暮坂峠をくだってきて沢渡にやってきた。ここでは蛇野と丸伊製材のあたりがみどころのひとつ。どちらも広い駐車場があるのでアクセスしやすいのがいい。

蛇野のエリアは2年前と比べても廃墟感がましたというか、自然に還ってきているというか、建物が緑に覆われてきていたり、足場ががたついていたり。

なにより建物の古さが増している。まあ、それだけ時間が経っているともいえるし、人が住んでいない家というのはこんなにも簡単に廃れていくのかともいえる。人が生きていくってそれだけで随分自然に対して抗っているところあるんだなとか思う。

蛇野地区
蛇野地区

沢渡で、蛇野の廃墟というか作品群。

ここは来るたびに新しい作品になっているのだが、来るたびになんだか不思議な感じがするというか「そうか、これは作品なのか」って考えてしまうようなものになっている。僕としてはまあ、面白いんだけれどそれ以上の感想はもてない。

一方の丸伊製材。こちらは毎回印象的な作品がつくられていて、しかもそれが違う人の作品なのに、なんだか2年ごとの作品たちによって世界観が引き継がれているような感じもしてしまう。(前回の感想はこれ

今回もっとも印象に残っているもののひとつは「美しき星の儚きものたち」という作品。

ふたつのインスタレーションから作られているのだけど、まったく違うものかと思ってみていた。きらきらとした雨粒のスナップショットのような風景、ちょっと淡い色のブルー、これ書いているのはビエンナーレ終わってから結構経っているのだけれど、「ああ、この作品好きなんだな」ってあとから実感するような作品。

嶋津晴美「美しき星の儚きものたち」
嶋津晴美「美しき星の儚きものたち」
嶋津晴美「美しき星の儚きものたち」
嶋津晴美「美しき星の儚きものたち」

もうひとつは、秘密基地から外の世界を覗いているような「光の独白」。

製材所の屋根裏みたいな小部屋にはいると小さな鏡のようなものがあちこちにつり下がっている。よくよくみると、それぞれには風景が映り込んでいるのだが、壁にあいた小さい穴から取り込んだ外の光を反射させて写している。

さっきまでみていた外の風景なのだけど、こんな風にみていると古い映画のようでもあるし、どこか別の世界を小さな窓からのぞいているような感じもする。車が通り過ぎる風景ですら面白い。光ってそれ自体は色をもっていないのに、照らすことによって色んなものの色を作っているのだな。面白い世界だ。

鈴木のぞみ「光の独白」
鈴木のぞみ「光の独白」
鈴木のぞみ「光の独白」
鈴木のぞみ「光の独白」

Related Post

中目黒で満開の桜を堪能する 2014年 そういえば、去年ブログをはじめたのは例年以上にはやく咲き散った桜をみているときだったなと思い返しながら、今年も桜の季節がやってきた。 2014年の中目黒の桜は3月28日に咲き始めたかと思ったら、週末あけた3月31日にはいきなりもう満開になってしまっていた。 去年のいまごろはもう散...
中之条ビエンナーレ2013(暮坂編) 芸術の秋ってことでもないけれど、群馬の中之条で2年ごとに開催されている中之条ビエンナーレをみてきた。 暮坂峠を含む、暮坂エリア編なのだが、僕のなかではこのビエンナーレのなかで最も印象が薄いエリアというかなんというか・・。六合から中之条に抜ける道すがら通ってみたという印象。スタン・アンダソンの「...
リオデジャネイロ現代建築の見所のひとつ – カテドラル・メトロポリターナをみてきた... リオデジャネイロには大聖堂がふたつあって、古くからあるのはリオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)と呼ばれていて、もうひとつのこちらは1976年に建てられた現代的な大聖堂。 ちょっと古さを感じるモダンアートっぽいデザインは一見奇抜なのだけど、厳かな雰囲気でステンドグラスの美しい直線的なデ...
いちはらアート×ミックス2014「湖の飛行機」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくよ。ということで、高滝湖に浮かぶ巨大な飛行機「湖の飛行機(うみのひこうき)」という作品をみてきた。 ここは駐車場が無料だったのでアクセスしやすいのが便利。そして、今回のアートミックスで...
松本市美術館のメアリー・ブレア展と草間彌生の常設展... 今回の信州への旅では、サイトウキネンフェスティバルを聴きに来るために松本へ来たのだけど、いつも立ち寄っている松本市美術館でメアリー・ブレア展をやっていたので、ちょっと観てきた。 松本市美術館は駐車場が建物横に併設されていてアクセスも便利だし、なにより常設展が面白い。日本国内の地方美術館でもトッ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください