北の屋台村とプチ・プレジール「帯広に来たなら北の屋台村は外せない」という友人のアドバイスもあってやってきた。

北の屋台村は、帯広の繁華街の小さな路地裏にあって、常設の屋台村という感じ。福岡の屋台に似ている。共同だけどトイレもある。

お店のラインナップは居酒屋が多いのだけど、そんななかで今回訪れたプチ・プレジールは名前の通りビストロ。

カウンターだけの小さな屋台で、隣のお客さんと肩ふれあうくらいなのだが、これがまた楽しい夜になった。

地元でも人気店なので、たとえひとりであっても予約は必須。六花亭の本店からも近くて、開店前にちらっと立ち寄ったタイミングで予約しておいてよかった。

店内はソムリエの資格をもっている店主のかたの気さくな感じもあって、居心地がいい。観光客は地元の食材をあれこれ楽しみ、地元の人は店主の方との会話といつもの料理を楽しんでいるっていうところ。

池田町、町民専用のロゼワイン。フレッシュな感じが好き。
池田町、町民専用のロゼワイン。フレッシュな感じが好き。
定番、チーズの盛り合わせ
定番、チーズの盛り合わせ
生ハムも美味しい
生ハムも美味しい
他にも手頃なワインがそろっている。
他にも手頃なワインがそろっている。

そして、お客さん同士の距離感も近くて、他のお客さんが頼んだものを少しわけてもらったり、さらには貴重なワインまで少しいただいたりとか、地元の人たちの優しさを感じる。まさに日本の屋台だなあって感じ。

ワインは北海道のワインもあるけれど、そこにこだわらずに色々と頼んでみてもいいと思う。結構手頃なラインナップで色々と楽しめる。しかし、池田ワインの町民専用とかいうのは、フレッシュな感じで好きなワインだったな。

料理については、必須なのはラクレットチーズ。カウンターの中央に置かれていて、それをあたためて溶け出したものをじゃがいもにかけていただくのだが、そのとけていくチーズをみているときが幸せ。写真撮るのもお忘れなく。

ノンアルコールの人も、地元産の野菜をつかったジュースとか色々とあるので楽しめると思う。帯広にある小さき良心といったお店で、旅の印象に残るいいお店だった。

ラクレットをあたためているところ
ラクレットをあたためているところ
そして、ラクレットチーズ。絶品。
そして、ラクレットチーズ。絶品。

プチ・プレジール
住所:北海道帯広市西一条南10-7 北の屋台 いきぬき通り三番街
時間:17:30-24:00
休み:水曜日

Related Post

小布施堂で究極のモンブラン「朱雀」をいただく... 前から気になっていたんだけど、なかなかタイミングがあわずに逃していた小布施堂の朱雀。2週間の期間限定とか短い。 今回、意を決して、このためだけに行ってみよう!と小布施へ行ってみた。深夜に家を出発して、関越道から上信越道へと抜けていく。小布施サービスエリアのETC出口から小布施堂までは車で5分く...
十勝川温泉観月苑で日帰り温泉 今回の旅は本当にあまり計画もせずに動いているので、この日は帯広市街地のホテルに泊まる予定なのだけど、やることもなさそうなので日帰り温泉に行ってみることに。 帯広の市街地からは車で30分くらいのところにある十勝川温泉。ここは珍しいモール温泉という種類の温泉が湧き出ているところ。モールってなんだろ...
「浜ゆう」銚子地元おすすめの食堂 僕としては銚子あたりで最も好きなお店のひとつ。あまり有名ではないけれど、このあたりの地元の人では賑わっている。 2011年3月11日の地震のときには津波の被害にあった飯岡の町。YouTubeに投稿された津波の動画って、たしか浜ゆうの前の通りだったはず。がれきは撤去されたけれど、いまだにところど...
溜池山王の「鮨一新」で豪華な寿司を食べてきた... IT業界とその関係者だけが入ることができる寿司屋さんが溜池山王にある(前回の訪問:「鮨一新(溜池山王)で限定の高級寿司コースを体験」)。今回もまた縁がありまして潜入してきた。ちょっと高めの居酒屋みたいな価格帯で、これだけいい寿司が楽しめるのはすごい。 今回も特選コースというのを楽しんで来た。 ...
祇園のぎょうざ歩兵で生姜餃子 地元に住んでいた友人から「青春の祇園でおすすめのところ」と教えてもらい、訪れてみたお店。「旅行で京都に来て餃子かよ」って思うなかれ。ここの生姜餃子は絶品のうまさで歩兵ならではの味だと思う。 アクセス 祇園の北側エリア、祇園白川の通りから巽橋を渡ってすぐのところ。まわりは雰囲気のある建物が...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です