20130728-1057-24-0508「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。

僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛りなのだけど、上野の不忍池の蓮は7月下旬と一ヶ月遅いことを知った。僕が訪れたときはちょうど紅系の蓮が見頃になっていて、池一面が緑色の葉っぱの海の中に、蓮の花が星のように瞬き咲いている姿はちょっと圧倒される。

蓮についてはどこも見頃の時間は早朝というのはここも同じ。午前11時に通りかかったときには咲いているのは一部だけで、花弁が閉じているものが多かった。やはり美しい姿をみるには5時くらいには行かないとダメなのだろうか・・と来年に向けてちょっと計画を考えてみることにした。

上野恩賜公園

20130728-1058-55-0520

Related Post

ソルズコーヒーロースタリーは席があってゆっくりとコーヒーを楽しめる... 僕としては東京でもっともラテが美味しいと思うソルズコーヒーなのだけど、路上にベンチがあるコーヒースタンド以外にちゃんと焙煎所を兼任した店舗が近くにあるみたいで行ってみた。 場所は都営浅草線の蔵前駅から浅草橋方面に少し離れたところ。カフェなどが集まっているエリアからもちょっとはずれている。 ...
慈照寺(銀閣寺)の紅葉をひさびさにみてきた... 南禅寺から北につづく哲学の道の最終地点である銀閣寺。北野天満宮からも市バスで数分のところにあるので、京都を西から東に横断してやってきた。 調べてみると銀閣寺、1490年と応仁の乱の後、室町時代の末期につくられていて、繁栄期に作られた金閣寺と比較するとたしかに地味な雰囲気。でも、その控えめながら...
十勝 千年の森でセグウェイ体験 去年、十勝を旅しているときにも気になっていたところ。 東京に戻ってきて友人にきいてみたら「ここのセグウェイツアーはすごい楽しい!」というので、今年の旅では楽しもうと思っていた。 しかし、2016年の北海道は台風の被害が甚大で十勝地方もかなりの被害を受けていた。十勝千年の森も庭園が閉鎖され...
新しい蔵前カルチャーの拠点、Nui.はホステルだけど、ラウンジ利用も楽しいのです。... ちょっと前までは古びた下町だった蔵前がおもしろくなりはじめている。その熱量の中心地みたいな存在になっているのがNuiというゲストハウス兼ラウンジなんじゃないかと思っている。隅田川に近い裏通りにある古い建物に集まってくる人たちは旅行者も含めておもしろい。 Nui.へのアクセス 浅草線の蔵前...
【移転】立石呑み歩きシメは駅前にある「与作」が安心です... ※立石駅の高架化開発のため、駅から離れたところに移転となったみたいです。。 夕方から立石で呑み歩いていると22時には深夜のような気分になる。江戸っ子で話しをしていた方が「駅前にある与作っていうお店で飲むの結構いいですよ。駅前だから安心だし」というアドバイスをもらった。たしかに、泥酔した夜であれ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください