ラマ島に来た目的のひとつは美味しい海鮮料理を食べること。香港で海鮮料理といえば、有名どころなのは他にもいくつかあるけれど、ここラマ島のレストランはのどかな漁港の風景を眺めながら食べるっていう雰囲気含めていいところだった。

ラマ島ってどこだよ!って話しはまた後日。

天虹海鮮酒家

中環からフェリーで40分、ラマ島の西側にある榕樹灣に到着。

そこからのんびりと散歩のようなハイキングを1時間くらいすると島の反対側にあるもうひとつの集落である索罟湾に到着する。とても小さな集落なので、中環からのフェリーの本数は少ない。

僕としては榕樹灣から腹ごなしの散歩しながらレストランについて、昼からビール飲んでシーフードを食べるというのは最高に気持ちがいいので、このルートをおすすめしたい。

ここでは水槽から魚を選んで「こんな感じの調理で」というオーダーができるのだが、そんな語学力もないし、普通にメニューあるのであれこれ頼んでみる。12時過ぎると賑わってくるけれど、それまではのんびりしたもので、ビールを飲みながら港を行き交う小舟を眺めていたりする。

そして、料理が登場。定番なのは海老料理。ちょっと高いなとも思うけれど、値段なりの価値はあるんじゃないかと思う。そして、なんかのコンテストで受賞した蜂蜜のソースを使った料理。これがまたビールがすすむ味。水みたいに薄いチンタオビールがまた料理にあう。

貝のスープなんかも出汁が効いていて、抜群の美味しさ。お粥でしめてすっかり満腹。索罟湾の界隈にはこれ以外にもいくつか海鮮料理を出すお店があるけれど、やはり定番のここは安心できるクオリティだと思う。

リピートするならともかく、どこか一軒ということであれば迷わず天虹海鮮酒家を選択するだろうな。

天虹海鮮酒家 – Rainbow Seafood Restaurant
住所:香港南Y島索罟湾第一街1A‐1B, 23-25号
時間:10:00-22:00(土日23:00)

Related Post

まつだい農舞台の里山食堂でランチビュッフェ... 前回きたときには、上郷クローブ座でのランチがあったためここでは食事をとれなかったのだが、地元の食材をつかったランチビュッフェが気になっていたので、今回ようやく来ることができた。1年越しの訪問となる。 前回の訪問:まつだい農舞台と里山食堂のカフェ まつだい農舞台という地域の交流施設のなかに...
威記粥店(中環)で昔ながらの香港な雰囲気の朝食... 空港から中環のミニホテル セントラルに着いて、チェックインまで相当な時間があるので、荷物を置いて朝食を食べに出かけるとする。 週末の早朝、中環の街は静かな朝。向かったのはお粥を出す老舗の威記粥店(Wai Kee Congee Shop)というお店。 威記粥店(Wai Kee Congee...
すずらんのラーメンは値段以上の価値がある... 恵比寿新聞ですこし大げさなんじゃないか?と思えるくらいの記事をみかけて、でもやはり美味しそう・・という誘惑に駆られて訪れたところ。(恵比寿新聞:全て手作り!素材に対する愛が究極すぎる恵比寿に引っ越ししてきたらーめん「すずらん」) 写真も説明も恵比寿新聞の方がしっかりしているので、そちらをごらん...
品川のウルフギャング・パックは手軽で無難なビジネスランチに向いている... まず大事なこととして、「ウルフギャング・パック」と「ウルフギャング・ステーキハウス」は全く別のお店であるということ。 かといって、「ウルフギャング・パック」はあざとい偽物ということではなく、アメリカ料理を変えた料理人として高名なシェフであり、アメリカ国内で自分の名前を冠したレストランを経営して...
Feel Myanmar Food – ヤンゴン郊外にあるカジュアルで清潔なレストラン... ヤンゴン国際空港から市街地に向かう途中にランチで立ち寄ったレストラン。ちょっと裏通りな雰囲気の道路に車がびっしりと路駐されていて、みんなこのレストランのお客さんなのだとのこと。 ということで、ヤンゴンでも富裕層に人気な Feel Myanmar Foodレストランは、安全においしくミャンマー料...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください