日本橋室町のCOREDOで開催中のFLOWERS BY NAKEDをみてきた。

なかなか時間がとれないところ訪れたのだけど(しかも僕ひとりで)、すごい美しくて洗練されていて、お酒も美味しかった。そして、どこまでもフォトジェニック。なんかもう会場入ったときからいい匂いしているものな。期間中にもう一度行きたいって思っている。

FLOWERS BY NAKEDとは、NAKEDと草月流の勅使河原氏のコラボレーション作品のほか、リアルな花とインスタレーション、そしてアロマなど色んな確度から庭園を楽しむように花を楽しむことができるイベント。新しいタイプのお花見っていえるかも知れない。

会場は、平日の夕方に行ったので会場はわりと空いていた。週末とかだともっと混んでいるのかもしれない。

BIG BOOK, BIG FLOWERS
BIG BOOK, BIG FLOWERS

FLOWERS BY NAKEDFLOWERS BY NAKED入ってすぐにあるのは”BIG BOOK, BIG FLOWERS”。まず花のいい香りに包まれる。そして、巨大な本にプロジェクションマッピング。

フラワーボックスから魔法のように花が舞っていったり、絵本のように話しが展開していったりするのにひきこまれる。あまりにきれいで何度かみていたのだが、これだけでもこのイベントに来てよかったなと思えるくらい。

MOSAIC FLOWERS
MOSAIC FLOWERS

FLOWERS BY NAKEDそして、絵本の世界に入り込むように本の後ろへまわりこむと現れるのは”MOSAIC FLOWERS”。壁の前で自分が動くとそれにあわせて植物がのびたり、花が咲いたりする。ふわっと出てくるさまがまた楽しい。

これ自体は目新しい技術ではないけれど、美しさってことでいうと圧倒的。

DANDELIONS CLOCKS
DANDELIONS CLOCKS

FLOWERS BY NAKEDFLOWERS BY NAKEDそして、その隅にあるのは”DANDELIONS CLOCKS”。細い線のようなオブジェのなかにあるたんぽぽに息を吹きかけると綿毛がまいあがっていく。春の訪れを感じる作品であたたかい感じ。

FROZEN ROSES
FROZEN ROSES

FLOWERS BY NAKEDFLOWERS BY NAKED

で、その先の角を曲がると冬の世界”FROZEN ROSES”。冬の夜みたいな風景のなかで、光が流れ込んでいくと、花々に命が吹き込まれるように色がついて花園がひろがっていく。

その淡い色の移りかわりは、寒いわけじゃないのに冬の光を感じるんだよな。光がこぼれていくさまもまた美しい。これは、何度もみてしまう。

植物の繭
植物の繭

その裏は夏の世界を感じる”植物の繭”。鮮やかな色彩が波のようにつづいていて、この波型が草月流っぽいなって勝手に思っている。

植物の力強さを感じる作品。写真に撮るより全然きれいだと思う。

花霞
花霞

そして、季節はもどるかのように”花霞”。桜にかかる霞を表現しているってことだけど、霞の向こうに広がる光を眺めると枕草子の「春はあけぼの」っていうフレーズを思い出す。白い光はまだつめたいけれど、桜の霞の向こうでは柔らかくてあたたかい。

桜彩
桜彩

FLOWERS BY NAKEDFLOWERS BY NAKEDFLOWERS BY NAKEDFLOWERS BY NAKED

僕としてはメインなのが、この”桜彩”。バーのスペースにもなっていてオリジナルのカクテルを楽しめる。真っ白な服をきたスタッフの方に色々と尋ねたりして、カクテルはキンモクセイが舞う柑橘入りの爽やかなビアカクテル「キンモクセイのパナシェ」を人口の桜が舞うかのような風景のなかで楽しむ。

これはもう夢の世界だな。朝から昼、そして夜にかわるかのような光の移りかわりもまた幻想的。そして、ビールは華やかな香りがとにかく美味しいというか、美しい味っていう表現がぴったりする。

THE SECRET OF SECRET GARDEN
THE SECRET OF SECRET GARDEN

ラストは小さな箱庭のような”THE SECRET” OF SECRET GARDEN”。実験室のような感じで試験管には会場でつかわれているアロマのサンプルがあったり、会場の種明かしのような空間。

そして、階段をあがると全景がみえるのだけど、これは世界を上から眺めているようなものだな。一人できたのがもったいないくらいだ。もっと、他の人にもおすすめしたいって感じるイベントだった。

FLOWERS BY NAKED
会期:2016年1月8日(金)-2月11日(木・祝)
会場:日本橋三井ホール 東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町

Related Post

草間彌生カフェ「私の大好きな私」に行ってきた【期間限定:2013年8月】... 六本木ヒルズで、2013年8月6日(火)~25日(日)の期間限定でオープンしていた草間彌生ワールドを体験できるコラボカフェに行ってきた。 カフェとしては洗練されていて、スタッフの対応もスバラシイ。でも、どこかのブログで見かけたイケメンばかりの店員というのは僕が行ったときは違っていたのかもしれな...
霧島アートの森は絶対おすすめのスポット... 薩摩川内から鹿児島空港に向かったのだけど時間もあるしと立ち寄ってみた美術館。山の上にあってアクセスがちょっと面倒なのだが、ここはすごい楽しかったしおすすめできる場所。 なんていうか、箱根彫刻の森美術館とかクレマチスの丘とかアートと自然が融合していて、そこにいるだけでとても居心地よくて気持ちがい...
横浜赤レンガ倉庫の癒やしスポット「ザフラワーアパートメントカフェ」... そういえば、5月にGreen Room Festival行ったときに赤レンガ倉庫のなかを探検していて、このカフェで一休みがすごい気持ちよかったんだった。 赤レンガ倉庫1号館2階の一番端にある花屋さん兼カフェ。最初花屋さんかと思ったら、スムージーやサンドイッチといった食事を楽しむこともできると知...
安曇野の碌山美術館は小さいけれど雰囲気のいい美術館... 松本から安曇野へ大糸線に乗って30分くらい。松本市内はたいして雪も積もっていないのだが、30分も北に移動するだけで結構積もっている。 これがさらに、北へ30分移動した信濃大町は1メートル以上ということだから、このあたりの冬の気候はちょっとしたところで全然異なる。 僕は安曇野に住んでいる友...
市原湖畔美術館で「ロマネコンティ・ピクニック」をみてきた... 市原湖畔美術館 市原湖畔美術館で開催されているEAT&ART TAROの「ロマネコンティ・ピクニック-美味しいの探し方-」という展覧会をみに行ってきた。 市原湖畔美術館といえば、去年の「いちはらアートミックス」の会場だったのだけど、駐車場が高くてスルーしたところ。 しかし...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.