今回の旅、当初は美瑛あたりに行こうかなと思っていたのだけど、目当ての宿がいっぱいで予約できず。

それなら美瑛行くこともないなと予定を変更。そして十勝に来てみた。しかし、土地勘ないので適当に泊まってみたのは中札内にあるフェーリエンドルフ。予算的なものもあり一泊しかしなかったのだけど、ちょっともったいないなって思うくらい贅沢な旅だった。ここは圧倒的におすすめ。

場所は帯広からひたすら南下して1時間弱。まわりにはなにもないのだが、それがまたいいところ。しかし、食材とかはあらかじめ買ってから行った方がいい。ここは別荘地の一部を貸し出していて、定住している人もいる。森に囲まれた別荘地は北ドイツ地方の田舎町を旅しているみたい。

敷地内にはやたらとフレンドリーな馬もいたりして、なんだか楽しい。朝晩は散歩をしてまわるのが絶対おすすめ。朝の清々しい空気はそれだけでリフレッシュできるし、夕方に十勝の山並みの向こうに沈む夕陽を眺めるのはなんという贅沢な体験なんだろうって思う。

フェーリエンドルフにいる気さくな馬

そして、晴れた夜ならば外に出て星空を眺めるのがいい。

夜空に砂糖をまぶしたかのような星空は、みていてこわくなるくらいだ。僕とあの見えている星は、壁もなにもなく、ただ遠くの光を眺めているように、つながっているんだよなっていうその事実。こんな星空眺めたのは前にブータンの山奥の寒村でチベタンマスチフみたいな犬と一緒に眺めて以来だ。

今回、この風景のためだけに旅行したといっても納得できるくらい。

そして夜空
そして夜空

宿の設備としては定住もできる別荘なので、僕にはもったいないくらい。ベッドルームも3つくらいあるし、リビングも広々としている。

夕焼けをみているとき、別の宿に泊まっているひとり旅の女の子(ひとりで畑の中いくのは心細いとかいってた)と一緒にみていたのだが、僕の泊まっているところを聞いて贅沢だとかいってたものな。まあ、そうかもしれないけど、のんびりできるいい宿です。

食事については、ドイツ料理のレストランが併設されているのだが、あまり期待できないと思う。それならば、地元の食材を手に入れて部屋のキッチンで作った方が断然に楽しいし美味しい。十勝で採れた野菜、肉、そして十勝のワインで地産地消の夕食とか幸せ過ぎる。この宿はチェックインからチェックアウトまで存分に滞在してのんびりするのがおすすめ。

十勝ワインの概念がかわるくらいうまい

ただ、朝食はホテルの鶏舎で採れた朝取りの卵かけごはんを食べてみたのだが、これはすごい美味しかった。朝食は宿のものを選択してもいいかもしれない。

暮らすように泊まる宿ってこういうところのことをいうのだろうし、いつかは暮らしてみたいなって思える場所だった。本当に星空の美しさは感動する。予約は楽天トラベルにて行った。

フェーリエンドルフ

Related Post

北の屋台村とプチ・プレジール 「帯広に来たなら北の屋台村は外せない」という友人のアドバイスもあってやってきた。 北の屋台村は、帯広の繁華街の小さな路地裏にあって、常設の屋台村という感じ。福岡の屋台に似ている。共同だけどトイレもある。 お店のラインナップは居酒屋が多いのだけど、そんななかで今回訪れたプチ・プレジールは名...
ミシュラン三つ星の「鮨 田なべ」に行ってみた... 比較的お手頃な価格帯で「ミシュラン三つ星のところでディナーを楽しんだ」といえるところ。それ以上の価値があるかといわれるとちょっとわからない。でも、札幌で寿司を食べるのであれば雰囲気もいいし、洗練されているのでいいところだとは思う。 場所は以前の場所から札幌駅に近い六花亭のビルに移転していて広く...
質の高い十勝ワインはここで手に入る。帯広の「ワインプラザ カワイ」へ行ってきた。... 去年もここで十勝ワインを買ったところ。北海道の十勝地方といえば古くからワイン生産をしているところで、ヴィンテージのワインなどもできてきている。観光客向けには手頃なジュースみたいなワインを出しているけれど、ちゃんとしたワインを飲んでみたいなと思って探し出したところ。 帯広競馬場からそれほど離れて...
モエレ沼公園に行ってきた イサムノグチが晩年に設計した公園。札幌郊外にあって、公共交通機関でのアクセスは悪いのだが来てみる価値はある。 公園の入場に関しては無料なのだけど、あまりにも広い公園なので見てまわるにはレンタルサイクルを借りるのがおすすめ。というか歩いて見てまわるよりもずっと気持ちがいい。 人工的につくら...
北一硝子で自分へのお土産を買う 場外市場で豪華な朝食を食べた後は小樽に行ってみることにする。よくよく考えたら乗り換えに小樽駅降りたことあるけれど、観光で訪れるのははじめてだ。 札幌から高速で40分くらいと、東京と横浜の関係みたいだなってところ。 小樽はすっかり観光地されていて(横浜以上だ)、向かったのは北一硝子。自分に...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です