いわさきちひろの専門美術館である、安曇野ちひろ美術館に行ってきた。

信濃大町から松本へ向かう道の途中にあるので、立ち寄りしやすいと思う。この周辺は安曇野アートラインとかいう場所で美術館が点在しているのだが、美しい庭園に囲まれたちひろ美術館はランドマーク的な存在。

僕が訪れたときは、ちょっと天気がいまいちだったのだけど、いい天気のなかでは庭園を散歩したりまた違った印象なんだろうな。

安曇野ちひろ美術館安曇野ちひろ美術館美術館自体はすごくゆったりと作られていて、ちょっとリゾートホテルみたいだなっていう感じもする。いわさきちひろの原画のほか、企画展なども開催されている。いわさきちひろの優しい絵って好きなのだけど、美術館で原画をみて改めてそう実感する。心の中にある小さくて暖かい光みたいなものを取り出して表現しているみたいにみえる。

しかし、企画展についてはなんだかちょっと違和感があるよなと思ってしまう。僕が行ったときは世界の絵本展という企画展だったのだが、アメリカの絵本がほとんどなかったり、なんでポーランドとかチェコとか、そりゃかわいいけれど偏りがありすぎるよなって、みているうちに段々違和感が大きくなってしまう。

安曇野ちひろ美術館いわさきちひろの経歴からだとそうなるのかもしれないが、美術館の運営としてはもう少しフラットなものでもいいんじゃないかなとか、僕がうがった見方をしすぎているだけなのかなとか、いろいろ考えてしまう。

僕はただ、かわいい水彩画観たかっただけなんだけれどなあと思ってしまった。

ちひろ美術館
住所:長野県北安曇郡松川村西原3358-24
期間:3月1日-11月30日
時間:9:00-17:00
休み:第2・4水曜日(祝休日は開館、翌平日休館)

Related Post

安曇野翁でざるそば、いなかそばの食べ比べしてみた... まさかこんなに早くふたたびここの蕎麦を食べることができるなんて、と自分でもちょっと驚いた。上高地をあとにして、地元の人たちとランチはどこにしようかなって話しをしていたのだけど、それじゃあちょっと遠いけれど安曇野の蕎麦屋にしようかっていうことになって連れてきてもらったのは9月に着たばかりの安曇野翁だっ...
中之条ビエンナーレ2015 – 中之条エリア編... 中之条ビエンナーレもいよいよ最終編。中之条エリアにやってきた。ここはビエンナーレの中心的な存在で、見どころが多い。時間がなければ、ここだけでも観るだけでそれなりに楽しめるんじゃないかと思う。 今回のビエンナーレで印象的だったのは、お寿司屋さんの二階の宴会場にあった作品。でんとシャリが演台に置い...
トゥール・スレン虐殺博物館(Tuol Sleng Genocide Museum)へ行ってきた... ひさびさのプノンペンへの旅。そして、ひさびさにトゥール・スレンへ行ってきた。行くと、その凄惨さと妙な生々しさにどんよりしてしまうのだけど、プノンペンに来たならば訪れた方がいいところではある。 プノンペン市街にマオツォトン通り(Mao Tse Toung Blvd)というのがあるのだが、多くのク...
横浜トリエンナーレ2014をみてきた 2014年11月3日まで開催されていた横浜トリエンナーレを観てきたのでその記録。 とりあえず会期終わってからこれを書いているのだけど、まあそんなくらいの距離感でよかったかなというところ。 見に行けなかったとしても後悔はないと思うし、横浜の街も別にトリエンナーレで盛り上がるって感じじゃない...
中之条ビエンナーレ2013(四万温泉編)... 芸術の秋!2年前に行ってすごい楽しかった、中之条ビエンナーレに今回も行ってきた。 六合からスタートして、初日で暮坂峠を抜けて沢渡を通り四万温泉へ向かう。この日は四万温泉にある中村屋という民宿に泊まるので、ここまで来ればもうお酒も飲めるってもんだ。 と、その前に中之条ビエンナーレをみてまわ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です