中札内から帯広に向かう途中で、道路に並行して堤みたいなのがあるなと思っていたのだが、地図を見ると昔には鉄道が通っていたことを知る。

こんななにもない平原の端に向けて鉄道作るとか、そりゃ廃線になるよなって思うのだが、実際30年くらいの期間で廃止になったみたい。

で、国道を走っていると、畑の向こうに列車みえて、なんだあれと思って向かったのが幸福駅というところだった。縁起がいい駅名で駅舎と列車が残され、いまは公園になっている。そこだけ切り取られたみたいで、ちょっと不思議な感じ。

幸福駅幸福駅幸福駅駅舎はすごい小さいのだが、みんなが貼り紙?みたいなのをしている。奥にはお土産物屋さんもある。すごい定番な感じの観光地。新しい土地って縁起がいい名前が多いけれど、ここもまさにそんな感じの名付け方なのだろうか。

駅のホームに座ってまわりをながめても、周囲にはなにもない。のどかな風景。経済効率から考えると廃線になるだろうが、こういうのどかなところを走る鉄道に乗ってみたかったというのはある。

鉄道好きじゃないと、みどころがあるような場所ではないが、気軽に立ち寄れるので行ってみてもいいかも・・くらいのところ。ちなみに、ここの駅のキャラクターは「駅神・みゆき」さんといって、ゆるキャラとは一線画した美人さんです・・。

幸福交通公園

Related Post

肉乃五右衛門で肉を買う 国道沿いのこの看板が目印 以前、北海道の人が「美瑛ってちまちま畑つくって大変だよな」みたいな話をしていて、僕としては「あれのどこがちまちま」なんだよって思っていた。 しかし、十勝平野に来てみて、たしかに美瑛は風景は美しいけれど、豊かさという点では違うんだなと理解できた。 それくら...
クアンシーの滝はラオスの九寨溝みたいなところ... バイクの旅 ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。 それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。 ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえ...
旅の締めくくりはここ「たくさんの失われた窓のために」... 今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。 いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。 鉄枠にカーテンがかけられ...
豚丼だけじゃない!定番のとんかつが美味しい「十勝豚肉工房ゆうたく」でランチ。... 帯広へやってきたら、この街のB級グルメである豚丼を食べてみたいというのは旅行者の気持ちとしてわかる。 でも、すごく混んでいて有名店などは1時間以上待ちそうな行列ができている。そこまでして食べたい、または食べる価値があるものだろうかと考えると、そこまでじゃない。僕には肉ノ五右衛門で買った豚肉があ...
台南から高雄への朝の移動 前回の旅で高雄という街にそれほど面白さを感じなかったこともあり、今回はぎりぎりまで台南に滞在することにする。 高雄をお昼くらいに出発するタイガーエアの便だったのだけど、その場合は台南を朝に出れば空港まで間に合うことが分かった。今回泊まった正興街の宿を出て90から時間かかっても120分くらいでチ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です