空港内のセブンイレブンでSIMカードを購入
空港内のセブンイレブンでSIMカードを購入

前回の旅では、出国する出口のすぐ側にある両替所でSIMが売っていたので(詳しくはこちら)、それを購入したのだけど、今回の香港エクスプレスのフライトは時間が早く到着しすぎてそのお店すらあいていない状況。

なので、空港内のセブンイレブンまでいってそこでSIMカードを買った。CSLという香港の通信会社のもの。ここは小さい国ながらも日本以上に通信業界の競争が激しい。

このSIMカードのアクティベート方法や料金体系についてはChina Mobileと同じ程度のもの。あちらの方が少し安くてお得って感じはあるけれど。

CSLのSIMカード
CSLのSIMカード

しかし、僕の方では今回は携帯電話を新しくしたので(ASUSの安いのを買った)、ついに4G LTE通信に対応する端末。

3Gしか知らないと、まあこんなものだなってとくに不満はないのだが、4Gの通信速度を体験すると、これはすごいって感じになるな。CSLについては香港ではずっと4Gの電波をつかまえていて、上りの速度で3Mb/sくらいと、そこそこなのだが下り回線は27Mb/sとかなりはやい。なので、地図とかの検索もかなり便利だった。携帯電話新しくしてよかった。

SIMカードの100HKD(約1,500円)という金額は一泊二日の旅だとWiFiレンタルとさして変わりがない金額感ではあるけれど、手軽さってことでいえば僕としてはやはりSIM買う方だなっていうところ。

Related Post

香港国際空港で携帯のSIMを買う、香港ではSIMフリー携帯をもつのがベスト... 香港エクスプレスで羽田から到着。羽田を深夜に出て数時間寝て、気がついたら香港についているんだものな。値段的にも夜行バスで旅行しているみたいな感じがする。 しかし、言葉も通信環境も違うところについたわけで、さっそくSIMを探してみることにする。羽田から香港エクスプレスで空港に到着した場合、早朝に...
フォーチュン モールはモバイルガジェット好き聖地である... もはやサイアムのMBKはモバイルガジェット好きにとって唯一無比の聖地ではないと、ここに確信した日の出来事。 ラマ9世エリアにあるフォーチューンモールはモバイル&PC関連のショッピングモールとしてはかなり巨大で、新品の製品を求めるのであればこちらに来た方が確実にいいものが手に入る。 もはや...
ホーチミンの空港(タンソンニャット)でSIMカードを購入、通信事情など... ホーチミンの街中はどこのお店行っても、どんな安宿行ってもFree Wi-Fiのサービスがあるので、データローミングしなくてもそれなりに利便性が高い街になっている。空港とはえらい違いだ。 とはいえ、SIMフリーの携帯もっていればSIMをかなり安く購入することができるし、通信速度もそれなりに速いの...
香港B級グルメの王道、茶餐廳での朝食... ガイドブックなどには出てこないけれど、一部マニアックな人気がある香港の茶餐廳。ファミレスと喫茶店と定食を出す食堂があわさったような雑多な事業形態で朝から晩までずうっとやっている。 でも、店内に入ると観光客とかはまずいない。料金はかなり安くてお得なのだけど、なんだか不思議な料理のラインナップだか...
PMQ 元創方で新しい”メイドイン香港”をさがす... ラマ島の旅から戻ってきて、前から気になっていたPMQへ行ってみることにする。 中環からは、かの有名な世界一長いエスカレーターに乗っていき、終点付近で降りてソーホー界隈の細い道をあがっていくと古い建物をリノベーションしたPMQに到着。 19世紀末につくられた古い建物は、古くは孫文も通ったビ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください