香港でカルト的な人気を誇っている萬沸寺。写真をみせてもだいたいは「まあ・・面白そうなところだよね」という反応で終わるわけだ。

しかし、ホーチミン シティでは狂ったディズニーランドともいわれているスイティエン公園にも行き、この香港の珍名所ともいえる場所へ行ってみることにした。ちなみに、数年前にも行ったことがあるので、これで二回目。

萬沸寺尖東駅からシンセン方面に向かう地下鉄に乗って30分くらい。香港ってこんな田舎あったのかって思えるくらい郊外の小さい町まで移動する。

以前に来たときにはシンセンから香港へ買い出しに来る人で電車はかなり混雑していたのだけれど、今回は拍子抜けするくらい空いている。もはや香港への買い出しブームは去ってしまったのだろうか。

沙田駅までは30~40分くらい。完全に郊外型の町で、僕のなかでは山手線の田端駅みたいだなって思えるところ。駅から萬沸寺の入口までは5~6分程度。ショッピングモールの裏手に回り込むようにして歩いて行く。

萬沸寺の参道入口
萬沸寺の参道入口

行き止まりの道の脇にあるフェンスの裂け目みたいなところから寺院への道が続いているのだけれど、はじめて来たときは「絶対ここじゃない」感があるようなところなので勇気をもって進んでみてほしい。

前は表通りの金網のところにお寺の名前書いたボードがはり付けてあったのだが、いまではなくなっていた。

人の家の裏庭みたいなところを抜けるとお寺の入口が見えてくる。ここまで来るとあの、不思議な仏像達が見えてくるのである意味安心できるけれど、なんだあれっていう不安感もある。

なお、たまに坂の入口付近に二人組くらいの僧侶が寄付を募っているのだけれど、これ偽物なので気をつけること。お金を払ってもいいことはない、払わなくてもちょっと文句いわれるけれど、それはもうホトケの気持ちで受け流すしかない。しかし、この本物かよみたいな仏像に囲まれたお寺でお賽銭ねだる偽物僧侶とかちょっとすごい。

ここから細い坂道を15分くらい。両側にはずうっと仏像が置かれている。萬沸寺だけに。しかし、どれひとつとしてまともなものはない。思いつく限りのアホを表現している感じがする。感覚的にはそうだな、8~12歳くらいの男子の思考回路って感じ。

萬沸寺萬沸寺萬沸寺

萬沸寺萬沸寺あまりにもバリエーションが豊なので、自分好みの仏像を探すのも楽しいと思うけれど、選びきれないって感じもする。

なお、坂をあがっていくとより極端になるとかクライマックスがあるとか、そういうのはない。淡々とおかしな仏像が並んでいる。たとえ、具合が悪くなって坂の途中で引き返すことがあったとしても、それほど後悔することはないんじゃないかって思う。

頂上にはちょっと大きめのお寺が。あれだけおかしな仏像みてきたのに、本堂は比較的普通。僕としてはイスラムの人たちがきゃあきゃあと写真を撮りまくっていたのがすごい不思議な感じもした。偶像崇拝を禁じているイスラム教の人たちにとって、この意図がわからない偶像だらけの宗教施設ってどうみえるのだろうか。

萬沸寺

そして、あれだけ写真撮影のスポットを大量に提供しておきながら、頂上にある一部のものは撮影禁止です。しかし、撮影禁止のことに対して全然後悔もわかないところなのだけど。ちょっと仏像酔いしてくるくらいだ。頂上からみえる風景は結構きれい。気持ちがいいし、ちょっとしたカフェっぽいところもあるので時間があればゆっくりするのもいいんじゃないかと思う。

ハッキリいうと(いわなくても)、ものすごく行く人を選ぶところだけれど、こういうところを選択する人とは仲良くなれそうな気がするなって思っている。

せっかく美人が用意されたのに、すっごい盛り上がらない合コンみたいだな、これ。
せっかく美人が用意されたのに、すっごい盛り上がらない合コンみたいだな、これ。

萬沸寺
住所:沙田 排頭街

Related Post

龍安寺がもつ楽しさを確かめに行く 京都を旅していてもお寺巡りなどもあまりないこのブログなのだけど、ひさびさに龍安寺を訪れてみた。 冬の朝の龍安寺はまさに「冬は、つとめて。」の世界のよう。静かで人気のない境内や庭園を心ゆくまで眺めることができる。行くならば朝イチで行くのがよい。 龍安寺へのアクセス 市バスで向...
クーハーカルハット宮殿に行ってきた(行き方地図つき)... ずっと前に見かけたTRANSITのタイ編や、トラベルハックの記事でみつけた洞窟の中にある不思議な風景の寺院。 いろいろ調べてみると、ホアヒンからそう遠くないところにありそうだったので、行ってみることにした。ネットの記事では結構簡単に行けそうな感じだったが、必ずしもそうではないと思う・・・。 ...
神農街の散策 前回の台南旅行では、まさかこんなにも盛りだくさんに楽しい街だなんて思いもよらず、短い滞在時間の惜しんで帆布バッグを買ったりしていた。 今回の旅では前回よりかは時間があるので、夜の散歩に出てみることにした。 正興街から徒歩15分くらいのところにあるのは新農街というところ。ここは古い町並みと...
【立ち入り不可】近未来感があるのに懐かしい雰囲気がある、香港の「超密集住宅」をみてきた。... 香港らしい建物が入り組んで密集した風景といえば、かつては九龍城砦だったり、尖沙咀にある重慶大厦の四階から入り込む風景とか、いろいろとある。 そんななかで、最近注目されているのは、鰂魚涌(クオリーベイ)と太古(タイクー)の間にあるマンション群で「海景樓」「福昌樓」「海山樓」「益昌大廈」「益發大廈...
安平古堡&安平老街の散歩 台南での観光地といえば、安平エリアのことらしい。僕はあまり予備知識なきままに来てしまっていたのだが(帆布バッグがメインだった)、twitterでも教えてもらい来てみることにした。 同記安平豆花でも書いたけれど、台南の市街地からはタクシーでのアクセスが楽でおすすめ。同記安平豆花の二号店に車をつけ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です