2015305102411016000 x 4000ガイドブックなどには出てこないけれど、一部マニアックな人気がある香港の茶餐廳。ファミレスと喫茶店と定食を出す食堂があわさったような雑多な事業形態で朝から晩までずうっとやっている。

でも、店内に入ると観光客とかはまずいない。料金はかなり安くてお得なのだけど、なんだか不思議な料理のラインナップだから・・ということもあるのかもしれない。麺料理とかは完全にインスタントのものだし、これがあの香港のグルメなのか!って思うくらいじゃないかと。

とはいえ、こういうのも香港。ある意味、地元の味っていえるかも。料理のラインナップはびっくりするくらい豊富。日本では考えられないような組み合わせのものもあったりする。ラーメンみたいなものの麺がマカロニだったりするのもあるんだけど、僕は無難に普通の料理にする。あえて、そこまでチャレンジすることもないかなと。

店内
店内

2015305101211016000 x 4000

この茶餐廳、香港中どこにでもありそうな感じなのに、特定のエリアに密集している。一番行きやすいのは重慶マンションの裏側あたりのところかなあ。

今回、僕が訪れたのもそんななかのひとつ。ショップカードとかそんなものもなく、お店によってすごく特徴が違ったりすることもないので、香港の人ってどんなの食べているんだろ?ってご興味あればこのあたりで目についた茶餐廳に入ってみられることをおすすめします。

Related Post

金仙魚丸分店もまた迪化街らしい小吃のお店... 台北で最も古い街である迪化街。ここには色んな小吃のお店があって食べ歩くのが楽しい。朝からやっている分早くしまるお店が多い。なので、ここは朝食にはうってつけの街。民樂旗魚米粉湯の隣にあって気になっていたお店にも行ってみることにした。 一緒にいる人からは「お前、朝食から食べ歩くとか正気か」と思われ...
鏞記酒家(ヨンキー)ではガチョウのローストとご飯を食べるべし。... 古くからある老舗の広東料理レストランだけど、遺産相続でもめていつ閉店するかなんて噂もあって気になっていたところ。でも、全然閉店しそうになくて普通に営業していたし、2018年現在も通常営業中ではある。 場所は香港島のセントラル地区で蘭桂坊からも近く、陸羽茶室とは一本通りが違うくらいの距離。今回泊...
香港での朝食、羅富記粥麵専家で食べるのもよい... 香港の中環はオフィス街で土曜日の朝は殺風景なものなのだが、そんなところで朝から営業しているお店がある。 羅富記粥麵専家は、ずいぶん古くから変わらず営業しているお店で、朝7:00から営業しているので朝食で利用するのがおすすめだし、23:00までやっているので、たとえば蘭桂坊(ランカイフォン)あた...
池記(尖沙咀)で定番のワンタンを食べる... ホテルでひと休みして早めの夕食がてら、ミシュランガイドにも掲載されたことがある池記でワンタンを食べてきた。お店は旺角や銅鑼湾、空港などにもある観光客にもおなじみのお店。なかでも尖沙咀にあるのがもっとも行きやすいところにあると思う。観光客も多いエリアなので旅行者慣れしていて、やや観光地価格ではあるが間...
阿憨鹹粥の虱目魚肚粥は台南で最高の朝食のひとつ... 台湾でよくみかける魚である「虱目魚」。サバヒーと呼ばれる魚で鯖の仲間かと思ったら全然違うらしい。ミルクフィッシュと呼ばれる白身の魚で熱帯から亜熱帯にかけて生息する魚であるということ。でも、味も大きさも鯖に似ていると思う。 阿憨鹹粥はサバヒーを使ったお粥をだすお店で、地元でも名店のひとつ。ガイド...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください