小樽まで来たので、北一硝子からちょっと足を延ばして小樽運河まで。歩いて5分もかからないところにあってかなり近い。レンタルサイクルとかもあるけれど、坂の多い町なので歩いて回ってもいいんじゃないかなって思う。

運河沿いは幹線道路が走る郊外といったところで、写真でよく見る風景の反対側は全然情緒がないんだなということに気づく。最初「あれ、これだけ?」って思ってしまったくらい。たぶん、休日の昼に来たということもあるのだろうが、横浜の赤レンガ倉庫を少し散歩しているような感じもしてくる。

小樽運河と散歩小樽運河と散歩

写真で見ると夜にくるとロマンチックで美しいってことだが、まあこの旅でそこまでして来るのも・・そして、なんとなく僕としては赤レンガ倉庫でいいかなという気分にもなってきた。

倉庫は現役で使われているものもあるみたいだけど、一部はチェーン系のレストランがはいっているところもあるみたい。古い倉庫で運河を眺めながら食事というのも楽しいのかもしれない。

また、運河に流れてくる川をさかのぼっていくと、そこにも古い建物があり、北一硝子とはまた違う硝子工房やお土産物屋さんがあったりする。僕が札幌に住んでいてちょっと気分転換に散歩するというならいい街だなって気がするけれど、あえてここまで来るかといわれるとちょっと迷うところ。

ただ、北一ホールの雰囲気はよかったので、ここだけはまた来るかなって思っている。

小樽運河と散歩

Related Post

今年も行ってきました「北アルプス 三蔵呑み歩き2015」... 今年も行ってきました「北アルプス 三蔵呑み歩き2015」 僕のなかでは、9月の最初の土曜日は信濃大町に行くことになっていて、そこで日本酒を呑み歩くことになっている。 これでもう何年目か忘れちゃったけれど、このブログを書き始めてからは三年連続での訪問。信濃大町ってなんだか好きな町なんだよな...
フォス・ド・イグアスを散歩 僕にとって旅とは散歩の延長。ということで、新しい街を散歩しているのが好き。 散歩をして街の規模や人との距離感、なんてことのない風景を感じながら歩いていると、だんだんとその街が自分に馴染んでくるような感覚があって、僕はそれが好きなのだと思う。 今回のブラジル旅で心残りがあるとすれば、このフ...
金瓜石で古きよき日本家屋を探訪する... 九分行きのバスで知り合った日本人に「九分の先にある金瓜石に行かれるということですが、そこはどういったものがあるんですか?」と聞かれたのだが、僕はそれに対して答えをもっておらず、ずいぶん怪しい回答をしたと思う。 しかし実際問題として金瓜石になにがあるのか知らなかったのだから、それは仕方が...
夜の高台寺のライトアップは美しい ちょうど京都旅の直前に万城目学の書いた「とっぴんぱらりの風太郎」を読んでいたので、北政所が住んでいた高台寺のことは気になっていた。 高台寺は旦那である豊臣秀吉の冥福を祈るために建立した寺院であり、寺の前は仏門に入った際につけられた「高台院」という名にちなんでいる。豊臣秀吉って飽くなき権力者であ...
冬の松本を散歩する こういう路地が好き 旅をしていて好きな街ってあるものだけど、松本とはまさにそんなところで、ほどよい街の大きさや雰囲気が好き。 どの季節に訪れても楽しいのだけど、オフシーズンである冬は空気も澄んでいて、人は少ないけれど街歩きには楽しい。 今回の旅では、小淵沢からローカル線でやってき...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.