普段からずっと使い続けているので、これが旅行のときに必須のアイテムだということ、ブログの記事にしていないことをすっかり気づかずにいた。

電車や飛行機の移動って座席や空気とかからうけるの疲労もあるけれど、それと同じくらい周囲の音からうける疲労ってあるんだなと、これを使い始めて気づいた。とくに、飛行機での移動はこれがあるとないとでは全然、疲労度が違う。とくに、飛行機で寝るときにこれがあると深く寝ている。

僕はいつでも、どこでもすぐに寝られるタイプなのだが、騒音があると睡眠浅くなっていたんだなということに気づくくらい。

いままで愛用してきたQuietComfort3

ノイズキャンセリングは、いまでは各社から出ていて、一時期SONYのも利用していたのだけど、あれは体験版的なもので、耳栓みたいなものだなって思う。ということで、僕が愛用していたのはBose QuietComfort3というヘッドフォン。発売されてすぐに買ったのでもう5年くらいか。

結構雑な扱いをしながら、あちこち一緒に旅したなあ。その間、一度も壊れることなくイヤーパッドの交換くらいで済んでいたのはラッキーだったのかも。レビューサイトみたら、結構すぐ壊れるとか書かれているし。

で、最近になってBOSEのショップで新しいBose QuietComfort25を試してみたら、さらにすごい進化していて驚いた。外の世界との間に幕がはられたかのような感じで、自分の世界だけが静謐につつまれる。ヘッドフォンとしてもかなり優秀で小さな音までクリアにきこえるのは素晴らしい。QuietComfort3で不満に思っていた部分も解消されていた。

QuietComfort25

QuietComfort25のいいところ

  • 単四電池で35時間動く。
  • ノイズキャンセリング機能なしでヘッドフォンとしての利用も可能。
  • QuietComfort3に比べてもコンパクトさは変わらず。
  • 音漏れもなし。

弱点といえばイヤーパッドが大きいので夏場は蒸れそうなところか。今回は品質にひかれてなのだけど、もうひとつ後押しされたのはBOSE社の製品交換プログラムの存在。これって全然アナウンスされていないのだけれど、既存製品に対して、差額を払うことにより、修理交換扱いで上位機種への商品交換ができるというもの。

修理交換とはいえ、新しくやってきた製品には1年の保証がつくし、なにより普通に買い直すより全然安い。QuietComfort3から25への交換も新品購入の半額程度だった。携帯電話の下取り機種変更をメーカーが率先してやってくれている感じ。これなら、ずっと使い続けることになるよな。

インドやら、ヨーロッパ、果てはブータンやらブラジルまで一緒に旅したQuietComfort3との別れはちょっと寂しいものがあったけれど、今度は新しいヘッドフォンとの旅が楽しみでもある。

 

保存

Related Post

ボサノヴァ&コンパニアで買いものしてきた... このお店の左側にあるのがBeco das Garrafasの路地。まあ、見落とすだろう・・。 コパカバーナ地区の一角にBeco das Garrafas(ベコ・ダス・ガハーファス)というエリアがあって「酒瓶だらけの路地」という意味なのだが、1960年代にはここがリオデジャネイロで最もおもしろ...
【閉店】CAFE JUNKIESは台北カフェで最高に居心地がいい場所... すんごい迷うけれど、台北で一番居心地がよくて、落ち着くカフェってどこ?と訊かれたらここCAFE JUNKIESかなあ・・って回答すると思う。 僕が訪れたのは開店して間もない朝だったのだけど、外から入り込む光が店内を照らしていて、それはそれはとても気持ちのよい朝のひとときを過ごすことができた。...
GREENROOM FESTIVAL 2015に行ってきた 去年はじめて行ってみて、このユルい感じはリピート確実だなって思っていたのだが、実際に今年も行ってみた。 今年は5月23日、24日の開催。横浜の赤レンガ倉庫で行われた。 僕は23日の土曜日に行ったのだけど、夏を思わせるような暑い天気は最高の環境。 オフィシャルバーで水着の女の子!が売...
SONYのモバイルスピーカーで旅行先でも音楽を楽しむ... 旅行中のホテルの部屋にもどって音楽を楽しむのって、いい気分転換になるのでとても大切にしていることのひとつなのです。部屋で音楽聴きながら本読んだり、旅日記つけたり、手紙を書いたり・・というのが旅行中における至福の時間のひととき。 なので、旅行中に持ち運びが出来るスピーカーはあれこれ試していたのだ...
旅行だけじゃなく普段使いにも活躍するバッグハンガー「Clipa 2」はかなり優秀な一品。... 旅行のとき、現地で使うバッグはどこに行くかで結構違うのだけど、台湾や香港に行くときには薄手のトートバッグで出歩くことが多い。なんだか近所に買い物出てきたみたいな感じだ。そのせいなのか、やたらと道を聞かれたりマンション購入のセールスを受けることが多いのだけど。 そして、小吃のお店やレストランに入...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.