りとかがうるさかったのだけど、いまでは外国人でも静かに散歩できるようになったんだなというところ。随分と治安がよくなったような気がする。 今回泊まったホテルからホア...
トゥール・スレン虐殺博物館(Tuol Sleng Genocide Museum)へ行ってきた... ひさびさのプノンペンへの旅。そして、ひさびさにトゥール・スレンへ行ってきた。行くと、その凄惨さと妙な生々しさにどんよりしてしまうのだけど、プノンペンに来たならば訪れた方がいいところではある。 プノンペン市街にマオツォトン通り(Mao Tse Toung Blvd)というのがあるのだが、多くのク...
彩虹眷村はカオスで騒々しかった 台南から台中へ移動。 新幹線の窓からみえる台中は、高層ビルがどんよりとした空の下に乱立していて、なんだか近寄る気にはならない街という印象があった。 周囲は公園みたいに整備されている でも、今回この街に来たのは、彩虹眷村という場所に描かれている前衛的なアートが気になったから。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です