普段からずっと使い続けているので、これが旅行のときに必須のアイテムだということ、ブログの記事にしていないことをすっかり気づかずにいた。

電車や飛行機の移動って座席や空気とかからうけるの疲労もあるけれど、それと同じくらい周囲の音からうける疲労ってあるんだなと、これを使い始めて気づいた。とくに、飛行機での移動はこれがあるとないとでは全然、疲労度が違う。とくに、飛行機で寝るときにこれがあると深く寝ている。

僕はいつでも、どこでもすぐに寝られるタイプなのだが、騒音があると睡眠浅くなっていたんだなということに気づくくらい。

いままで愛用してきたQuietComfort3

ノイズキャンセリングは、いまでは各社から出ていて、一時期SONYのも利用していたのだけど、あれは体験版的なもので、耳栓みたいなものだなって思う。ということで、僕が愛用していたのはBose QuietComfort3というヘッドフォン。発売されてすぐに買ったのでもう5年くらいか。

結構雑な扱いをしながら、あちこち一緒に旅したなあ。その間、一度も壊れることなくイヤーパッドの交換くらいで済んでいたのはラッキーだったのかも。レビューサイトみたら、結構すぐ壊れるとか書かれているし。

で、最近になってBOSEのショップで新しいBose QuietComfort25を試してみたら、さらにすごい進化していて驚いた。外の世界との間に幕がはられたかのような感じで、自分の世界だけが静謐につつまれる。ヘッドフォンとしてもかなり優秀で小さな音までクリアにきこえるのは素晴らしい。QuietComfort3で不満に思っていた部分も解消されていた。

QuietComfort25

QuietComfort25のいいところ

  • 単四電池で35時間動く。
  • ノイズキャンセリング機能なしでヘッドフォンとしての利用も可能。
  • QuietComfort3に比べてもコンパクトさは変わらず。
  • 音漏れもなし。

弱点といえばイヤーパッドが大きいので夏場は蒸れそうなところか。今回は品質にひかれてなのだけど、もうひとつ後押しされたのはBOSE社の製品交換プログラムの存在。これって全然アナウンスされていないのだけれど、既存製品に対して、差額を払うことにより、修理交換扱いで上位機種への商品交換ができるというもの。

修理交換とはいえ、新しくやってきた製品には1年の保証がつくし、なにより普通に買い直すより全然安い。QuietComfort3から25への交換も新品購入の半額程度だった。携帯電話の下取り機種変更をメーカーが率先してやってくれている感じ。これなら、ずっと使い続けることになるよな。

インドやら、ヨーロッパ、果てはブータンやらブラジルまで一緒に旅したQuietComfort3との別れはちょっと寂しいものがあったけれど、今度は新しいヘッドフォンとの旅が楽しみでもある。

 

保存

Related Post

携帯電話のアラームはリスクがあるので、旅行中は目覚まし時計が必須です。... 旅行に限らず、みんな携帯電話のアラームを使っていて、たしかに手軽で便利だけど結構危ないよなと思っている。 それというのも僕のうっかりさもあり、携帯電話の目覚ましについては結構苦労しているのです。仮眠するとき、iPhoneのSiriに「(夜の)11時に起こして」とお願いしたときには、朝の11時ま...
【閉店】CAFE JUNKIESは台北カフェで最高に居心地がいい場所... すんごい迷うけれど、台北で一番居心地がよくて、落ち着くカフェってどこ?と訊かれたらここCAFE JUNKIESかなあ・・って回答すると思う。 僕が訪れたのは開店して間もない朝だったのだけど、外から入り込む光が店内を照らしていて、それはそれはとても気持ちのよい朝のひとときを過ごすことができた。...
香港のアップルストアでiPhone SEを買ってきた... 僕が使っている携帯について。普段はiPhoneで旅行の時にはAndroidを使っていることが多く二台持ちをしていた。しかし、この旅行の前に携帯キャリアを変えたこともありiPhoneを売ってAndroidだけになっていた。 そこで、香港に行くタイミングで円高になったこともあり、iPhoneを買い...
旅行になくてもいいけど、あると幸せなアイテム 5選... 旅行の持ち物っていつも迷っている。いろいろ持っていきすぎてつらいこともあれば、厳選しすぎて不便になったりもする。 僕がたどり着いたのは「好きなものだけを持っていく」というスタンスなのだが、そんななかで「なくても困らないけれど、あると旅が豊かになる」アイテムをいくつか紹介したい。 モバイル...
リオ セナリウム(Rio Scenarium)でナイトライフを楽しむ... ラパ地区 リオデジャネイロのセントロの端っこにあるカリオカ駅から水道橋のあたりはラパ地区(Lapa)と呼ばれていて、ここはライブハウスやレストランなどが軒を連ねていて、表通りは比較的治安がよく深夜までナイトライフが楽しめるエリアになっている。ホテルに関しても安宿はこの辺りに集中している。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です