暮坂六合エリアからの通りすがりに通るエリア。前回の訪問でも「印象が薄い」って書いていたけれど、今年の訪問でもやっぱり印象が薄い。でも、途中で立ち寄ったときに食べた「そば処 くれさか」の蕎麦は絶品。

六合から中之条方面へ抜けるときに通る道すがらで、見どころのポイントは十二みます、花楽の里、暮坂高原の順になる。一本道なので迷うことはないが、道が細いので運転には注意が必要。

今回の旅では、スタン・アンダソンの「犬の散歩道」の体験がしたいなと思っていたのだが、最初の訪問では時間があわず。そば屋さんでスタンさんにお会いしたとき「10月になったらまた来るのでそのときに」なんて話しをしていた。

しかし、その直後にスタンさんが急逝してしまい作品の公開は中止になってしまった。「この次」という約束は不安定なものだなって改めて実感するが、時すでに遅し。そして、スタンさんのご冥福をお祈り申し上げます。

2年前は愛想悪かった犬とは打ち解けた
2年前は愛想悪かった犬とは打ち解けた

暮坂エリアでは十二みますの民宿の展示については、ちょっと印象が薄いイメージのもので、あまり興味はわくようなものはなかった。

花楽の里については、ちょっとした休憩地点として最適。トイレもあるし。天気がよければ、建物の裏側にある丘になっている作品群をみるのもいいんじゃないかと思う。

十二みます
十二みます
十二みます
十二みます
花楽の里
花楽の里

Related Post

ルアンパバンのナイトマーケット 東南アジアだと、どこの町でもやっている気がするナイトマーケット。毎日やっている夏祭りみたいで好きなのだけど、ここのナイトマーケットはかなり観光よりな感じで地元の人がそぞろ歩きしている感じはない。たぶん、早寝なんだろうな。 夕方くらいになると、王宮前の道が歩行者天国になってちょっとずつテントが張...
四万温泉の地酒の宿 中村屋に泊まってきた... 部屋 前回のビエンナーレでも泊まってきた四万温泉の中村屋に今回も泊まってきた。 酒屋さんがやっている温泉民宿。一階のお店でお酒買って部屋につけておいてそのまま飲めるのは、コンビニなどがない四万温泉では便利すぎるくらい素敵な宿。 シンプルで必要最低限な宿だけど、この快適さは他に泊ま...
大地の芸術祭2013に行ってきた 大地の芸術祭って越後妻有トリエンナーレと同じ名称で3年に一回開催されるものだと思っていたのだけど、芸術祭は規模は少し小さくしているものの毎年やっていて、新しい作品の追加とかがないだけみたい。 ということを、津南のひまわりを観に行くついでに立ち寄ってみて初めて知った。 僕が好きなのは「たく...
鎌倉の大仏をみてきた 年末の昼過ぎから鎌倉をちょこっと日帰りで散歩みたいな旅してきた。僕にとっては鎌倉って近すぎてなかなか行かないところだけれど、なんだろう、色んな要素があって面白いところだった。 ただし、年末の時期に行くには寒い。もっと光の強い時期に改めて行ってみたいところ。 まずは、鎌倉駅から江ノ電に乗り...
チャイティーヨー日帰り巡礼の旅 ゴールデンロック周辺はかなり開発されている ヤンゴンまできたなら、ちょっと無理してでもチャイティーヨーのゴールデン ロックを見た方がいいよというミャンマー人の熱烈なオススメもあって行ってみた。 移動はこちらに住んでいるミャンマー人の知り合いの方が車を出してくれたので、公共交通機関を一切...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください