まったく事前になにも調べずに訪れた今回の旅での発見のひとつだと思う。

中札内の町のはずれにある六花の森。六花亭がこの地に製菓工場を作るとき、自らのお店の包装紙にもなっている花柄の風景を実際に作りたいってことで、あれた耕地をこんな森に変えてしまった。

六花の森六花の森

ちなみに、六花亭という社名の由来は十勝六花(エゾリンドウ、ハマナシ、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイ)からつけられていることをはじめて知った。

というか、この包装紙は六花亭というお店であることも、ここで知ったくらい。すごい会社だな。一気に好きになる。

入園するとき係の人に「見てまわるのにどれくらいかかります?」ってきいたら、「1時間くらいで帰っちゃう人もいるし、半日いても足りないっていう人もいるんです」という答えだったのだが、僕は完全に後者です。とはいえ、ただ自然があるだけなので好みは二極化してしまうのだろうなとも思う。

六花の森六花の森六花の森

10ヘクタールにもなる、ものすごい広い敷地の庭園内にはクロアチアから移築した(!)古民家が点在していて、それぞれは小さな美術館になっている。

この美術館がまた自然と調和しているというか、小さいけれど印象的で美しい。十勝の風景を描いた作品が多く展示されていて、美術館の中が小さな箱庭みたいな印象をうける。

六花の森六花の森六花の森

そして、森の中は小径にいたるまで整備されていて、ヒールとかだときついかもしれないが、サンダルでも歩けるくらい。ところどころに小川が流れているのだが、これも近くの川から引き込んでいるみたいだ。小川の流れも気持ちがいい。

丘には彫刻作品が点在しているのだが、その木陰で昼寝をする気持ちよさといったら、なにものにも変えがたい。この星の上でこんなにも心地よい場所はないんじゃないかって思えるくらいだ。時間を忘れてうたた寝をしていた。

この森を称して「終わりのないプロジェクト」と呼ばれているみたいだけど、僕も似たような森をつくるプロジェクトをやっていることもあるので、自然を相手にするってそんなもんだよなって思っている。この森も、いまの明治神宮みたいに100年後の人たちがさらに愛するような場所になるといいな。

この森の成長をみに、また中札内に来る理由があるなって思えるところです。

六花の森

六花の森
住所:北海道河西郡中札内村常盤西3線 249-6

Related Post

中之条ビエンナーレ2013(中之条編) 芸術の秋なので、それに乗り遅れるわけにはいかない。ということで、中之条ビエンナーレをみてきた。都心からみえて最も遠い六合エリアから順にまわってきて2日目最後は中之条エリアへ。 この、中之条ビエンナーレを見に来る人たちは、だいたいここからはじまるので、僕は逆から順番に辿っていった。 そして...
花見山はやっぱり桃源郷だと思う 今年のお花見はかなり充実している。千鳥ヶ淵で花見をして(桜ほとんど咲いてなくてインド大使館でビリヤニ食べたけれど)、目黒川に沿ってお花見散歩をして(これは豪華だった)、さらには浅草の隅田公園に行って、幕張のさくら広場ではまるであの世みたいな不思議な桜の光景を眺めていた。 そして、わずか一週間ほ...
安平古堡へふたたびきてみた 四草綠色隧道碼頭で楽しんだあと、どうやって街まで戻ろうかなと思ったら、道路脇から捨て犬が近寄ってくるかのように1台の車が近づいてくる。あ、さっき乗ってきたタクシーじゃん。 ということで、タクシーなので自由な行動できるなと安平古堡へ行ってみることにした。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散...
秋の庄内映画村オープンセットを訪れてみた... 庄内映画村への旅ふたたび。初夏に来てみて、電線のない里山の風景ってこんなに美しいものなのかと感動をしたのだが、秋もまたきれいですよっていう話を聞いたので、またもや来てみた。 庄内映画村のオープンセットまでの道のりは、カーナビだと違うところへ連れて行かれしまう可能性があるため、公式ブログ...
電動自転車でいくバガン寺院めぐり バガンの寺院巡りをする際に活躍するのは電動自転車の活用になる。 自転車といっても日本にあるようなアシスト的なものじゃなくて、原付電動バイク(ペダル付き)という感じのもので、時速30キロくらいまで出すことができる。 今回の旅で僕ははじめて電動ではあるけれど、バイクを運転してみたのだが、これ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.