外観
外観

中札内のフェーリエンドルフには一泊しかできず、ちょっと離れた帯広に宿泊。今回の旅は毎日泊まるところが変わる流浪の旅行だな。

帯広は街中でごはん食べるのも美味しいよっていう話しを聞いていたので、今回は街中のホテルにしてみた。帯広駅から歩いて30秒くらいのJRイン。

帯広駅って単線のすごいローカルな駅なはずなのだが、駅や駅前はすごい立派でびっくりした。でも、どこにでもあるような駅前って感じで面白みはない。どこも似たような街になっていくのはつまらないなあ。

ホテルはまだ新しそうでわりと立派。ビジネスホテルにしてはいい方。一階には僕が家で愛用しているロフテーの枕があって、好きなのを選べるようになっていた。これは結構嬉しい。枕がいいと寝心地違うものな。

客室は普通のビジネスホテル
客室は普通のビジネスホテル
水まわり、普通にきれい。
水まわり、普通にきれい。
ロフテーの枕選べるのが、かなりうれしいところ
ロフテーの枕選べるのが、かなりうれしいところ

駅前ということもあり、利便性は抜群。帯広の市街地はびっくりするくらい小さいので、有名な六花亭の本店や屋台村にも歩いて10分くらいだし、街中で泊まるのであればここでいいかなって思えるところ。

でもまあ、せっかく北海道まで来てここか・・って思わないわけでもない。予約は楽天トラベルにて。

Related Post

北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...
コパカバーナのベストウエスタンホテルはちょっと古いけれどコストパフォーマンス優れたホテル... 今回のリオデジャネイロ旅ではコパカバーナでの年末年始を過ごすため、このエリアを拠点にしていた。というのも12月31日夜からコパカバーナへの道路が封鎖されてしまうので、エリア外からのアクセスが不便になってしまうから。 年末年始をここで過ごす場合には注意したほうがいいのだが、この時期のホテルはハイ...
小樽運河と散歩 小樽まで来たので、北一硝子からちょっと足を延ばして小樽運河まで。歩いて5分もかからないところにあってかなり近い。レンタルサイクルとかもあるけれど、坂の多い町なので歩いて回ってもいいんじゃないかなって思う。 運河沿いは幹線道路が走る郊外といったところで、写真でよく見る風景の反対側は全然情緒がない...
コンフォートホテル佐賀に宿泊 今回の佐賀、長崎旅行では佐賀を拠点にして2泊した。泊まったのは佐賀駅前にあるコンフォートホテル佐賀。予約は楽天トラベルで行って2泊で9,000円くらいかな。週末を含んだ料金としては安いと思う。 場所は佐賀駅北口にほぼ接しているともいえるくらいに近いところにある。最寄りのコンビニまでは信号を渡っ...
秋の美瑛、十勝。レイドバックな旅。... 2016年10月の北海道旅ははやくも晩秋の装いの風景だった。2015年9月下旬に訪れた北海道は初秋だったのに、2016年は10月上旬にはやくも晩秋の風景。地元の人にきいたところ「たしかに今年の秋ははやいけれど、毎年秋は一瞬の出来事」だという。そんな晩秋の北海道を巡る三泊四日の旅。 それにしても...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください