高徳寺から少し駅に戻ったところにある長谷寺。僕のなかでは鎌倉でお寺といえば長谷寺という印象だったのだが、たぶんはじめて訪れたと思う。

境内にはふわふわの毛皮みたいなつぼみがなっている木があり、これがなんだかかわいい。あとで調べてみたら白木蓮のつぼみだったのかと知る。ずいぶんと長いことつぼみのままに冬を越してあんなにも美しい花が咲くのか。白木蓮が咲く季節に訪れるのもよさそうだな。

長谷寺からの風景

山の斜面につくられた長谷寺の境内は坂道をのぼるように進んでいく。なによりきれいだと思ったのは長谷寺からみる鎌倉の風景。遠くから眺めるとジオラマのようだ。あのあたりが駅で、そこから海までこんなにも近いのかとか、本当に三方を山に囲まれて、正面は海という要塞みたいな街なのだなとわかる。そして、前に眺めた鞆の浦の風景みたいだな。あれも美しい風景だった、懐かしい。

長谷寺からの風景

長谷寺からの風景本尊は十一面観音菩薩像という大きな像(写真撮影は禁止)。菩薩像というと、性別はないものらしいのだけど、なんとなく中性的よりも女性っぽい印象をうける。

これは僕がみたときの気持ちの問題なのかもしれないけれど、ずいぶん女性っぽくて美人な菩薩像だなと思っていた。

冬の時期は人も少ないのでゆっくりと見てまわれるのがいい。でもまあ、彩りのきれいな季節に改めてきてみたいなって思うところではある。

長谷寺
住所:神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
時間:8:00-17:00(10~2月16:30)

Related Post

新田神社への参拝 森が気持ちいい 薩摩川内にある数少ない名所・旧跡で見どころのある場所。市街地からは少し離れているので車で行くことになる。 この神社の歴史は相当古いらしく、樹齢数百年を越えるであろう森に守れた山の上にある神社は暑い日に行っても涼しく気持ちがいい。 しかし、一直線に300段を超える階...
中之条ビエンナーレ2015 – 四万温泉エリア編... 積善館 2015年の中之条ビエンナーレ。四万温泉にやって来た。 以前のビエンナーレでは積善館のなかまで開放していて結構楽しかったのだが、いまは入口にある小さな建物くらいで、ちょっと規模が小さくなっちゃったなというところ。 しかし、「千と千尋の神隠し」のモデルを自称するだけあって趣...
最後の教室 – ちょっと恐くて幻想的な世界観... 越後妻有で開催されている大地の芸術祭でオープンしている美術館。このあたりの定番である廃校を再利用した建物にさまざまな作品やインスタレーションが展示されている。 入場料金は芸術祭のパスポートを利用しない場合は1回500円。 駐車場を降りると、建物から「どんっ、どんっ」と心臓の鼓動みたいな音...
ベンタイン市場に行ってきた 入口 ホーチミン シティの中心であり、バスターミナルもあるのでこの街を旅するものであれば誰でも一度は来るんじゃないかというところ。 観光客向けだけでなく、いろいろなものがあるので、客引きをあしらえる気持ちがあれば是非ともうろうろしてみて欲しい。 腕つかまれるほどの客引きはちょっと...
篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅... 安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。 なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください