2年前に引き続き中之条ビエンナーレの旅。今年は越後妻有の大地の芸術祭に加えて、中之条のビエンナーレもあるという6年に一度の忙しい年。

前回の中之条ビエンナーレのときにはブログをはじめていたのでこちらにて(中之条ビエンナーレ2013)。

2年ぶりの中之条は変わらずきれいな田舎だった。とくに毎回思うのは六合の景色。山に囲まれた谷あいの小さな平地に隠れ家のように集落があるのはすごく不思議な光景。しかし、この集落がきれいなんだよな。

六合

蕎麦(無料)
蕎麦(無料)
焼肉(無料)
焼肉(無料)

今回の中之条ビエンナーレもまた六合エリアからスタートすることにする。関越道を走って、中之条を通り過ぎて六合まで。集落ではお祭りをしていて、蕎麦から焼肉までをふるまってくれていた。そして、それはなんと無料という。

ここでの中心的な存在は湯本家の古い邸宅。味があって面白いところです。巨大な蔵のような家のなかは薄暗くてひんやりしている。冬の季節の厳しさを考えると、これくらいしっかり作っておかないとだめなんだろうな。ところどころに作品があったりして、それぞれがちょっと幻想的な美しさがある。今回、新しいものもあったけれど、古い頃の展示の方がよく考えられていたなと思ってしまう。

湯本家
湯本家

六合六合六合そして、集落のなかを散歩していくのだけど、こんなにも閉ざされた集落を普段散歩したらすごく目立ちそうだが、このイベントの期間であればそんなこと気にせず見てまわれるのがいい。小さいけれどすごくきれいに整備された集落だよな。

とくに、お堂のところからみえる蕎麦畑と田んぼの風景が一望できるところが好き。丁度いい具合にベンチが置いてあるので、しばらくのんびりと眺めているのだが、美しい里山の風景だよなって思う。

今回は廃墟っぽい六合駅の作品はなくなってしまっていたけれど、この里山の風景をみるためにもこのエリアは外せないところ。

六合

六合

Related Post

レアンドロ・エルリッヒ「Lost Winter」をみてきた。... 今回の越後妻有への旅で、「再構築」とともに気になっていたレアンドロ・エルリッヒの新作を観に行くことができた。三省ハウスという廃校をリノベーションしたドミトリーの宿泊施設があるのだが、そこの共有スペースに作られた「Lost Winter」という常設の作品となる。レアンドロ・エルリッヒらしい、さっかくや...
アンコール遺跡巡り(マイナー編) アンコール遺跡群巡りについて、メジャーどころをまわってみて、興味が出てきた!とか、もっと他にもみてみたいと思ったときに僕がおすすめしたい遺跡の紹介。 学術的とか、パワースポット的とかそういうのは抜きにして、僕が居心地いいなと思える場所なので偏りはあるし、そもそもそんなにマイナーでもない遺跡なの...
あてま高原のベルナティオに宿泊記 僕のなかで、リゾートホテルのなかでは最も好きなホテルのひとつ。日本でのリゾートホテルというと、夏に泊まったベネッセハウスとかの方が有名。 でも、この静かな越後妻有の風景のなかにあって、控えめに存在しているけれど、質の高いサービスを提供しているベルナティオは、この地方で行われている大地の芸術祭の...
安曇野屈指の観光スポットはわさび尽くし!「大王わさび農園」へ行ってきた... 大王わさび園というところは、安曇野を旅していると一度は必ず訪れるし、行くところに困ったらとりあえず行ってみるところという感じがある。そんなメジャーな観光地ではあるし、わさびだらけと思うかもしれない。しかし、意外にも黒澤明の映画ロケ地に使われていたりして美しい風景がある場所だったりする。今回久々に訪れ...
美瑛の絶景「青い池」はお昼くらいに行くのもいいかと思う。... 美瑛にある奇跡のように美しい「青い池」。前にいったときには全然人がいなくて、こんな狭いところ入っていくのかよと思ったのだが、いまではカーナビに場所が示されているし、観光バスが止まれるような駐車場まで整備されている。すっかり美瑛の観光地として定着している。 今回ひさびさに訪れたけれど、みやすいよ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください