九龍の尖東エリア、重慶マンションの裏手の方へ行ったあたりにある小さなカフェ。シングルオリジンで一杯ずつドリップしたコーヒーを楽しむことができる。

シングルオリジンのコーヒーは日本と比較してもちょっと高いと思わないわけではない。でも、この街でちゃんとした美味しいコーヒーを飲めるってことがどれだけ貴重なことか。いままで僕が見つけられなかっただけかもしれないが。そして、香港まできてコーヒーじゃないだろって話しなのかもしれないけれど。

店内はあまり広くなくて、結構混み合っている。ちょっとしたフードの提供もしているけれど、フードに関してはあまり注目するようなものはなかった。コーヒー豆の販売もしているのだけど、この街に住んでいるわけではないのであれば、あえてここで買うほどかなあって感じはする。

しかし、出てくるコーヒーはちゃんと美味しい。朝にはカフェインいれて目を覚ますかっていうときには貴重な存在。尖沙咀のあたりに滞在していれば是非とも訪れてみてほしい。

N1 Coffee & co
住所:尖沙咀麼地道34號地下G舖
時間:8:00(日曜日は10:00)-22:00

Related Post

神保町の蔵で贅沢な時間を珈琲と過ごす... 丸香でうどん食べて、一息つきたいときによく行くところ。コーヒーといえば、チェーン系のお店で300円くらいで飲むこともできるけれど、あれはどちらかというと不動産業みたいなもので、300円で一息つける場所を確保しているような気持ちになる。 神保町にある蔵という喫茶店は、神保町から水道橋方面にすこし...
ひさびさのCafe Shozoへ行ってきた 2年ぶりくらいに、ひさびさに黒磯市内の方のCafe Shozoへ行ってきた。すごく好きな場所なのだけど、行くタイミングって結構重要だなと思っているところ。 黒磯の街自体はどうってことのない地方都市なのだが、このカフェがある通り数百メートルはちょっと違う世界観がある通りになっている(さらにその合...
いづみや珈琲 – すごい魅力的なお店に出会ってしまった... 佐賀に住んでいる友人に連れてきてもらったお店なのだが、すごい魅力的なお店に出会ってしまった。この旅でもっとも印象深いところのひとつ。 お店は佐賀市の郊外にあって、一見すると工場のような雰囲気。入口の扉をあけると、焙煎室があり、コーヒー豆の袋があちこちにおかれている。ジャンルは違うけれど、台北で...
カフェ ドロール中目 – 落ち着いて休めるカフェ... アパレルとかも展開しているブランドがやっているカフェ。「ドロール」には「おもしろい、こっけい、ひょうきん」という意味があるみたいだが、そんな風情はお店にはなくて、いい意味でちゃんとしたカフェだと思う。 同じビルの5階にあるビストロハムサもお気に入りなのだが、混んでいることが多いので、そうしたと...
海安珈琲(上環)の老舗カフェで昔ながらの香港の空気を感じる... 昔ながらの冰室のスタイルを守っている老舗の香港カフェ。「冰室」とは日本語で書くと氷室になると思うのだが、その名の通り氷を保管している冷たい部屋のこと。 1950年代のくらいの香港ではエアコンが珍しく、冰室のエアコンで涼みながら過ごす時間が流行っていたみたい。 でも、いまではこの古い「冰室...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください