年末の昼過ぎから鎌倉をちょこっと日帰りで散歩みたいな旅してきた。僕にとっては鎌倉って近すぎてなかなか行かないところだけれど、なんだろう、色んな要素があって面白いところだった。

ただし、年末の時期に行くには寒い。もっと光の強い時期に改めて行ってみたいところ。

まずは、鎌倉駅から江ノ電に乗り換えて長谷へ向かう。観光シーズンはこの駅の乗り換えもままならないらしいけれど、年末の平日であれば混雑はそれほどでもない。

それにしても、江ノ電乗ったのって本当に子供の頃の記憶にあったかどうかってくらいだ。

長谷駅からは緩やかな坂道をのぼり橋を渡っていく。僕は駅の名前から「鎌倉の大仏は長谷寺にある」って勘違いしていたのだが、大仏はその近くにある別のお寺「高徳院」に安置されていることを知る。おれはなんてものを知らないのだ・・、と自分に驚くくらいだ。

鎌倉の大仏

高徳院のすぐ手前にはお土産物屋さんがあるのだが、ここは知る人ぞ知る有名な武器屋であるとのこと。たしかに、鎧兜だけじゃなくて西洋刀みたいなものとかロールプレイングゲームの武器屋みたいな感じになっている(見た目はお土産物屋だけど)。鎌倉・・色々楽しそうだな。

さて、大仏。いつ頃に建立されたのか定かではないものの13世紀には記録に残っている。もともとは奈良の大仏と同じように大きな大仏殿に覆われていたのだけど、大風(台風?)によって倒壊してしまいそれからはいまの状態になっているとのことを教えてもらう。写真とかでも、いまの青空の下にある状態に見なれているので(はじめて見たのだけど)、なんだか奈良の大仏みたいに建物にある状況が似合わないとか思ってしまう。

鎌倉の大仏

それにしても、一番驚いたのはこの大仏、なかに入れるのか!ということ。後ろにまわりこむと背中に通気口があいているのだが、なんだかちょっとロボット感がある。そして、丸い背中がちょっとかわいい。

大仏の背中
大仏の背中
大仏の胎内
大仏の胎内

大仏の中にはいることは胎内にはいるということで、別料金なのだけど、これは入ってみてもいいと思う。

ただし、入口入ってすぐはあまりの暗さに驚く。とりわけ僕は暗いところで目がきかない方みたいで、びっくりするくらいの暗闇に向かい側から来る人とぶつかったりしてしまった。胎内は背中の通気口からちょっとだけ明るくなっているので一安心。

のんびりと周囲を散歩するのも楽しそう。今回はあまり時間がなかったのだけど、改めて季節を変えてみるのもいいなと思えるところだった。

なお、2016年1月13日~3月10日までは補修工事のため、大仏の拝観は中止されている。

鎌倉大仏殿高徳院
住所:神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
時間:8:00-17:30(10~3月は17:00)

Related Post

秋の鎌倉、円覚寺の紅葉を観にいく 鎌倉を代表する寺院のひとつで北鎌倉駅を降りると、そこがもう寺院の敷地のなかになっているという広大な場所。 春は桜、秋は紅葉と季節による美しさが際立っている。今回は秋の紅葉シーズンに来てみたのだが、少し時期遅れにも関わらず賑わっていて、そして美しい庭園が印象的。京都にいるかのような感じがあった。...
安平樹屋(Anping Treehouse)、ガジュマルに覆われた建物が幻想的でフォトジェニック。... 誰がいったかラピュタのような雰囲気をもったガジュマルに覆われた、朽ち果てた古い建物。アンコール遺跡群のタプロームに行くよりも手軽にその雰囲気を味わえるといえばそうかもしれない。 ということで、台南の旧市街から安平エリアにやってきた。このあたりは古い台南の前線基地のようなところがあり、安平古堡な...
ひさびさに中世記念堂へ行ってみた ここへ来る前に、ランチに杭州小籠包へ行っていたのだが全く写真を撮っていなかった。あまりに美味しかったからというよりかは案内に忙しかったからというところ。 そのあと、お店の向かい側にある中正記念堂へ行きたいというので、ものすごいひさびさに行ってみることにした。修学旅行みたいな旅行だな。 中...
善光寺参りをしてきた。2016年冬編。 松本から長野までやって来て、ここは外せないというところは善光寺参り。 無宗派で有名なお寺だが、その理由は「日本でその後わかれる各宗派ができる以前からあるお寺だから」だという。 長野に来ると、おやき食べつつ来ているお寺で、のんびりしたところだなとか思っていたのだが、そんな古いお寺だったのか...
篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅... 安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。 なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください