銀座に来て、甘いものでも食べてひと休みというときにはジョエル・デュランに行くことが多いのだけど、今回は隣にあるピエール・マルコリーニに行ってみた。たぶん、世間的にはこちらの方が有名。

20130728-1225-32-0525あらかじめいっておくけれど、僕は権威とか人がいいっていうものに対して「あえて」ケチつけることによって、「自分は人と違うぜ」っていうアイデンティティを出すような人間ではなく、むしろちょっとミーハーなんじゃないかと思うということです。

ということで、前提条件のもとにピエール・マルコリーニのパフェを楽しみにして食べたのだけど、これははっきり言うと同じ値段でこれなら隣のジョエル・デュランをおすすめするということです。

20130728-1235-27-0526僕が食べたのが定番ではないレモン・パフェだからなのか?でも、高級感とか、チョコレートのおいしさだとジョエル・デュランと同じくらいかなって思うけれど、それでも越えることはないかな。お店の雰囲気とかは好みの問題はあるけれど、僕としてはウッディという名のものに薄暗いここより、開放的でちょっと面白いジョエル・デュランがいいなって思う。

滅多に東京に来ない人がチョコレートを食べたんですっていうなら、ここピエール・マルコリーニの方がわかりやすくていいと思うけれど、リピートして何度来ても楽しいというのであれば、圧倒的に隣にあるジョエル・デュラン行った方がおすすめです。

ここであれば、あえてお店に入らないで一階のカフェでアイス買って食べるくらいで充分じゃないかって思う。

ピエール・マルコリーニ銀座店

東京都中央区銀座5-5-8

Related Post

美瑛のコーヒー文化を支えているところ。「自家焙煎珈琲店 北工房」で夕方の時間を過ごす... ディナーのレストランへ向かう前にぽっかり時間が空いてしまった。宿に戻るには遠すぎるし、ディナーの時間には早すぎる。そこで見つけたのが北工房という喫茶店。すごく居心地のいいところですっかり寛いでしまった。 自家焙煎珈琲店 北工房へのアクセス JR美瑛駅から歩いて5-6分くらいのところにある...
奉茶來恁兜の二階にあるレストランへ行ってきた。... 台南にあるお茶のお店で有名な奉茶來恁兜は通りに面した一階には茶葉を売るお店とティースタンドがある。近くには古い日本家屋をリノベーションした十八卯茶屋のプロデュースもしていて人気のお茶屋さんなのだが、この二階にわりとひっそりとレストランがあることを知ったのでちょっと行ってみることにした。 一階の...
蜂大珈琲で阿里山コーヒーの豆を買う... 台北に着いてバスで市内に向かい、ホテルに荷物置いてからまず最初に向かったのは西門にある蜂大珈琲(前回の訪問はこちら)。 今回はカフェとして楽しむのではなく、阿里山珈琲の豆が欲しくて訪れた。ここでは、世界中の豆を取り扱っているのだけど、なかでも阿里山珈琲はこの店でぶっちぎりの高級豆で、前日までに...
海安珈琲(上環)の老舗カフェで昔ながらの香港の空気を感じる... 昔ながらの冰室のスタイルを守っている老舗の香港カフェ。「冰室」とは日本語で書くと氷室になると思うのだが、その名の通り氷を保管している冷たい部屋のこと。 1950年代のくらいの香港ではエアコンが珍しく、冰室のエアコンで涼みながら過ごす時間が流行っていたみたい。 でも、いまではこの古い「冰室...
カカオ豆からシンプルにチョコレートを作る、蔵前の「ダンデライオン・チョコレート」が楽しい... 蔵前にあるDANDELION CHOCOLATEへ行ってきた。ここは、シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作っているとか、古い倉庫をリノベーションした開放感あるお店の雰囲気とか、ブルーボトルコーヒーのチョコレート版みたいな感じがある。 と思ったら、ダンデライオン・チョコレートもブルーボ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください