プチ・プレジールで幸せな時間を過ごして、このまま帯広の夜を終わらせるのももったいなあっていうのと、少し小腹がすいていたというのもあって、ちょっと豚丼でも食べてみようかと訪れたところ。帯広駅前にも有名店があるのだが、あまりにも並んでいるのでそこはパスして、はげ天へ。

結論からいうと、大人しくプチ・プレジールで夜を終わらせておき、さっさとホテルで寝ておけばよかった。

お店は天ぷら屋が本業なのだけど、みんな豚丼を食べていて、さながら豚丼屋の様相を呈している。豚丼は二種類あるのだが、豚肉の枚数による違いだったはず。店員さんはてきぱきとしていて感じがいい。

はげ天 本店はげ天ビールを飲みながら豚丼を待つこと数分。食べてみた豚丼は、人にもよるのだと思うが、僕の中ではいまいち。お肉のジューシーさをどこかに忘れてきたんじゃないかっていうくらいの感じで、「おまえどうしたんだ!」と豚丼に問いたい。

あとは、僕が肉乃五右衛門で買った豚肉があまりにも美味しすぎたのかも知れない。比較するのはよくないなと思いつつも、あの豚肉をまた食べたいって思ってしまった。

もしかしたら、豚丼をはじめて食べる人であれば、ここのは美味しいって思えるかもしれないし、豚丼をよく食べている人であれば手軽にいけるので、ここでもいいやってことかもしれない。ただ、なかなか帯広に来ることがない僕としては、ここでの豚丼はちょっと違うのかなあ・・ってところ。個人的な嗜好の問題ではあるけれど。

はげ天 本店
住所:北海道帯広市西一条南10-5-2
時間:11:00-21:00
休み:不定休

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です