PMQラマ島の旅から戻ってきて、前から気になっていたPMQへ行ってみることにする。

中環からは、かの有名な世界一長いエスカレーターに乗っていき、終点付近で降りてソーホー界隈の細い道をあがっていくと古い建物をリノベーションしたPMQに到着。

19世紀末につくられた古い建物は、古くは孫文も通ったビクトリアン・カレッジという学校であったという。その後、警察宿舎になりいまでは香港のトレンドを牽引するような場所になっている。ちなみに、PMQってなんのことかと思ったら「Police Married Quarters」の頭文字をとったものだということ。そこ、そのままにしているんだ。

PMQPMQPMQ

前回の香港で訪れたJockey Club Creative Arts Centre (JCCAC)よりも、ちゃんと商業的な運営がされていて、しっかりとしたメイドイン香港のトレンドをみて、買うことが出来る。ショッピングのスポットとしても楽しい。

海外だとたまにこういうショッピングモールと個人店の集合体みたいな場所をみかけるのだが、東京だとあまり見かけない。あえていえば渋谷の109とかになるのだろうか。PMQの方はごく一部のターゲットにのみって感じではなくて、もっと幅広く楽しめるスポットになっている。ショップ、レストラン、中央の広場は屋根がついたイベントスペースになっている。

PMQPMQPMQ

古い建物に新しい価値観が入ってきているという感覚もまた楽しい。別に買う予定がなくてもあちこち見てまわるだけでも結構楽しめる。

ところで、中央広場にかかげられていたこのメッセージが妙に記憶に残っていた。

“Happiness is only real when shared.”
幸せは分かちあえたものだけが、ほんものである。

最初はPEANUTSの”Hapiness is…”の類いかなとか思っていたのだけど、あとでしっかり調べてみたら全然違った。

PMQ

“Into the Wild”という話しに出てきた一文であり、あんなにも壮絶な世界で語られていた言葉だったとは。すごいポップな言葉で書かれているぶんだけ、より深くイメージに残っている。

PMQ元創方
住所:35 Aberdeen Street, Central
時間:7:00-23:00(ショップ毎に異なる)

Related Post

一澤帆布と㐂一澤帆布 シタディンに荷物をおいてバスで向かったのは一澤帆布。一時期は信三郎帆布という名前ですぐ近くに店舗があったりしたこともあるが、いまではもとの場所に戻っている。 昔は本当にシンプルな品揃えで分厚い生地で無骨な帆布バッグばかりだったのだが、信三郎帆布を経ての一澤はラインナップに幅がでてきて、僕はこう...
ボサノヴァ&コンパニアで買いものしてきた... このお店の左側にあるのがBeco das Garrafasの路地。まあ、見落とすだろう・・。 コパカバーナ地区の一角にBeco das Garrafas(ベコ・ダス・ガハーファス)というエリアがあって「酒瓶だらけの路地」という意味なのだが、1960年代にはここがリオデジャネイロで最もおもしろ...
中之条ビエンナーレ2015 – 四万温泉エリア編... 積善館 2015年の中之条ビエンナーレ。四万温泉にやって来た。 以前のビエンナーレでは積善館のなかまで開放していて結構楽しかったのだが、いまは入口にある小さな建物くらいで、ちょっと規模が小さくなっちゃったなというところ。 しかし、「千と千尋の神隠し」のモデルを自称するだけあって趣...
台北のL’occitaneは立ち寄る価値あり... 鼎泰豐は今回泊まっていた丹迪旅店の大安店からほど近いところにあって、腹ごなし的にホテルまで歩いて10分くらいの道のりを帰っていたのだが、ロクシタンの路面店があって入ってみた。 日本のロクシタンって、モノがいいのはわかるけれど、商売根性の浅ましさがあまり好きになれないところがあり足が向かないのだ...
エスカダリア ド セラロンはリオデジャネイロの新名所、美しい階段は必見... ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。 「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください