札幌でも目についたし、中札内には美しい庭園までつくっているし、北海道を代表する企業だと思う六花亭。本店は帯広にあることを知る。

ホテルから歩いて10分くらいのところ。辛うじて市街地といえるところだが、銀行みたいにすごい立派な建物。扉からして重厚。

店内はわりと広くて、表通りの閑散具合とは逆に賑わっている。店員さんはきびきびと動いていて接客も感じいいのは札幌のお店と同じ。みんな自分たちの仕事が好きなんだなあって伝わってくる。こういうお店は素敵だなと。

六花亭の本店六花亭の本店六花亭はあちこちにあるけれど、あえて帯広の本店に来る価値があるのは、限定商品があるから。「サクサクパイ」と「雪こんチーズ」という商品は賞味期限は2~3時間しかない。

中札内で夕陽をみていたとき、ここのことを一緒に夕陽見てた女の子に教えてもらったのだが「本当かよ!」って疑ってしまった。しかし、本当だった。そして、絶賛具合に違わず、信じられないくらい美味しかった。この風合いのために賞味期限が短いのだな。

お店のなかはだいたいこれを食べる人で賑わっていて、片隅にはコーヒーメーカーがあって無料でふるまっている。なんて優しいんだ・・・。さっそく僕もあれこれ限定ものを買ってみる。

サクサクパイは見た目は普通なんだけれど、食感が幸せでしかない。なかのクリームの上品な味わいもまた素敵。

サクサクパイ
サクサクパイ

雪こんチーズは今回食べたなかでもっとも好きなもの。ベイクドチーズケーキをココアビスケットで挟んでいるのだけど、サクッとした食感もさることながら、なかのチーズケーキが絶品すぎる。別々に食べても絶対美味しいと思うのだが、それぞれがあわさりかけ算的に美味しさが増している。

雪こんチーズ
雪こんチーズ

とかち帯広発は、雪こんチーズと同じようにクリームチーズを今度はパイ生地で挟んでいる。ホワイトチョコレートもアクセントに効いていて、美味しい。食感をここまで大切にするスイーツも珍しい。

とかち帯広発
とかち帯広発

どれも食べ進めるのだが、食べるのが惜しいような・・そんな気持ちになる。そして、どれもすごく安い。北海道の良心というか、そりゃ人気でるよなって思う。僕が今回買ったお土産ってほぼ全て六花亭のものになったのはいうまでもない。

帯広に来ることがあれば、というか十勝に来ることがあればここは外せないと思う。僕は来てから知ったのだが、教えてもらえて好かった。

六花亭
住所:北海道帯広市西二条南9-6 六花亭本店 1F
時間:9:00-19:00
休み:なし

 

Related Post

ラマ島に来たら絶対おすすめの建興亜婆豆腐花スイーツ... これ食べにラマ島来たいくらい気に入ったスイーツ。榕樹湾からほぼ道なりに歩いてきて20分くらい。ちょっとだけ脇道に入るのだけど、かなり細い路地みたいなところ。お店の向かい側の壁に豆腐花の絵がでっかく描かれている。 ラマ島ってなんだよ、どこだよ!って話はよく分かるけれど、それはまた後日。 こ...
小布施堂の夏はかき氷を楽しめる! 津南でランチを食べて、そのまま信濃川沿いに国道をさかのぼっていく。津南から飯山にかけてのこの国道は運転もしやすくて、なによりこの里山の風景が美しい。いつ来ても感動する。 途中の道の駅でキュウリを買ったりして、小布施までやってきた。公営の駐車場に車をとめて少し散歩することにする。まず向かったのは...
北一硝子で自分へのお土産を買う 場外市場で豪華な朝食を食べた後は小樽に行ってみることにする。よくよく考えたら乗り換えに小樽駅降りたことあるけれど、観光で訪れるのははじめてだ。 札幌から高速で40分くらいと、東京と横浜の関係みたいだなってところ。 小樽はすっかり観光地されていて(横浜以上だ)、向かったのは北一硝子。自分に...
林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
ArtYard 小藝埕 – センスのいい台湾雑貨のセレクトショップ... 乾物とお茶だけじゃない迪化街の楽しみ方。 台湾発の「印花楽 in Blooom」(布製品)と「台客藍(HAKKA BLUE)」(茶器)やその他書籍などを扱っているセレクトショップで、とくに印花楽の雑貨は超絶かわいい。ランチョンマットがおすすめ。誠品にも取り扱いがあるのだけど、こちらの方が品揃え...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です