暮坂六合エリアからの通りすがりに通るエリア。前回の訪問でも「印象が薄い」って書いていたけれど、今年の訪問でもやっぱり印象が薄い。でも、途中で立ち寄ったときに食べた「そば処 くれさか」の蕎麦は絶品。

六合から中之条方面へ抜けるときに通る道すがらで、見どころのポイントは十二みます、花楽の里、暮坂高原の順になる。一本道なので迷うことはないが、道が細いので運転には注意が必要。

今回の旅では、スタン・アンダソンの「犬の散歩道」の体験がしたいなと思っていたのだが、最初の訪問では時間があわず。そば屋さんでスタンさんにお会いしたとき「10月になったらまた来るのでそのときに」なんて話しをしていた。

しかし、その直後にスタンさんが急逝してしまい作品の公開は中止になってしまった。「この次」という約束は不安定なものだなって改めて実感するが、時すでに遅し。そして、スタンさんのご冥福をお祈り申し上げます。

2年前は愛想悪かった犬とは打ち解けた
2年前は愛想悪かった犬とは打ち解けた

暮坂エリアでは十二みますの民宿の展示については、ちょっと印象が薄いイメージのもので、あまり興味はわくようなものはなかった。

花楽の里については、ちょっとした休憩地点として最適。トイレもあるし。天気がよければ、建物の裏側にある丘になっている作品群をみるのもいいんじゃないかと思う。

十二みます
十二みます
十二みます
十二みます
花楽の里
花楽の里

Related Post

ヴァンクリーフ&アーペルのプロジェクションマッピングをみてきた... 去る2013年12月11日、12日の2日間、恵比寿にあるジョエル・ロブションの建物を利用したプロジェクションマッピングが上映されていたのでみてきた。 クリスマスシーズンだったこともあり、ロブションがある恵比寿ガーデンプレイスも巨大なツリーやイルミネーションの並木道があってかなり煌びやかな雰囲気...
鎌倉の大仏をみてきた 年末の昼過ぎから鎌倉をちょこっと日帰りで散歩みたいな旅してきた。僕にとっては鎌倉って近すぎてなかなか行かないところだけれど、なんだろう、色んな要素があって面白いところだった。 ただし、年末の時期に行くには寒い。もっと光の強い時期に改めて行ってみたいところ。 まずは、鎌倉駅から江ノ電に乗り...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...
JR最南端の西大山駅はなかなかの秘境駅... 指宿温泉から車で20分くらいと近いのだけど、列車の本数は1日数本というその少なさから鉄道でのアクセスが難しい秘境駅のひとつにあげられる西大山駅。ここは指宿枕崎線の鉄道駅としては日本最南端にあたり、ホームからは開聞岳がみえるのどかな駅で有名になっている。 ただし、無人駅で周囲にはなにもなく、鉄道...
松本城をみてきた いよいよ城にはいってみる 松本には何度も来ているのだけど、今回はじめて松本城の天守閣に入ってみた。 松本城はJR松本駅から徒歩15~20分くらいのところ。または、市内循環バスでも10分程度で行くことができる。 お城の周辺は公園になっていて、ここを散歩しているだけでも気持ちがいい。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です