中之条ビエンナーレもいよいよ最終編。中之条エリアにやってきた。ここはビエンナーレの中心的な存在で、見どころが多い。時間がなければ、ここだけでも観るだけでそれなりに楽しめるんじゃないかと思う。

今回のビエンナーレで印象的だったのは、お寿司屋さんの二階の宴会場にあった作品。でんとシャリが演台に置いてあり、そこに思い思いのネタとして乗るというもの。ちょっとふざけた写真をたくさん撮ったので、載せたい気持ちはあるもののやめておくことにする。でも、乗る人によって随分印象変わる作品だった。

あとは、古い酒造所をつかった旧廣盛酒造は今回も面白い。六合でもみかけた大石麻央さんのフェルトでできた奇妙な生き物たちの作品も面白い。でも、今回のは頭が取れているものがあったり、ちょっといつもよりもダークな雰囲気になっているように見える。いままでとはちょっと違うアプローチなのかなという感じ。

中之条中之条中之条それ以外には、KANNO X KANNOという方達の作品は面白かった。理解が難しいものもあったのだけれど、自然のものをうまく活用していて美しい。タンポポの綿毛をつかったものとか、息を吹きかけたくなるところを我慢しつつ。木の実をつかって自分たちで壁面に作ったりできるものも楽しかった。まあ、普通の人たちが作るものってなにかの焼き直し的な表現になっちゃうんだなと思ったりすることもあるけれど、それでも眺めているのは面白い。

中之条中之条中之条ビエンナーレの拠点であるtsumujiでは、展示自体はあまりなかったものの、着ぐるみをかぶらせてくれるサービスがあって、それが面白かった。ここでもいろいろと写真を撮ってみたのだが、それについては割愛。ここでケモノのかぶり物作っている人が伊参であった飯沢さんのお弟子さんだと聞いてびっくり。

中之条駅横の展示は開催直前に襲ってきた嵐によって、展示がほとんど見られない状況だったこともあり、かなりこぢんまりとしたものになっていた。他にも細かいところはみたものの、結局のところ印象に残るものは一部の作品なんだなというところ。

中之条中之条

Related Post

まつだい農舞台と里山食堂のカフェ 越後妻有に来るとだいたい立ち寄るのが松代駅のすぐ横にある農舞台という施設。正式名称は「まつだい雪国農耕文化村センター」というところで、なかにはお土産物屋さんとか小さな美術館、カフェレストランなどがある。 農舞台のまわりにも見所が多く、草間彌生の屋外展示作品「花咲ける妻有」もここにあるの...
赤い睡蓮の海に船を漕ぎ出す – クンパワピーのタレー・ブア・デーン... 今回のタイ旅行のメインともいえるもの。ウドンタニの郊外にあるクンパワピーという場所に「赤い睡蓮の海」というタレー・ブア・デーンという湖がある。毎年12月から2月上旬の明け方にかけて、水面を覆い尽くすように蓮の花が咲く風景は幻想的そのもの。 クンパワピーまでの行き方は、ウドンタニでバイクを借りよ...
ルアンパバンから夕陽をながめるならメコン川岸がおすすめ... ルアンパバンって夕陽がきれいな町でメコン川のかなたに沈んでいく夕陽とか、だんだんと紫色にそまっていく古い町並みとかをみるのがいい。ああ・・こうやって時間は流れているんだなって思ったりする。 ガイドブックでは旧市街の真ん中にあるプーシーの丘に登って眺めるのをおすすめされるのだけど、もはや大混雑過...
休日の高雄、港湾のエリアを散歩する... 街中はせわしない感じだったので、港湾エリアを歩いてみることにする。横浜のみなとみらいのあたりみたいな雰囲気があって散歩には気持ちがいいところだった。 休日に一二三亭から道なりに歩いて行くと、空には凧がお正月かよっていうくらいあがっているのが見える。ここはかつて鉄道駅だったところみたい。いまでは...
安曇野ちひろ美術館へ行ってきた いわさきちひろの専門美術館である、安曇野ちひろ美術館に行ってきた。 信濃大町から松本へ向かう道の途中にあるので、立ち寄りしやすいと思う。この周辺は安曇野アートラインとかいう場所で美術館が点在しているのだが、美しい庭園に囲まれたちひろ美術館はランドマーク的な存在。 僕が訪れたときは、ちょっ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です