暮坂六合エリアからの通りすがりに通るエリア。前回の訪問でも「印象が薄い」って書いていたけれど、今年の訪問でもやっぱり印象が薄い。でも、途中で立ち寄ったときに食べた「そば処 くれさか」の蕎麦は絶品。

六合から中之条方面へ抜けるときに通る道すがらで、見どころのポイントは十二みます、花楽の里、暮坂高原の順になる。一本道なので迷うことはないが、道が細いので運転には注意が必要。

今回の旅では、スタン・アンダソンの「犬の散歩道」の体験がしたいなと思っていたのだが、最初の訪問では時間があわず。そば屋さんでスタンさんにお会いしたとき「10月になったらまた来るのでそのときに」なんて話しをしていた。

しかし、その直後にスタンさんが急逝してしまい作品の公開は中止になってしまった。「この次」という約束は不安定なものだなって改めて実感するが、時すでに遅し。そして、スタンさんのご冥福をお祈り申し上げます。

2年前は愛想悪かった犬とは打ち解けた
2年前は愛想悪かった犬とは打ち解けた

暮坂エリアでは十二みますの民宿の展示については、ちょっと印象が薄いイメージのもので、あまり興味はわくようなものはなかった。

花楽の里については、ちょっとした休憩地点として最適。トイレもあるし。天気がよければ、建物の裏側にある丘になっている作品群をみるのもいいんじゃないかと思う。

十二みます
十二みます
十二みます
十二みます
花楽の里
花楽の里

Related Post

南禅寺は紅葉の定番スポット 秋の京都で紅葉めぐりをしてきた。新幹線で京都駅について、まず向かったのは南禅寺。毎回思うけれど、東京から京都に新幹線で来ると、かかった時間以上に街の雰囲気ががらりと違うので、旅をしているなって実感する。 地下鉄で蹴上駅まで行き、そこから琵琶湖疎水の横を歩くと「あ、ここブラタモリで出てきたところ...
B.B.ARTは台南アートの発信地でありカフェも素敵な空間... 今回、台南を訪れた時期はちょうどTainan Art Festivalを開催しているタイミングで街中にもいくつかアート作品があったりした。 B.B.ARTはそんななかでも中心的な存在でアートギャラリーとしてもおもしろく居心地のいいカフェもあったりして興味深いところだった。 B.B.ART...
エスカダリア ド セラロンはリオデジャネイロの新名所、美しい階段は必見... ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。 「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロ...
マラカナンスタジアムを巡礼 MRTの駅 マラカナンスタジアムに来てしまった。この歴史がある巨大なスタジアムに来たっていうのは感動以外のなにものでもないな。 バルセロナのカンプノウもすごかったけれど、マラカナンのもつドラマチックさはまた違うものがある。 スタジアムはリオデジャネイロの北側にあって、あまり治安が...
浅草の酉の市に行ってきた もう去年のことになるのだが、浅草の酉の市に行ってきた。昨年は三の酉まであったのだが、僕が行ったのは二の酉のタイミング。ひさびさに訪れたが、すごい熱気で楽しかった。夜市っていいよね。 浅草の酉の市に行くには最寄り駅は日比谷線の入谷駅になる。ここから徒歩10分くらい。帰りは浅草まで歩いたの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です