PMQラマ島の旅から戻ってきて、前から気になっていたPMQへ行ってみることにする。

中環からは、かの有名な世界一長いエスカレーターに乗っていき、終点付近で降りてソーホー界隈の細い道をあがっていくと古い建物をリノベーションしたPMQに到着。

19世紀末につくられた古い建物は、古くは孫文も通ったビクトリアン・カレッジという学校であったという。その後、警察宿舎になりいまでは香港のトレンドを牽引するような場所になっている。ちなみに、PMQってなんのことかと思ったら「Police Married Quarters」の頭文字をとったものだということ。そこ、そのままにしているんだ。

PMQPMQPMQ

前回の香港で訪れたJockey Club Creative Arts Centre (JCCAC)よりも、ちゃんと商業的な運営がされていて、しっかりとしたメイドイン香港のトレンドをみて、買うことが出来る。ショッピングのスポットとしても楽しい。

海外だとたまにこういうショッピングモールと個人店の集合体みたいな場所をみかけるのだが、東京だとあまり見かけない。あえていえば渋谷の109とかになるのだろうか。PMQの方はごく一部のターゲットにのみって感じではなくて、もっと幅広く楽しめるスポットになっている。ショップ、レストラン、中央の広場は屋根がついたイベントスペースになっている。

PMQPMQPMQ

古い建物に新しい価値観が入ってきているという感覚もまた楽しい。別に買う予定がなくてもあちこち見てまわるだけでも結構楽しめる。

ところで、中央広場にかかげられていたこのメッセージが妙に記憶に残っていた。

“Happiness is only real when shared.”
幸せは分かちあえたものだけが、ほんものである。

最初はPEANUTSの”Hapiness is…”の類いかなとか思っていたのだけど、あとでしっかり調べてみたら全然違った。

PMQ

“Into the Wild”という話しに出てきた一文であり、あんなにも壮絶な世界で語られていた言葉だったとは。すごいポップな言葉で書かれているぶんだけ、より深くイメージに残っている。

PMQ元創方
住所:35 Aberdeen Street, Central
時間:7:00-23:00(ショップ毎に異なる)

Related Post

香港での朝食、羅富記粥麵専家で食べるのもよい... 香港の中環はオフィス街で土曜日の朝は殺風景なものなのだが、そんなところで朝から営業しているお店がある。 羅富記粥麵専家は、ずいぶん古くから変わらず営業しているお店で、朝7:00から営業しているので朝食で利用するのがおすすめだし、23:00までやっているので、たとえば蘭桂坊(ランカイフォン)あた...
TOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきた すごい久々にTOKYO DESIGN WEEKへ行ってみることにした。何年ぶりだろうか。外苑の絵画館の前にひろがる芝生の広場が会場になっている。普通に散歩したって気持ちのよい秋の日曜日、素晴らしく晴れた午後に訪れた。 外苑の銀杏並木はまだ緑 最近、地方でも開催されるようになったアートイ...
Cupping RoomのNitro Coffeeは全く新しい飲物である... PMQからほど近いところにあるカフェ。コーヒーが美味しくて有名なところで15:00過ぎにいったら店内は満席だった。 香港といえば、例えば美都餐室みたいな、出てきた時点でミルク入っているインスタントコーヒー、みたいなイメージだったのだけどすっかり変わったようだ。 ここでのおすすめは...
小布施 竹風堂の栗おこわは絶品 小布施というと栗が有名で、この街随一の名門である小布施堂の家紋もかわいい栗マーク。 秋になればモンブランを求めて長蛇の列なのだが、そんな小布施には他にも栗を味わえるお店がいくつもあって、今回はそのなかで竹風堂の栗おこわを買って食べてみた。 8月といえば、栗はもうシーズン外なのだけど、ここ...
The Chonabod – タイらしいデザイン雑貨があるお店... プラナコーン ノーンレンに泊まっているときには必ず訪れているお店。お土産物にも自分用にも可愛くて面白いものが手に入る。 場所は、カオサン通り西側に接しているサムセン通りを北に進んでいき、プラナコーン ノーンレン近くまで行ったあたり。いかにもバンコクの下町風情が残っていて、このあたりは散歩をして...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください