2年前に引き続き中之条ビエンナーレの旅。今年は越後妻有の大地の芸術祭に加えて、中之条のビエンナーレもあるという6年に一度の忙しい年。

前回の中之条ビエンナーレのときにはブログをはじめていたのでこちらにて(中之条ビエンナーレ2013)。

2年ぶりの中之条は変わらずきれいな田舎だった。とくに毎回思うのは六合の景色。山に囲まれた谷あいの小さな平地に隠れ家のように集落があるのはすごく不思議な光景。しかし、この集落がきれいなんだよな。

六合

蕎麦(無料)
蕎麦(無料)
焼肉(無料)
焼肉(無料)

今回の中之条ビエンナーレもまた六合エリアからスタートすることにする。関越道を走って、中之条を通り過ぎて六合まで。集落ではお祭りをしていて、蕎麦から焼肉までをふるまってくれていた。そして、それはなんと無料という。

ここでの中心的な存在は湯本家の古い邸宅。味があって面白いところです。巨大な蔵のような家のなかは薄暗くてひんやりしている。冬の季節の厳しさを考えると、これくらいしっかり作っておかないとだめなんだろうな。ところどころに作品があったりして、それぞれがちょっと幻想的な美しさがある。今回、新しいものもあったけれど、古い頃の展示の方がよく考えられていたなと思ってしまう。

湯本家
湯本家

六合六合六合そして、集落のなかを散歩していくのだけど、こんなにも閉ざされた集落を普段散歩したらすごく目立ちそうだが、このイベントの期間であればそんなこと気にせず見てまわれるのがいい。小さいけれどすごくきれいに整備された集落だよな。

とくに、お堂のところからみえる蕎麦畑と田んぼの風景が一望できるところが好き。丁度いい具合にベンチが置いてあるので、しばらくのんびりと眺めているのだが、美しい里山の風景だよなって思う。

今回は廃墟っぽい六合駅の作品はなくなってしまっていたけれど、この里山の風景をみるためにもこのエリアは外せないところ。

六合

六合

Related Post

ふく手羽 佐賀 – 佐賀まちなかバル1軒目... 11月の連休に大雨の唐津から戻ってきた。で、佐賀市内では「佐賀市街なかバル」というイベントをやっていて、当日券で3,500円で5枚チケット(5軒巡れる)という食べ歩きができるので、ちょっと参加してみた。 佐賀駅の観光案内所でチケットを購入して、地図を眺めながらまずたどり着いたのは、「ふく手羽」...
台南随一の絶景、四草綠色隧道碼頭の緑のトンネルをボートですすむ... 台南には何度か来ているけれど、こんなところがあったなんて始めて知った。そしてすごいきれいで楽しい。安平古堡、赤崁楼と並ぶ台南観光のハイライトといっていいと思う。 四草綠色隧道碼頭へのアクセス 国鉄台南駅からバスが出ているとのこと。99台江線か10番のバスに乗って行けるみたい。でも、幻のバ...
独立記念塔で日曜日の夕方を過ごす いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。 そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思...
「民宿 中村屋」四万温泉にある酒屋さんがやっている民宿... 中之条ビエンナーレをみてまわる際に四万温泉で一泊したのだが、そのときに泊まった宿。酒屋さんの2階が民宿になっている小さな宿。お風呂とトイレは共通だけど清潔で居心地がいい。 四万温泉街の中ほどに位置していて、近くには柏屋カフェもあったりするし、温泉街までも徒歩数分なので、ちょっと観光してまわるに...
安平老街を散歩してきた 前に安平老街来たときも、勝手に自主的に散歩している犬とすれ違ったりして、ずいぶんとのどかなところだなって思ったけれど、ひさびさに散歩してみて、やはりのどかでいいところだった。沖縄の田舎を歩いているような感じがする。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散歩 この場所は賑わいをみせてくるのは午...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください