今回の旅も台北までのフライトはシンガポールのLCCであるスクートを利用。キャンペーンのプロモーション料金を使うと連休をはさんだフライトでも往復3万円程度でいけるので、すごい安いわけじゃないけれどお得感はあります。比較対象にしていいのかわからないけれど、東京から京都までのぞみで移動した料金とあまり変わらないわけなので、そう考えると安いよなって思う。

成田空港でのチェックインは第2ターミナルのCカウンターにて行います。スクートは一向にオンラインチェックインのシステムがリリースされないので、全ての乗客はチェックインカウンターに並ぶわけで、いまどきこんなに並ぶことあるのか?というくらい混み合います。なお、搭乗ゲートもかなり遠いのでゲートまで行くのも時間かかる。なので、早めにチェックインとか済ませておくのがおすすめ。

今回、荷物が重量オーバーしてしまったのだけど、カウンターでの超過料金の支払いは現金のみという・・プロヴァンス人からトリュフを買うのかのようなちょっとひどい扱い。カウンターの隅で持ち運び金庫をひらいてお金の勘定している姿をみるとちょっと驚愕。いまどき決裁は現金のみって個人商店じゃあるまいし、どうかと思うのだが。Squareとか導入して手軽に決裁できるようにしてもいいんじゃないかと思う。

LCCってエアアジアもそうだけど、フライト中のスタッフはとてもやる気があって楽しいのだけど、全体的に地上職の雰囲気が足を引っ張っていてイメージを悪くしていると思う。フライト中はとてもいいのだけど。

さて、ということでフライト。大きい機材を利用していることもあり、足元のスペースには非常に広々としていてユナイテッドなどのレガシーキャリアと比べても遜色ない。というかよりゆったりしている?と思うくらい。

ただ、今回乗ってみて気がついたのだが、CAを呼ぶボタンが何故かシートの内側についているため、あやまってボタンを押している人が続出。とくに、離着陸のときにまでずうっとピンポンピンポン鳴り止まない状態になっていて、なんかちょっと異常事態でも起きているかのような感じでちょっとおかしかった。あれ、ボタンの位置を少し考えたり、事前にアナウンスした方がいいと思う。

機内に持ち込んだ飲食をとることはNGで、なにか飲み食いしたいときには買うことになるのだが、これは事前に購入しておくことがおすすめ。とくに台北から成田に向かうときには早朝便で台北空港のお店もあまり空いていないので、朝食を飛行機のなかで食べるというのがもっともいい選択になると思う。なので、ここは買っておくのがいいかと。

僕としてはLCCという存在はすごく好きだし、とくにスクートは機内で働いているクルーがみな感じいいので、がんばってほしいなあと思っているので、あれこれ書きましたが今後もフライトを続けて欲しいところ。

予約はFlyscoot.comから。

20130712-1144-24-00862

Related Post

ユナイテッド航空(成田~バンコク)搭乗記と機内Wifi接続サービスについて... 2013年11月のロイクラトンにあわせて、ちょっとタイに行ってきた。これでもう何度目のタイなのか記憶がないのだが20~30回くらいは行っているような気がする。 しかし、僕のこの旅行スタイルも変化が訪れるかもしれない。 利用しているのは、ほぼ毎回ユナイテッド航空の便なのだが、成田~バンコク...
西門はたしかに台北の渋谷っぽかった... 西門にあるHave Fun Suiteにチェックインするときに「ここは渋谷っぽい街だよ」といわれて、ガイドブックとかにもそんなことが書いてあったのだけど、実際歩いてみると、たしかに歩行者道路はセンター街っぽいし、たしかにまさに渋谷の利点と欠点を備えているいる。 利点としては、狭いエリアに阿宗麺...
西門でコストパフォーマンスのいい足裏マッサージ「足満足推拿養生會館」... 西門エリアでホテルの近くにあった足裏マッサージのお店。22:00くらいに行ったときは地元の人4割、日本人観光客5割、その他の国の人1割という感じだったが、ほぼ満席の状態で結構人気のあるお店だなあという印象。 で、たしかに人気なだけあって、値段のわりにはちゃんとしっかりと施術してくれます。とくに...
Scoot(スクート)搭乗記 – 台北行きLCCでは抜群におすすめ... 僕が台北旅行に行くきっかけとなったのはスクートが成田~台北に就航したからというのが大きかったりする。成田~台北はほかにもいろいろな航空会社が格安チケットを出しているけれど、どうもいまいち高くて、そんななか燃油料金込みで往復2~3万円で行けるチケットはなかなか魅力的。 スクートのスタッフ。気さ...
AirAsia(エアアジア)でバンコクからウドンタニまで... エアアジアでバンコクからウドンタニまでの片道フライトの搭乗記。帰路はバンコクまで夜行列車で戻ってきた。LCCってシンプルな料金体系なので片道料金がきちんと半額で安いというのが好きなところ。 ドンムアン空港、こんなのしかない。 スクンビットのホテルからドンムアン空港まではタクシーで移動。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください