北一硝子場外市場で豪華な朝食を食べた後は小樽に行ってみることにする。よくよく考えたら乗り換えに小樽駅降りたことあるけれど、観光で訪れるのははじめてだ。

札幌から高速で40分くらいと、東京と横浜の関係みたいだなってところ。

小樽はすっかり観光地されていて(横浜以上だ)、向かったのは北一硝子。自分にあうグラスとかあればいいなって思っていたのだが、これは!と思うのは圧倒的に高くてちょっと躊躇するくらいの金額。それでも、普段使いからいろいろとあるなと見てまわるのは楽しい。北一硝子のあるエリアが一番観光地感がある。修学旅行とかで来ちゃいそうなところだ。

まちのあちこちにお店が点在しているのだが、おすすめはクリスタル館とアウトレット館。この二つは50mくらいしか離れていない。クリスタル館の2階はやたら高いけれどいいグラスが置いてある。資金に余裕があればね、というところ。いや、自分が買いたいほどの値段ではなかっただけか。

北一硝子

で、あれこれ悩んで買ったのは、たぶんここのうりである醤油差し。そして、うすはりのグラス。まあ、僕に買えるのはこれくらいのところだな。

醤油差しは、やたらと宣伝されているのだが、実際にすごい便利で、使い勝手がいいし、よく出てくる。一度、テーブルで醤油差し倒したらすごい出てきて困ったのだが、それくらい機能性がある。

小樽来たらこのあたりを散歩するのはわりと楽しいんじゃないかと思う。

北一硝子

Related Post

井上誠耕園とカフェ忠左衛門 小豆島といえばオリーブと醤油じゃないかと思っている。今回は滞在時間が短かったので、どちらも堪能しきる!ということは難しかったのだが、オリーブ関連でいえばここ井上誠耕園と、この会社が運営しているカフェ忠左衛門は素晴らしいと感じた。 とくに、カフェ忠左衛門は小豆島での必須じゃないかと思ったのだが、...
お土産だけじゃない、フラノマルシェの魅力について... 札幌から富良野までやってきて、そこから美瑛まであと少しのところ。唯我独尊でランチを食べて国道へ戻るところにショッピングモールみたいなものがあり、それがフラノマルシェというところだった。少し離れたところに二カ所あって、僕が訪れたのはオリジナル?の方みたい。 地産地消というか、富良野の特産物をあつ...
さっぽろオータムフェスト 2015で飲み歩き... 気持ちのいい秋の札幌 9月のシルバーウィークの時期に札幌へ訪れる、さっぽろオータムフェストの存在は外せない。というか、これを目的に札幌へ来る価値があるんじゃないかとも思う。 いわゆる北海道物産展なのだけど、それが大通公園をぶち抜く広大な会場で行われている。これ、普通ならば「全国の美味し...
佳徳糕餅は地元で絶大な支持を誇るパイナップルケーキ... 台湾人の友人に「パイナップルケーキのお土産買おうと思ってんだよね」と話すと、みんな「絶対に佳徳糕餅のがいい!だって、おいしいもの!!」というテンション高めな返答がもどってくる。 気になる。でも、お店が不便なところにしかないんだよなあ・・って思っていたのだが、MRTの新しい路線が開通して近くなっ...
好丘 Good Cho’sでMade in Taiwan商品を手に入れる... 台北101のふもとにある古い街並み四四南村のなかにある雑貨とカフェのお店。 ぱっと見、レトロな感じの店内は日本の雑貨店みたいな感じもあるけれど、並べられている商品はMIT(Made in Taiwan)であふれていて、台湾のGood Choiceが集められている。 古い建物を活かした作り...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です