暮坂峠をくだってきて沢渡にやってきた。ここでは蛇野と丸伊製材のあたりがみどころのひとつ。どちらも広い駐車場があるのでアクセスしやすいのがいい。

蛇野のエリアは2年前と比べても廃墟感がましたというか、自然に還ってきているというか、建物が緑に覆われてきていたり、足場ががたついていたり。

なにより建物の古さが増している。まあ、それだけ時間が経っているともいえるし、人が住んでいない家というのはこんなにも簡単に廃れていくのかともいえる。人が生きていくってそれだけで随分自然に対して抗っているところあるんだなとか思う。

蛇野地区
蛇野地区

沢渡で、蛇野の廃墟というか作品群。

ここは来るたびに新しい作品になっているのだが、来るたびになんだか不思議な感じがするというか「そうか、これは作品なのか」って考えてしまうようなものになっている。僕としてはまあ、面白いんだけれどそれ以上の感想はもてない。

一方の丸伊製材。こちらは毎回印象的な作品がつくられていて、しかもそれが違う人の作品なのに、なんだか2年ごとの作品たちによって世界観が引き継がれているような感じもしてしまう。(前回の感想はこれ

今回もっとも印象に残っているもののひとつは「美しき星の儚きものたち」という作品。

ふたつのインスタレーションから作られているのだけど、まったく違うものかと思ってみていた。きらきらとした雨粒のスナップショットのような風景、ちょっと淡い色のブルー、これ書いているのはビエンナーレ終わってから結構経っているのだけれど、「ああ、この作品好きなんだな」ってあとから実感するような作品。

嶋津晴美「美しき星の儚きものたち」
嶋津晴美「美しき星の儚きものたち」
嶋津晴美「美しき星の儚きものたち」
嶋津晴美「美しき星の儚きものたち」

もうひとつは、秘密基地から外の世界を覗いているような「光の独白」。

製材所の屋根裏みたいな小部屋にはいると小さな鏡のようなものがあちこちにつり下がっている。よくよくみると、それぞれには風景が映り込んでいるのだが、壁にあいた小さい穴から取り込んだ外の光を反射させて写している。

さっきまでみていた外の風景なのだけど、こんな風にみていると古い映画のようでもあるし、どこか別の世界を小さな窓からのぞいているような感じもする。車が通り過ぎる風景ですら面白い。光ってそれ自体は色をもっていないのに、照らすことによって色んなものの色を作っているのだな。面白い世界だ。

鈴木のぞみ「光の独白」
鈴木のぞみ「光の独白」
鈴木のぞみ「光の独白」
鈴木のぞみ「光の独白」

Related Post

赤い睡蓮の海に船を漕ぎ出す – クンパワピーのタレー・ブア・デーン... 今回のタイ旅行のメインともいえるもの。ウドンタニの郊外にあるクンパワピーという場所に「赤い睡蓮の海」というタレー・ブア・デーンという湖がある。毎年12月から2月上旬の明け方にかけて、水面を覆い尽くすように蓮の花が咲く風景は幻想的そのもの。 クンパワピーまでの行き方は、ウドンタニでバイクを借りよ...
かさぎ屋 – 竹久夢二も通った甘味処... 奥丹を出てすぐのところ、二寧坂の途中にある甘味処。あ、このお店ってお土産物屋さんじゃなかったんだっていうくらい小さくて控えめな佇まい。 店内もすごくコンパクトで座席は数隻しかない。きっと観光のシーズンにはここも満席に賑わうのだろうが、幸いにしていまは静かな冬の季節。ほぼ貸し切りでのんびりと過ご...
山居倉庫は酒田のシンボル的な存在、必見の建物... 以前に書いたブログでは、山居倉庫に行くには午後がよいと思うって書いていたのを思い出した。 しかし今回、朝に行ってみて樹齢150年を越えるケヤキ並木は朝に行くとものすごく気持ちいいなと感じた。なので、山居倉庫に行くには朝のうちか午後からがおすすめってことにしたい。でも、朝の方が気持ちよかったな。...
秋の庄内映画村オープンセットを訪れてみた... 庄内映画村への旅ふたたび。初夏に来てみて、電線のない里山の風景ってこんなに美しいものなのかと感動をしたのだが、秋もまたきれいですよっていう話を聞いたので、またもや来てみた。 庄内映画村のオープンセットまでの道のりは、カーナビだと違うところへ連れて行かれしまう可能性があるため、公式ブログ...
リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)をみてきた... ニテロイ現代美術館をみてきてセントロに戻ってきたついでに、旧大聖堂にもいってみた。 セントロの船着き場から徒歩10分くらいのところにあって、メトロの駅も比較的近い。周囲はオフィス街で、お昼時には屋台みたいなものも結構でてきていて賑わっている。 ここは19世紀にかけてつくられて、ブラジル皇...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です