高徳寺から少し駅に戻ったところにある長谷寺。僕のなかでは鎌倉でお寺といえば長谷寺という印象だったのだが、たぶんはじめて訪れたと思う。

境内にはふわふわの毛皮みたいなつぼみがなっている木があり、これがなんだかかわいい。あとで調べてみたら白木蓮のつぼみだったのかと知る。ずいぶんと長いことつぼみのままに冬を越してあんなにも美しい花が咲くのか。白木蓮が咲く季節に訪れるのもよさそうだな。

長谷寺からの風景

山の斜面につくられた長谷寺の境内は坂道をのぼるように進んでいく。なによりきれいだと思ったのは長谷寺からみる鎌倉の風景。遠くから眺めるとジオラマのようだ。あのあたりが駅で、そこから海までこんなにも近いのかとか、本当に三方を山に囲まれて、正面は海という要塞みたいな街なのだなとわかる。そして、前に眺めた鞆の浦の風景みたいだな。あれも美しい風景だった、懐かしい。

長谷寺からの風景

長谷寺からの風景本尊は十一面観音菩薩像という大きな像(写真撮影は禁止)。菩薩像というと、性別はないものらしいのだけど、なんとなく中性的よりも女性っぽい印象をうける。

これは僕がみたときの気持ちの問題なのかもしれないけれど、ずいぶん女性っぽくて美人な菩薩像だなと思っていた。

冬の時期は人も少ないのでゆっくりと見てまわれるのがいい。でもまあ、彩りのきれいな季節に改めてきてみたいなって思うところではある。

長谷寺
住所:神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
時間:8:00-17:00(10~2月16:30)

Related Post

エスカダリア ド セラロンはリオデジャネイロの新名所、美しい階段は必見... ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。 「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロ...
中之条ビエンナーレ2013(六合編) 季節はすっかり秋めいてきて、芸術の秋っていう雰囲気。 ということにつられてってことではないのだが、群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観に行ってきた。僕のなかでは、数ある地方芸術祭のなかでは最も好きなもののひとつ。 美しい秋の里山風景とともにホスピタリティを感じ...
成田で迫力ある飛行機の写真を撮るなら「さくらの山公園」がおすすめ... 成田空港で迫力ある飛行機を眺めたいなあ・・と思っていて、前から気になっていた「さくらの山公園」に行ってきた。 「恋する豚研究所」からは、車でほぼ道なりに10分程度と結構近い(ので、両者はセットでの訪問もおすすめ)。 成田空港のA滑走路の端にある公園で、高台になっているので、離陸準備の飛行...
アートアクアリウム2016へ行ってきた。... このブログをはじめるより前から、夏になると行っていたアートアクアリウム。2016年で10周年らしい。そんなにやっていたのか。 金魚をアート作品として宝石を眺めるようにみせるというのはすごく斬新でおもしろい。 過去のアートアクアリウム アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみて...
ニテロイ現代美術館へ行ってきた リオデジャネイロでもっとも来てみたかったところのひとつ。現代美術とか現代建築が好きな人にはたまらないところ。 リオデジャネイロの市街地からはちょっと遠いけれど、公共交通機関を使って手軽に行くことができる。 美術館はリオデジャネイロ郊外のニテロイ市にあるため、行き方としてはセントロからグア...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください