2年前に引き続き中之条ビエンナーレの旅。今年は越後妻有の大地の芸術祭に加えて、中之条のビエンナーレもあるという6年に一度の忙しい年。

前回の中之条ビエンナーレのときにはブログをはじめていたのでこちらにて(中之条ビエンナーレ2013)。

2年ぶりの中之条は変わらずきれいな田舎だった。とくに毎回思うのは六合の景色。山に囲まれた谷あいの小さな平地に隠れ家のように集落があるのはすごく不思議な光景。しかし、この集落がきれいなんだよな。

六合

蕎麦(無料)
蕎麦(無料)
焼肉(無料)
焼肉(無料)

今回の中之条ビエンナーレもまた六合エリアからスタートすることにする。関越道を走って、中之条を通り過ぎて六合まで。集落ではお祭りをしていて、蕎麦から焼肉までをふるまってくれていた。そして、それはなんと無料という。

ここでの中心的な存在は湯本家の古い邸宅。味があって面白いところです。巨大な蔵のような家のなかは薄暗くてひんやりしている。冬の季節の厳しさを考えると、これくらいしっかり作っておかないとだめなんだろうな。ところどころに作品があったりして、それぞれがちょっと幻想的な美しさがある。今回、新しいものもあったけれど、古い頃の展示の方がよく考えられていたなと思ってしまう。

湯本家
湯本家

六合六合六合そして、集落のなかを散歩していくのだけど、こんなにも閉ざされた集落を普段散歩したらすごく目立ちそうだが、このイベントの期間であればそんなこと気にせず見てまわれるのがいい。小さいけれどすごくきれいに整備された集落だよな。

とくに、お堂のところからみえる蕎麦畑と田んぼの風景が一望できるところが好き。丁度いい具合にベンチが置いてあるので、しばらくのんびりと眺めているのだが、美しい里山の風景だよなって思う。

今回は廃墟っぽい六合駅の作品はなくなってしまっていたけれど、この里山の風景をみるためにもこのエリアは外せないところ。

六合

六合

Related Post

5月のオクトーバーフェスト(日比谷公園編)... なんで5月にオクトーバーフェストなんだよって思ってしまうのだが、数年前の10月に日比谷公園でやっていたオクトーバーフェストは、それはそれはうら寒い夜中に人の影もまばらで寂しいものだったので、それを考えるとビールがうまい季節に屋外で飲みまくろうっていう心意気は、祭りの名前さえ気にしなければいいんじゃな...
FLOWERS BY NAKEDをみてきた 日本橋室町のCOREDOで開催中のFLOWERS BY NAKEDをみてきた。 なかなか時間がとれないところ訪れたのだけど(しかも僕ひとりで)、すごい美しくて洗練されていて、お酒も美味しかった。そして、どこまでもフォトジェニック。なんかもう会場入ったときからいい匂いしているものな。期間中にもう...
アンコール遺跡巡り(バンテアイ・スレイ 編)... 今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。 ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。 それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で...
夏の鞆の浦を散歩 夏の鞆の浦を散歩してきた。平日だったせいか人通りもあまりなくて、うだるような暑さのなか散歩して夏休みを過ごしたーって感じの午後だった。 鞆の浦までは福山からトモテツという会社のバスで30分くらい。平日はあまり混んでいなかった。休日は観光客で混むのかもしれん。帰りは平日の朝だったのだが少し渋滞に...
安平古堡&安平老街の散歩 台南での観光地といえば、安平エリアのことらしい。僕はあまり予備知識なきままに来てしまっていたのだが(帆布バッグがメインだった)、twitterでも教えてもらい来てみることにした。 同記安平豆花でも書いたけれど、台南の市街地からはタクシーでのアクセスが楽でおすすめ。同記安平豆花の二号店に車をつけ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください