北一硝子場外市場で豪華な朝食を食べた後は小樽に行ってみることにする。よくよく考えたら乗り換えに小樽駅降りたことあるけれど、観光で訪れるのははじめてだ。

札幌から高速で40分くらいと、東京と横浜の関係みたいだなってところ。

小樽はすっかり観光地されていて(横浜以上だ)、向かったのは北一硝子。自分にあうグラスとかあればいいなって思っていたのだが、これは!と思うのは圧倒的に高くてちょっと躊躇するくらいの金額。それでも、普段使いからいろいろとあるなと見てまわるのは楽しい。北一硝子のあるエリアが一番観光地感がある。修学旅行とかで来ちゃいそうなところだ。

まちのあちこちにお店が点在しているのだが、おすすめはクリスタル館とアウトレット館。この二つは50mくらいしか離れていない。クリスタル館の2階はやたら高いけれどいいグラスが置いてある。資金に余裕があればね、というところ。いや、自分が買いたいほどの値段ではなかっただけか。

北一硝子

で、あれこれ悩んで買ったのは、たぶんここのうりである醤油差し。そして、うすはりのグラス。まあ、僕に買えるのはこれくらいのところだな。

醤油差しは、やたらと宣伝されているのだが、実際にすごい便利で、使い勝手がいいし、よく出てくる。一度、テーブルで醤油差し倒したらすごい出てきて困ったのだが、それくらい機能性がある。

小樽来たらこのあたりを散歩するのはわりと楽しいんじゃないかと思う。

北一硝子

Related Post

ルアンパバンでペーパークラフトのお店といえば – Tanh Manipoun Sa Pa... ルアンパバンでお土産もの探すといえば、文具好きな人ならここかなって思う。 和紙とも違う素朴なペーパークラフトのものが多くて、スケッチブックみたいなのとか、ちょっとしたメモ帳などもあったりする。 大きめのものだと、ライティングに使うものもあったりするのだが、そこらへんはあまり売れていないの...
京都らしい小物はお土産にも最適。「山本製革店」の革製品。... 今回の旅に出る前、instagramで見かけて気になっていた革製品のメーカー。工房は東山の方にあり、ちょっと遠いなと思っていたのだが、四条烏丸の近くにある「JEUGIA Basic」というショップにて商品が置いてあると知り、立ち寄ってみた。 JEUGIA Basicは四条烏丸の交差点から東に入...
ペーパーギャラリー(チェンマイ) – ギャラリー通りの手頃なお土産物屋... チェンマイのタニータハウスがあるピン川右岸の通りは、タニータハウスを含めてちょっとおしゃれなレストランやギャラリーが多く存在しており、ギャラリー通りともいえるくらいにある。 だいたいは似たような、それっぽいエスニックな絵画を販売するようなところなのだが、ペーパーギャラリーはそのなかでは比較的手...
元郎の大榮華酒樓で時期外れの月餅を買う... 香港の郊外は何回か来たことあるけれど、はじめて元郎のあたりにやってきた。香港島とはまた異なるヨーロッパっぽいトラムが走っていたりして、この街の散歩もおもしろそうだ。このあたりは吉慶囲もそうだし、客家の文化が残っていて客家料理を出すお店もあるみたいだ。ますます気になる。 ただ、今回の旅ではちょっ...
HARNN(ハーン)の石けんはお土産に最適... バンコクには何度も来ているのだけど、今回初めてハーンの石けんをお土産に買っていったら、かなりの評価で、ヘンなTシャツとかドライマンゴーじゃなくて、もっと早くからこの石けんにしておけばよかったと思ったくらい。 HARNN(ハーン)は、オーガニックなスパ製品をつくるブランドとしてタイでうまれて、米...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.