2年前に引き続き中之条ビエンナーレの旅。今年は越後妻有の大地の芸術祭に加えて、中之条のビエンナーレもあるという6年に一度の忙しい年。

前回の中之条ビエンナーレのときにはブログをはじめていたのでこちらにて(中之条ビエンナーレ2013)。

2年ぶりの中之条は変わらずきれいな田舎だった。とくに毎回思うのは六合の景色。山に囲まれた谷あいの小さな平地に隠れ家のように集落があるのはすごく不思議な光景。しかし、この集落がきれいなんだよな。

六合

蕎麦(無料)
蕎麦(無料)
焼肉(無料)
焼肉(無料)

今回の中之条ビエンナーレもまた六合エリアからスタートすることにする。関越道を走って、中之条を通り過ぎて六合まで。集落ではお祭りをしていて、蕎麦から焼肉までをふるまってくれていた。そして、それはなんと無料という。

ここでの中心的な存在は湯本家の古い邸宅。味があって面白いところです。巨大な蔵のような家のなかは薄暗くてひんやりしている。冬の季節の厳しさを考えると、これくらいしっかり作っておかないとだめなんだろうな。ところどころに作品があったりして、それぞれがちょっと幻想的な美しさがある。今回、新しいものもあったけれど、古い頃の展示の方がよく考えられていたなと思ってしまう。

湯本家
湯本家

六合六合六合そして、集落のなかを散歩していくのだけど、こんなにも閉ざされた集落を普段散歩したらすごく目立ちそうだが、このイベントの期間であればそんなこと気にせず見てまわれるのがいい。小さいけれどすごくきれいに整備された集落だよな。

とくに、お堂のところからみえる蕎麦畑と田んぼの風景が一望できるところが好き。丁度いい具合にベンチが置いてあるので、しばらくのんびりと眺めているのだが、美しい里山の風景だよなって思う。

今回は廃墟っぽい六合駅の作品はなくなってしまっていたけれど、この里山の風景をみるためにもこのエリアは外せないところ。

六合

六合

Related Post

中之条ビエンナーレ2015 – 四万温泉エリア編... 積善館 2015年の中之条ビエンナーレ。四万温泉にやって来た。 以前のビエンナーレでは積善館のなかまで開放していて結構楽しかったのだが、いまは入口にある小さな建物くらいで、ちょっと規模が小さくなっちゃったなというところ。 しかし、「千と千尋の神隠し」のモデルを自称するだけあって趣...
VVG Something ふたたび 世界でもっとも美しい書店のひとつに選ばれた好樣本事の近くまできたので、ひさびさに立ち寄ってみた。 ここって来るたびに新しい発見があって、洗練されているなあって思う。 細部まで手抜かりなく世界観が作られていて、全体としても調和がとれている。 このグループが経営しているほかの施設と比べ...
中之条ビエンナーレ2013(四万温泉編)... 芸術の秋!2年前に行ってすごい楽しかった、中之条ビエンナーレに今回も行ってきた。 六合からスタートして、初日で暮坂峠を抜けて沢渡を通り四万温泉へ向かう。この日は四万温泉にある中村屋という民宿に泊まるので、ここまで来ればもうお酒も飲めるってもんだ。 と、その前に中之条ビエンナーレをみてまわ...
いちはらアート×ミックス2014「あそうばらの谷」編... 2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。 ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影...
飯山の菜の花祭りへ行ってきた 2015年のゴールデンウィークはどこに行く予定もなくて、家でのんびりと過ごす予定だったのだが、連日あまりにも天気がよくて「これはお出かけしないのが負けなんじゃないか」と思い立って、日帰りで北信州へ行ってきた。 折しも北陸新幹線の開業直後だったこともあり、混雑しているのかなと思ったのだが、飯山や...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください