中札内から帯広に向かう途中で、道路に並行して堤みたいなのがあるなと思っていたのだが、地図を見ると昔には鉄道が通っていたことを知る。

こんななにもない平原の端に向けて鉄道作るとか、そりゃ廃線になるよなって思うのだが、実際30年くらいの期間で廃止になったみたい。

で、国道を走っていると、畑の向こうに列車みえて、なんだあれと思って向かったのが幸福駅というところだった。縁起がいい駅名で駅舎と列車が残され、いまは公園になっている。そこだけ切り取られたみたいで、ちょっと不思議な感じ。

幸福駅幸福駅幸福駅駅舎はすごい小さいのだが、みんなが貼り紙?みたいなのをしている。奥にはお土産物屋さんもある。すごい定番な感じの観光地。新しい土地って縁起がいい名前が多いけれど、ここもまさにそんな感じの名付け方なのだろうか。

駅のホームに座ってまわりをながめても、周囲にはなにもない。のどかな風景。経済効率から考えると廃線になるだろうが、こういうのどかなところを走る鉄道に乗ってみたかったというのはある。

鉄道好きじゃないと、みどころがあるような場所ではないが、気軽に立ち寄れるので行ってみてもいいかも・・くらいのところ。ちなみに、ここの駅のキャラクターは「駅神・みゆき」さんといって、ゆるキャラとは一線画した美人さんです・・。

幸福交通公園

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です