人生ではじめて飛行機に乗り遅れるかと思った。

それくらい成田空港の第三ターミナルは遠い。これに比べれば、2016年現在の渋谷駅の埼京線ホームなんてかわいいものだな。

2015年のシルバーウィークはひさびさに北海道への旅。準備不足で思うにままならない(そして意外と出費した)旅だったが、新しい発見などもあり楽しかった。

しかし、その前に立ちふさがったのは成田空港第三ターミナル。はじめて利用したのだけど、成田空港の第二ターミナルまで車で行って駐車場から歩いて第三ターミナルって信じられないくらい遠い。シャトルバスが出ているのだが、時間がみえなかったので、コンコースを歩いて行ったのだが、屋外の通路なので雨とか降ったら吹きこんできそうだ。そして、きっと夏は暑く冬は寒い。

距離的には800mくらいらしいのだが、間にエスカレーターがあったり階段があったり。そもそも第二ターミナルから一度外に出るというのがもう嫌がらせだよね。時間的には成田空港への移動時間に加えて「空港内の移動時間として30分」は見積もっておいた方がいい。僕は出発の1時間前に行けばいいやとか思って空港についたのだけど、預け入れ荷物があったのでカウンターに到着したのは締め切り5分前だった(国内線は出発30分前までの受付)。

成田空港第三ターミナル
通路は陸上のトラックをイメージしているが、ある意味皮肉が効いていると思う。時間がなければ走れってことでしょ・・。

しかし、これをのぞけば(簡単にのぞいていいものじゃないけれど)、第三ターミナルはシンプルで悪くない。豪華さはないけれど必要最低限はそろっているし、いままでよりもいいかもしれない。

バニラエア自体は旧エアアジアジャパンの系列だった名残はもはやなく、ごくごく普通のカジュアルな航空会社って感じになっている。でも、無難すぎるジェットスターよりかはまだ色があっていいかな。そして、LCCができて北海道がずいぶん近くなったなあという印象。時間的な不便さはあるものの、僕としてはこれからもLCC使うんだろうなって思う。

予約はバニラエアのサイトから。

バニラエア

フライトは快適だった。全然問題なし。軽食も美味しい。

Related Post

エアアジアで行くミャンマー(ヤンゴン、マンダレー路線)搭乗記... 旅に出るからには、できれば同じルートを避けていきたいもの(だと思うんだけど・・)。 今回のミャンマー旅行はバンコク起点で、バンコク~ヤンゴン~バガン~マンダレー~バンコクというルートで進んでいった。僕としては理想的なひと筆書きルート。 ということで、エアアジアの搭乗記。バンコク~ヤンゴン...
愛媛の松山空港から今治駅までの移動について、バリィさん像について... ジェットスターで松山空港についてから、一気に今治まで移動したのでその記録。今回の旅行は移動が多くて、普段やらないスタイルの旅なので結構しんどかった。 松山空港から今治までは直通のリムジンバスもあるのだが、本数が少ない上にやたらと時間がかかるため、JR松山駅までバスで出てそこからJRの特急を利用...
バニラエア(成田新千歳)搭乗記。そして成田空港第三ターミナルで朝食。... 初秋の旅は1年ぶりの北海道への旅。去年の旅では美瑛の方を見てまわることなく、泊まりたいホテルにもふられていたので今年はもう少し計画的に旅してみようかと思う。ただ、結論としてはずいぶんとのんびりした旅になったのだが。 去年の旅では、成田空港第三ターミナルが遠すぎることについて、さんざん文句を書い...
羽田発のLCCで行き、Airbnbに泊まる週末香港旅... 近未来な羽田空港 羽田発のLCCである、香港エクスプレスでのフライトを使って週末の土日で香港へ行ってきた。これだと有給を消化することなく、土曜日の朝から日曜日の夕方までみっちりと旅を満喫できる。 それでいて、航空代金は燃油とか税金いれても、東京から関西へ行くより安くなるというのはすごい...
恋する豚研究所でランチを食べる 前回に訪れたときはそのネーミングの強烈さに驚いた「恋する豚研究所」。 成田空港の近くにあって意外な穴場なのだが、最近は近くの道の駅や高速道路のサービスエリアでも、商品をみかけるようになってきてちょっと嬉しい。 ひさびさに、そして今回こそはランチを食べてみることにした。前に来たときよりも確...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です