旅行の持ち物っていつも迷っている。いろいろ持っていきすぎてつらいこともあれば、厳選しすぎて不便になったりもする。

僕がたどり着いたのは「好きなものだけを持っていく」というスタンスなのだが、そんななかで「なくても困らないけれど、あると旅が豊かになる」アイテムをいくつか紹介したい。

sony旅行中のホテルの部屋にもどって音楽を楽しむのって、いい気分転換になるのでとても大切にしていることのひとつ。部屋で音楽聴きながら本読んだり、旅日記つけたり、手紙を書いたり・・というのが旅行中における至福の時間のひととき。

なので、旅行中に持ち運びが出来るスピーカーはあれこれ試していたのだが、ついにほぼ理想に近いものに出会ったなあというのが、このソニーのワイヤレススピーカー。Bluetoothで接続できるのですごく便利。

20140322-0752-58-7404どんなホテルに行っても、その部屋がもっている独特の匂いってあるし、ましてや安宿なんて入ったときには、下水の匂いに結構げんなりしてしまうこともある。

なので、手軽に空気をリセットするためにいつも使っているエアフレッシュをもっているとすごく便利。ちょっとしたことだけどこういうのが旅先での居心地に左右するんじゃないかと。

20130921-1137-14-03657旅行において、コンパクトに収納できるけど、ちょっと羽織れたりするアイテムというのは結構重要。かなり小さくおりたためるので、バッグに入れておいても邪魔にならないし、なにより軽い。

それでいて、袖のところのあしらいなどもかなり細やかに考えられていて、着心地がいい。飛行機や長距離バス、列車などに乗るときに1枚もっていると絶対に役立つと思う。

2015172101106216000 x 4000もともと小旅行とかサブバッグにと思って使い始めたもの。しかし、思いのほか便利で結局これだけで一週間くらいの旅行にも使えてしまうという収納力。そして、なにより軽くて便利。

防水性がないのはちょっと残念だけれど、飛行機の預け入れの手荷物としていれておくと、結構目立つのですぐ見つけられる。最近はスーツケースよりも愛用している一品。

8353512394_11f496b112_kずっと前は旅に出るときの本といえば、誰かの詩集とかを持っていくことが多かった。何故ならば詩集であれば時間の長さに関係なくいつでも、どこからでも読めるし、何度読んでもうける感覚が違うから。

でも、最近じゃこの小さな端末に数百冊は本を入れられるし、旅先でもオンラインで本を買うことができるのは革命的に便利。東南アジアの安宿で池波正太郎を読むのはすごく不思議な感じがあるけれど、それでも面白い時代だなあって思う。

Related Post

台南を旅する3つの理由。 僕がこの世界中のなかで最も好きな街のひとつが台南。台湾というと台北に行く人は多いし、もちろんそれは楽しいのだけど、ちょっと新幹線で足を延ばして台南に来てみると、また違った台湾の一面をみることができるはず。 なにしろ台北よりも物価が安く、そしてコンパクトに小さい街は散歩するにはぴったりのサイズ。...
2013年のベスト トラベル5選 いよいよ、2013年もおわり。大晦日って、いままでの師走の忙しさが嘘みたいな、のんびりした気分になる。まな板の上の鯉のように「もう今日で年も終わりだし、いいや」という、やや自暴自棄的なリセットする気分でもあるのだが。 で、年が終わる前に旅のまとめ。最後は今年もっとも印象に残った旅について。旅と...
機内で快適な睡眠がとれた極上トラベルピロー『UNO Rough(ウノ・ラフ)』をつかってみた... 台湾のクラウドファンディングで人気が出たらしいトラベルピロー。日本のクラウドファンディングでも紹介されていたのだが、なぜか楽天で普通に売っていたのでそっちから購入してみた。値段も結構手頃で7,000円くらい。いつものトラベルピローと比べると確かに高い方にはなるけれど、十分元が取れる価値がある。 ...
東京でたまには贅沢な極上レストラン 4選... キュレーションのページ、いくつか作ってみてわかったのは、ふつうに記事作るより全然楽なんだな・・これ。そりゃみんな作るよなって思う。しかし、ネタを探すのが大変というか飽きるというか。 このキュレーションシリーズもあとちょっと。このブログ始めてから行ったレストランのなかで、ここは贅沢だ!というとこ...
まさに最強の旅行用デジカメ。旅には SONY RX-1を愛用しています。... ブログやっていると、カメラってなにつかっているんですか?って訊かれるのですが、普段は小さなデジカメ(以前はCanonのS110)を利用しているものの、旅行にはSONYのRX-1を持って行っています。これも、フルサイズセンサーのなかでは圧倒的なコンパクトさで小さなショルダーバッグに入ってしまうくらいな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください