ブルーボトル表参道表参道あたりで時間つぶす必要があったので、ブルーボトルコーヒーに行ってみることにした。

場所は表参道の交差点から、ちょっと裏道にはいって数分のところ。すぐそばにSHOZO Cafeの小さな支店がある。

清澄白河のブルーボトルコーヒーが素晴らしかったので、こちらでも期待して訪問。店内はスタッフが多いカフェといった感じで接客はすばらしい。数でこなしているだけある。

コーヒーを頼もうとしたら、「いまの時間はハンドドリップのコーヒーやってないんです」とのこと。なので、このお店がサードウェーブを名乗っているのは、一日のうちほんのわずかな時間だけなのだと知る。まあ、名前だけ出しておけばいいのかも。

ブルーボトル表参道シングルオリジンのエスプレッソを頼むと、口直しに炭酸水がついてくるのだが、これは口をリセットできてよかった。

そして、ここのシングルオリジンはエスプレッソにしても面白い酸味が出てくるのだなあって感じる。普通に美味しいセカンドウェーブのコーヒー。

それにしても驚いたのはお客さんの数。あふれるほどではないけれど、夕方の中途半端な時間なのに賑わっている。そのほとんどが外国からの観光客で、みんな楽しそうにコーヒーを楽しんでいる。ディズニーランドは東京でいいやっていうのと同じスタンスなのかな。でも、それならばSHOZO Cafeもおすすめなんだけれどなって思いながら眺めていた。

ここはブルーボトルのロゴを愛でるところで、ブルーボトルのコーヒーを楽しんだり、ゆっくりとした時間を過ごすところではないのかもしれない。せわしない感じのところだった。

ブルーボトル表参道

ブルーボトルコーヒー青山
住所:東京都港区南青山 3-13-14 増田ビル2階
時間:10:00-21:00

Related Post

台北のバービーカフェに行ってきた 店員さん 台北でバービーカフェがオープンしたという話は聞いていて、どこにあるのかなと思っていたのだが、Po_iでシャツを作って、忠孝復興のあたりを歩いていたら偶然に発見してしまったので入ってみた。 オープン当初はかなりの賑わいだという話だったのだが、僕が行ったとき(18:00くらい)は...
來了はカフェとしての利用もおすすめ... 2016年現在、台南でおもしろくなってきそうなエリアのひとつは新美街という小さな路地が通るエリア。台南のよさである古い建物をリノベーションして居心地のよい空間をつくり出していて、新しい文化の発信地になってきている。そして、今回訪れた來了はそんななかでも有名なところのひとつ。 來了へのアクセス...
Seiffener Tippel(ザイフェナー ティッペル)で本場のバームクーヘンを発見... 山小屋な外観 阿蘇をドライブしているときに「バームクーヘン」という文字につられて立ち寄ったお店。そう、僕はバームクーヘンが大好きなのです。 お店はなんていうかかわいいヨーロッパの家という感じで阿蘇にこれは・・と思わなくもないけれど、なかにはいってみるとかなりドイツっぽい感じに作られてい...
CAFE DE ROPE GINZA(カフェ ド ロペ銀座)のバタートーストは懐かしく新しい... THE PARK・ING GINZAと同時にオープンした地下にあるカフェ。1970年代に表参道にあったオープンカフェがもともとのイメージらしいのだが、そのときのことは知らない。 でも、地下にあるのに妙に開放的な感じはおもしろい。透明のアクリル板みたいなもので仕切られているのだが、お店の奥には使...
昭和が丸ごと残っているかのような立石のルミエールで待ち合わせをする... 夕方近くから飲める街である立石で待ち合わせをするにはうってつけのところが立石仲店商店街にあるカフェ・ルミエールという喫茶店。 もう昭和がまるごと残っているかのようなところで、全席喫煙可能なのとお手洗いも昭和仕様なのをのぞけば最高に雰囲気があっておもしろいところだ。 商店街のなかにお店が...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です