週末を香港で過ごしてきた。今回の旅、すごくコントラストのはっきりした旅になった。

せわしなく喧噪の香港島。それとは時間の流れが異なるようなラマ島。大騒ぎしていた蘭桂坊での夜と、なんだか時空のゆがみみたいな萬沸寺の羅漢像

でもやはり、今回の旅の発見はラマ島。これにつきる。

ラマ島
ラマ島
ラマ島

瀬戸内海の小さな島を巡っていても思うのだが、この空気感や時間の流れは実際に体験したものだけが楽しめるものだと思う。車が走っていないというだけでこんなにものどかなのかと。

途中で食べた建興亜婆豆腐花の豆腐花のさっぱりとした甘みもいいし、ラマ島ハイキングの終点である天虹海鮮酒家で港を眺めながら飲んだビールも美味しかった。そして、ちょっと時間つぶしによったbebe vのカフェものんびりしていてよかったなあ。

香港、じつはもう次の予定の航空券を買っているのだが、またラマ島に行こうか悩んでいるくらいだ。

天虹海鮮酒家

今回の旅では香港島側に宿泊。ibisホテルに泊まったのだが、どこに行っても一定以上の品質でサービスが提供されている安心感がある。とりたてて個性があるようなホテルではないけれど、雰囲気は好き。

そして、香港島のトラムをこんなにも乗りこなした旅もなかったなと思う。香港島に滞在していると、このトラムの便利さに気づく(バスは複雑だし、地下鉄は階段降りるのが面倒)。

前回の香港旅では行きそびれたPMQに行くことができた。新しい香港のデザイナーとかがつくる雑貨やアート作品を見てまわれるのはJCCACよりも分かりやすくて楽しい。

LCCで荷物制限された旅でなかったらあれこれ買ってしまっていたかもしれない。LCCでの旅には物欲を抑える効果もあることに気づく(前回同様、香港エクスプレスの超格安チケットでの移動)。

PMQ
PMQ
PMQ

そして、コーヒーの美味しいお店を見つけられたのも今回の旅の発見だな。

Cupping RoomのNitro Coffeeは黒ビールみたいな濃厚さだし、N1 coffeeのシングルオリジンは「香港といえば強制的にインスタンコーヒーに砂糖投入」という香港に対する僕の偏見を見事に覆す美味しさだった。

N1 coffee

料理については、天虹海鮮酒家のシーフードは抜群。値段高いだけのことはあるなって思う。橋底辣蟹も美味しかったけれど、ここは大人数で行くところだな。旅の帰り際で食べた添好運の点心も抜群に美味しかったなあ。定番だけではなく、コンテンポラリーな料理も好き。

添好運の酥皮焗叉燒包

最後に蘭桂坊でハロウィンを過ごす場合の注意点について。よほどの祭り好きでないと、この夜に蘭桂坊で過ごすのはやめた方がいいと思う。

僕は普通に週末を飲んで過ごしたいだけだったので、この時期に香港行くのはもうパスしておこうかなって思った次第。

この旅の記録:週末ハロウィン香港旅(2015年10月)

保存

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です