いろんなキュレーションサイトを眺めていて、「これ書いた人、実際は行ってないんだろうなあ。写真違うし」みたいなことがあったりすると結構がっかりする。

ありきたりな定番菜おすすめならばいいのだが、僕が自分でキュレーションみたいなことをしたらどういう感じかなと思ってためしにやってみることにしてみた。

自分が実際に行ったところをまとめているので、偏りはあるのだけれど、どこも僕がとりわけおすすめだなって思うところ。

ということで、数ある台北のカフェのなかでとっておきの6店を紹介したい。

MRT松山線が出来てアクセスしやすくなったカフェ。

朝からやっているので、朝食がてらに来るのがおすすめ。ここのたっぷりとしたカフェラテは朝からシアワセを感じられる一品。ゆったりとしたお店の雰囲気もまたいいので台北に来たときには立ち寄ってみてもらいたい。

【追記 2017年4月21日】Cafe Junkiesはテナントの賃料で折り合いがつかず4月21日をもって閉店しました。どこも似たような状況だなあ。すごく悲しい。

Cafe Junkies(小破爛咖啡館)
住所:台北市松山區健康路9號
時間:月~木7:30-20:00 / 金7:30-21:00 / 土、日8:30-21:00

台北に来ると立ち寄っているところ。阿里山珈琲を飲むことができるのだが、面白いのはそのスタイル。中国茶のように香りを楽しみながら珈琲を飲むことが出来る。

ブラックコーヒーはそのままのもの状態で楽しんで欲しいということで砂糖もミルクも提供されない。古い建物をリノベーションした店内は天井も高く時間を忘れてのんびりしてしまうところ。

爐鍋咖啡 Luguo Cafe
住所:台北市迪化街一段32巷1號2F
時間:11:00-19:00

崋山1914文化エリアの斜め向かいに、比較的新しくできたカフェ。外見はアメリカの都会にあるカフェみたいな感じでシンプルな直線的なインテリアが印象的。椅子もいいものを使っていて気持ちがいい。一杯ずつ丁寧に淹れてくれるコーヒーは目も覚める。立地もいいので、待ち合わせなんかにも便利なところ。

Paper St. Coffee Company (紙街咖啡館)
住所:台北市中正區八德路一段28號1F

MRT中山駅の近くには人気のカフェもたくさんあって激戦区。そんななかで、裏通りにあって個性がないのがまた好きなのはこの日子咖啡。

人の家に遊びに来たようなシンプルなインテリアとかライティング、なんだかのんびりとした日常が切り取られたみたいな風景が好き。そして、シンプルだけど、マグとかはこだわっていて暖かみのある世界で統一されている。旅先でこういう場所をみつけるのが本当に幸せなことなんじゃないかと思う。

日子咖啡 Nichi Nichi
住所:台北市赤峰街17巷8号
時間:13:00-22:00

VVG Something 好様本事

世界でもっとも美しい書店のひとつに選ばれた好樣本事。

基本は書店なのだけど、お店の奥に少しカフェのようなコーナーがあるので、このリストに入れておくことにする。この書店は、通常の本がたくさんある書店というのではなく、細部まで手抜かりなく世界観が作られていて、全体としても調和がとれているという書店。美しいものに囲まれて過ごす時間を楽しむ場所なんだと思う。

VVG Something 好様本事
住所:台北市忠孝東路四段181巷40弄13号
時間:12:00-21:00
休み:なし

蔡明亮咖啡走廊 【閉店】

映画監督の蔡明亮がプロデュースしているカフェ。

西門にある観光地としても有名な中山堂の4階にある。エレベーターはない古い建物なので、あがっていくのが面倒。なので、結構空いている穴場のスペースでもある。

旧日本軍統治時代に建てられた建物なので、かなり古めかしいのだが、どこか懐かしい感じがある。西門の喧噪を逃れ、静かで落ちついた空間でゆっくりできる。

【2015年12月26日追記】
なんとすでに閉店をしているとの情報をいただきました。空いていたものなあ・・。しかし、いいところだったのに残念。

蔡明亮咖啡走廊
住所:台北市延平南路98号
時間:10:00-21:00
休み:祭日、旧正月

Related Post

2013年のベストグルメ5選 今年も残すところあとわずか。今年は日の並びがいいので旅行に行く方も多いと思うが、僕は日本でのんびりと過ごす予定・・・だが、きっとこの頃は大掃除でぐったりしている、または旅行に出なかった選択を後悔している可能性が高い(このポストは、ちょっと前に書いて予約投稿している)。 で、今年のグルメのまとめ...
歴史を感じる台北純喫茶の「蜂大珈琲」... 西門での街歩きで一休みするのにオススメのカフェというか喫茶店。 お店の雰囲気は日本風にいえば「昭和なノスタルジー」な感じ。1956年創業で、きちんと本格的なコーヒーをいただけます。 おすすめとしては、地元ならではの台湾珈琲。ちょっと濃いめで酸味を感じるうまさ。 台湾...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の犬島編)... 瀬戸内国際芸術祭の夏編をみてきた。犬島までは直島からは途中豊島に寄港する高速艇で1時間ほどかかる。 当初の予定では、豊島にいってから犬島に行くルートを計画していたのだが、四国汽船に高速艇の混雑具合を電話で質問したときに「豊島から犬島への航路はたまに乗れないことあるから、まずは犬島まで行くべし」...
新宿の「花園茶寮」は老舗和菓子店の優雅な喫茶室... 新宿三丁目のあたりに来る用事があり、少し時間があったので花園神社の目の前にある花園茶寮で一休みしてきた。 平日の夕方は訪れる人も少なくてゆっくりした時間が流れている。意外な穴場の喫茶室だなと思えるところだった。 花園茶寮へのアクセス 新宿三丁目から数分のところ。花園神社のすぐ目の前...
台南を旅する3つの理由。 僕がこの世界中のなかで最も好きな街のひとつが台南。台湾というと台北に行く人は多いし、もちろんそれは楽しいのだけど、ちょっと新幹線で足を延ばして台南に来てみると、また違った台湾の一面をみることができるはず。 なにしろ台北よりも物価が安く、そしてコンパクトに小さい街は散歩するにはぴったりのサイズ。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください