イサムノグチが晩年に設計した公園。札幌郊外にあって、公共交通機関でのアクセスは悪いのだが来てみる価値はある。

公園の入場に関しては無料なのだけど、あまりにも広い公園なので見てまわるにはレンタルサイクルを借りるのがおすすめ。というか歩いて見てまわるよりもずっと気持ちがいい。

人工的につくられた丘陵部分は登るのは大変だけど、そこから風を切って下っていくときの気持ちよさ、まわりの風景の美しさは体験してみないと分からないものがある。

レンタルサイクルを借りてまわるのがおすすめ
レンタルサイクルを借りてまわるのがおすすめ

モエレ沼公園

ガラスで作られた教会のような建物はガラスのピラミッドという。ここは、ちょっとしたアートイベントをしていたり、実際にチャペルとしても利用されている。

僕が訪れた日もちょうど午後から結婚式をするみたいで準備をしていた。挙式をあげるにはシンプルでいい場所だし、いいなって思う。

ガラスのピラミッド
ガラスのピラミッド

モエレ沼公園

屋上からは公園を一望できる
屋上からは公園を一望できる

人工的につくられたモエレ山は一度くらいは登ってみた方がいい。僕は前回来たときに登ったのとちょっと天候が危ういなと思っていたのでパス。自転車でぐるっと一周してまわる。風が気持ちいいなあ、ヨーロッパをサイクリングして森の中を抜けたりしてたときみたいだ。空気の鮮度みたいなものが違う。

ちょうど噴水の行われる時間だったので、せっかくだからみてみることにする。近くでみてみたのだが、これってもしかしたらちょっと遠目に見た方が全容がわかって美しいのかもしれない。近くで見るだけがいいわけではないな。

とはいえ、すごい迫力。イサムノグチが作った立体の作品をそのまま噴水でも表現しているようで力強い。生命を感じる。噴水が作り出す虹もまたきれいだったなあ。

圧巻の噴水
圧巻の噴水

モエレ沼公園モエレ沼公園

天候が変わりやすい時期だったのであまり長居はできなかったのだが(実際、車に乗り込んで数分で土砂降りの雨が降り出した)、気分転換もふくめてこういう公園がある街っていいなと思う。札幌を訪れたらかならず来る価値がある場所。

モエレ沼公園モエレ沼公園

モエレ沼公園
住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
時間:7:00-22:00

 

Related Post

リオデジャネイロ現代建築の見所のひとつ – カテドラル・メトロポリターナをみてきた... 遠くからみるとピラミッドのよう リオデジャネイロには大聖堂がふたつあって、古くからあるのはリオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)と呼ばれていて、もうひとつのこちらは1976年に建てられた現代的な大聖堂。 ちょっと古さを感じるモダンアートっぽいデザインは一見奇抜なのだけど、厳かな...
西郷公園は水曜どうでしょうのロケ地として有名なだけではない... 鹿児島空港から歩いて行けそうなくらい近い公園で、「水曜どうでしょう」という伝説的な旅番組のロケ地としてあまりにも有名な公園。どうでもいい話しかもしれないが、あの番組で移動するだけの旅も悪くないと思ってしまった。 公園の場所は、鹿児島空港から本当に近い場所にあり、まわりにはレンタカーの会社も多い...
市原湖畔美術館で「ロマネコンティ・ピクニック」をみてきた... 市原湖畔美術館 市原湖畔美術館で開催されているEAT&ART TAROの「ロマネコンティ・ピクニック-美味しいの探し方-」という展覧会をみに行ってきた。 市原湖畔美術館といえば、去年の「いちはらアートミックス」の会場だったのだけど、駐車場が高くてスルーしたところ。 しかし...
御射鹿池 – 絵になる風景 松本へ行く途中にちょこっと寄り道して、蓼科の御射鹿池をみてきた。みてきたというくらいの小さな農業用のため池で、普通に考えればただのきれいな池でしかないのだが、東山魁夷の「緑響く」のモチーフとして有名になり、またその絵画をつかったシャープのアクオスのCMでさらに有名になったという経緯がある。 ...
蓮は泥より出でて泥に染まらず – 不忍池の蓮... 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。 僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛り...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください