積善館
積善館

2015年の中之条ビエンナーレ。四万温泉にやって来た。

以前のビエンナーレでは積善館のなかまで開放していて結構楽しかったのだが、いまは入口にある小さな建物くらいで、ちょっと規模が小さくなっちゃったなというところ。

しかし、「千と千尋の神隠し」のモデルを自称するだけあって趣ある建物は一見の価値がある。

四万温泉ではそれ以外にも小さいながらも温泉街を街歩きする楽しみがあるので、ちょっと時間をとって見てまわりたいところ。四万温泉はコンビニも歓楽街もない温泉地をモットーにしていて、ちょっとひなびた感じがまた楽しい。

四万温泉
四万温泉
ゲームセンターで遊ぶ
ゲームセンターで遊ぶ

ちょっと裏通りの方には古いゲームセンターみたいなものがあり、そこにある年代物のパチンコで遊んでみたりするのは意外と楽しい。ちょっと高いだろうとは思うけれど、はまってしまう。あとは高田屋本舗の温泉饅頭もまた美味しいのでお土産などにおすすめ。

今回のビエンナーレにおいて四万温泉で面白かったのは旧第三小学校の展示。明治時代の建物だということで、趣がある。どことなく伊参スタジオの小学校にも作りが似ている。

旧第三小学校
旧第三小学校

四万温泉四万温泉教室のあちこちに作品が点在していて、ここは時間をかけてみるのが楽しい。

「電球都市旧第三小学校、中之条群馬」という天上から電球がつり下がっている作品が美しくて好き。ランダムに電球がついたり消えたりするのだけれど、あれってなにか規則性があったのだろうか。

ずっとみていると、たまに全体的にぱちぱちって輝くときがあって、そういうときんは豪華なシャンデリアのようだった。

電球都市旧第三小学校、中之条群馬
電球都市旧第三小学校、中之条群馬
「失われゆくもの。
失われゆくもの。

もうひとつは「失われゆくもの。」という作品。狭い入口の向こうには床一面のお米。天井にはお箸。お米は石庭の石のように畝をつけて波のように整えられている。お米の匂いがなんとなく懐かしい。タイトルについて考えるところはあるものの、この風景は印象に残る。

そして夕方からは四万灯りという、四万川の対岸に灯される光を眺めるのが美しい。竹取物語のかぐや姫が大量に出てきたみたいな感じで、近くでみると圧倒されるのだが、対岸から眺める風景はどこまでも幻想的でずっと眺めてて飽きない。

日暮れ時、夜との境目くらいの時間にみるのが好きなのだけど、夜遅くなってから観るのもまたきれいだと思う。

中之条ビエンナーレにおいて、どこか時間をとるとすれば四万温泉は外せないよなって思える作品群だった。充実している。

四万灯り
四万灯り

Related Post

唐津くんちは雨だった 秋の佐賀の旅。2日目は唐津くんちを観に行ってきた。佐賀駅からはJRでぴったり1時間くらい。かなりのローカル線なので列車本数が少なく、お祭りの期間中は混み合うので早めに駅について乗り込みたいところ。 ここのところ、急に雨男になったのか、旅先で雨に降られることが多い。広島に続き、今回も雨降りのなか...
四万温泉の地酒の宿 中村屋に泊まってきた... 部屋 前回のビエンナーレでも泊まってきた四万温泉の中村屋に今回も泊まってきた。 酒屋さんがやっている温泉民宿。一階のお店でお酒買って部屋につけておいてそのまま飲めるのは、コンビニなどがない四万温泉では便利すぎるくらい素敵な宿。 シンプルで必要最低限な宿だけど、この快適さは他に泊ま...
潮岬と橋杭岩:紀伊半島をぐるりとまわる... 潮岬灯台 アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。 僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。 そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適...
赤城自然園で圧倒的な紅葉を堪能する... 利用しているクレジットカードの会員誌で紹介されていて、気になっていた赤城自然園に行ってみた。 紅葉のシーズンにあわせて訪れてみたのだが、ピークには少しはやいもののそれでもところどころで圧倒的な美しさを実感した。 渋川の町を見下ろすところにある 紅葉するというのは花が色づくとはちが...
いちはらアート×ミックス2014「IAAES(旧里見小学校)」編... カフェでのご飯うまかった 2014年の春にみてきた「いちはらアート×ミックス」。駐車場が有料な施設だったので当初はスルーしようと思っていたのだが、「指輪ホテル」を観に行ったついでに近所だったこともあり行ってみた。 廃校となった小学校を再利用した施設で、IAAESとは「市原芸術・スポーツ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください