美術館のロゴの上の赤い部分も作品のひとつ
美術館のロゴの上の赤い部分も作品のひとつ

夏にみてきたオスカー・ニーマイヤー展につづくブラジル建築の回顧展。

自然との調和という点においてはオスカー・ニーマイヤーと共通するところもあり、人に近いデザインという部分でいうとリナ・ボ・バルディがもっている暖かみとかいいなって思える。

そして、ブラジル旅行中に行こうか迷っていて結局行かなかったサンパウロ美術館は彼女の作品だったのかと知る。なかなか行ける場所ではないし、訪れておけばよかったと後悔。

自然あふれるブラジルの風景や、熱帯の植物の鮮やかな色彩。映像から流れてくるポルトガル語の音は意味がわからなければ、それすら音楽のようでもある。そして、それらが作り出す空気感はブラジルを感じさせるもので、旅行を思い出して懐かしくなる。

建築だけじゃなくて、ブラジルという空気に興味があれば、小さいながらも面白い個展であり、楽しめるものじゃないかなって思う。

このなかで、僕がいいなって思ったのはリナ・ボ・バルディが語ったセリフ。デザインとは、センスだけが先走るのではなく、人に寄り添ったものだよなって思う。

「食べる、座る、話す、歩く。日だまりの中でのんびりする。
建築とは単なるユートピアではなく、ひとつの手段であって、それはみんなにしかるべき成果をもたらすものです。」

2016年3月末まで行われているので、ご興味があればぜひ。

リナ・ボ・バルディ展 ブラジルが最も愛した建築家
会場:ワタリウム美術館
会期:2015年12月4日(金)-2016年3月27日(日)
休み:月曜日(3/21は開館)
時間:11:00-19:00まで(水曜日は21:00まで)

Related Post

いちはらアート×ミックス2014「飯給のトイレ」編... のどかすぎる飯給駅前 実質「世界一大きなトイレ」が千葉の田舎にひっそりとあるのです。今回のアートミックスがはじまる前からあって、この壁に囲まれたものは・・トイレなのか?と思っていたのだが、今回のアートミックスの開催でこれが作品なのだと初めて分かった。 ちなみに女子トイレで男性の利用は不...
【現在は立ち入り不可】近未来感があるのに懐かしい雰囲気がある、香港の「超密集住宅」をみてきた。... 香港らしい建物が入り組んで密集した風景といえば、かつては九龍城砦だったり、尖沙咀にある重慶大厦の四階から入り込む風景とか、いろいろとある。 そんななかで、最近注目されているのは、鰂魚涌(クオリーベイ)と太古(タイクー)の間にあるマンション群で「海景樓」「福昌樓」「海山樓」「益昌大廈」「益發大廈...
VVG Something ふたたび 世界でもっとも美しい書店のひとつに選ばれた好樣本事の近くまできたので、ひさびさに立ち寄ってみた。 ここって来るたびに新しい発見があって、洗練されているなあって思う。 細部まで手抜かりなく世界観が作られていて、全体としても調和がとれている。 このグループが経営しているほかの施設と比べ...
ペトロナス ツインタワーは圧巻の風景... クアラルンプール観光のハイライト。ペトロナスタワーに来てみた。 写真で見る限りは夜の風景が美しい感じがしていたのだが、夜はもう疲れて宿で寝てしまっていたので昼間の風景のみ。そして、タワーには上ることも出来るのだが、そもそも高いところに興味がないので(というか好きではない)今回はパス。 ...
いちはらアート×ミックス2014「指輪ホテル」編... 2014年春に行われた「いちはらアート×ミックス」で最終日に観に行った作品なのだが、すっごい後悔した。もっと早くからこれを観ておけばリピートできたのに!という後悔。 本当にこれを観るだけでも「いちはらアート×ミックス」に来る甲斐があったなあ・・と思う。 舞台は、指輪ホテルという劇団の「あ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.