いろんなキュレーションサイトを眺めていて、「これ書いた人、実際は行ってないんだろうなあ。写真違うし」みたいなことがあったりすると結構がっかりする。

ありきたりな定番菜おすすめならばいいのだが、僕が自分でキュレーションみたいなことをしたらどういう感じかなと思ってためしにやってみることにしてみた。

自分が実際に行ったところをまとめているので、偏りはあるのだけれど、どこも僕がとりわけおすすめだなって思うところ。

ということで、数ある台北のカフェのなかでとっておきの6店を紹介したい。

MRT松山線が出来てアクセスしやすくなったカフェ。

朝からやっているので、朝食がてらに来るのがおすすめ。ここのたっぷりとしたカフェラテは朝からシアワセを感じられる一品。ゆったりとしたお店の雰囲気もまたいいので台北に来たときには立ち寄ってみてもらいたい。

【追記 2017年4月21日】Cafe Junkiesはテナントの賃料で折り合いがつかず4月21日をもって閉店しました。どこも似たような状況だなあ。すごく悲しい。

Cafe Junkies(小破爛咖啡館)
住所:台北市松山區健康路9號
時間:月~木7:30-20:00 / 金7:30-21:00 / 土、日8:30-21:00

台北に来ると立ち寄っているところ。阿里山珈琲を飲むことができるのだが、面白いのはそのスタイル。中国茶のように香りを楽しみながら珈琲を飲むことが出来る。

ブラックコーヒーはそのままのもの状態で楽しんで欲しいということで砂糖もミルクも提供されない。古い建物をリノベーションした店内は天井も高く時間を忘れてのんびりしてしまうところ。

爐鍋咖啡 Luguo Cafe
住所:台北市迪化街一段32巷1號2F
時間:11:00-19:00

崋山1914文化エリアの斜め向かいに、比較的新しくできたカフェ。外見はアメリカの都会にあるカフェみたいな感じでシンプルな直線的なインテリアが印象的。椅子もいいものを使っていて気持ちがいい。一杯ずつ丁寧に淹れてくれるコーヒーは目も覚める。立地もいいので、待ち合わせなんかにも便利なところ。

Paper St. Coffee Company (紙街咖啡館)
住所:台北市中正區八德路一段28號1F

MRT中山駅の近くには人気のカフェもたくさんあって激戦区。そんななかで、裏通りにあって個性がないのがまた好きなのはこの日子咖啡。

人の家に遊びに来たようなシンプルなインテリアとかライティング、なんだかのんびりとした日常が切り取られたみたいな風景が好き。そして、シンプルだけど、マグとかはこだわっていて暖かみのある世界で統一されている。旅先でこういう場所をみつけるのが本当に幸せなことなんじゃないかと思う。

日子咖啡 Nichi Nichi
住所:台北市赤峰街17巷8号
時間:13:00-22:00

VVG Something 好様本事

世界でもっとも美しい書店のひとつに選ばれた好樣本事。

基本は書店なのだけど、お店の奥に少しカフェのようなコーナーがあるので、このリストに入れておくことにする。この書店は、通常の本がたくさんある書店というのではなく、細部まで手抜かりなく世界観が作られていて、全体としても調和がとれているという書店。美しいものに囲まれて過ごす時間を楽しむ場所なんだと思う。

VVG Something 好様本事
住所:台北市忠孝東路四段181巷40弄13号
時間:12:00-21:00
休み:なし

蔡明亮咖啡走廊 【閉店】

映画監督の蔡明亮がプロデュースしているカフェ。

西門にある観光地としても有名な中山堂の4階にある。エレベーターはない古い建物なので、あがっていくのが面倒。なので、結構空いている穴場のスペースでもある。

旧日本軍統治時代に建てられた建物なので、かなり古めかしいのだが、どこか懐かしい感じがある。西門の喧噪を逃れ、静かで落ちついた空間でゆっくりできる。

【2015年12月26日追記】
なんとすでに閉店をしているとの情報をいただきました。空いていたものなあ・・。しかし、いいところだったのに残念。

蔡明亮咖啡走廊
住所:台北市延平南路98号
時間:10:00-21:00
休み:祭日、旧正月

Related Post

宮原眼科で楽しむスイーツ 台中でどこか一カ所だけ訪れることができるというのであれば、僕としては彩虹眷村よりもこちらの宮原眼科を推薦したい。お店の雰囲気も店内の豪華な装いも必見。 ちなみに、眼科というのは名前だけで、お店の業態としてはスイーツ店とカフェが併設されている。ものすごい昔は眼科だったらしいのだが、こんな日本橋三...
カンボジア発のスタバ的カフェ、プノンペンではBROWN Coffeeに訪れてみてほしい... プノンペンを中心に展開しているカンボジア発のコーヒーチェーン。スターバックスみたいな雰囲気はあるけれど、店員のホスピタリティとか含めてとても気持ちがいいカフェでコーヒーも美味しいので、プノンペンに滞在しているときには訪れてみてほしいところ。 プノンペン市内に何店舗かあるけれど、創業の地は市街地...
「栗の木テラス」のモンブランは絶品... モンブランといえば小布施堂の朱雀が超有名なのだが、あれはモンブランというよりもオリジナルの和菓子に近い存在で、日本のモンブラン業界としてはこっちの栗の木テラスのモンブランの方が数段うまいと思っている。 お店の場所は小布施の中心街に近いので、アクセスはしやすくて便利。道路沿いなので見つけやすいし...
方寸之間はカフェとして居心地のいい空間... 高雄で出発前に時間を過ごしたのは方寸之間という日本風なカフェ。現代的なインテリアで台湾らしさみたいなのはあまり感じないけれど、中国茶のバリエーションは豊富でそういうところで台湾を感じる。 朝は9時から営業しているので、朝食後にのんびりとした時間を過ごすのもいいし、ここで朝食を食べるのも美味しそ...
ギルドコーヒ(GUILD COFFEE) – 神楽坂の隠れ家的カフェ... 毎朝、家でコーヒーを淹れているのだけど、もう何年もここの豆を使っていて、定期的に訪れている。 ここでマンデリンを飲んで以来、マンデリンとは酸味が強いという固定概念を覆され、こんなに風味の強い個性的なコーヒーはあるのだろうかと印象が変わった。コーヒー豆はブレンドから産地別まで結構あるけれど、25...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です