江ノ電、鎌倉高校前前に乗ったのはいつだか覚えていないくらい、久々に江ノ電に乗った。

こういうミニローカル線って往々にして観光路線みたいな感じになってしまうと思うのだが、江ノ電に関しては地元の利用も結構ある感じ。海岸線沿いの道があれだけ渋滞してしまうと、たしかに江ノ電の需要はありそう。その辺の事情は銚子電鉄とは全然違うな。

長距離を何度も乗るのであれば一日乗車券を使うのがお得らしいのだが、SUICAとかのICカードも使えるのでこっちの方が手軽ではある。

江ノ電は稲村ヶ崎~鎌倉高校あたりは相模湾に沿って走るので外の風景がすごく美しい。夕暮れ時に乗ったのだが、江ノ島の向こうに沈む夕陽の色は幻想的な感じすらした。こんなにも美しい風景だなんて、ちょっとこの街に住みたいなと思ってしまうくらいだ。単線のため、行き違いの停車がこんなにもうれしい場所なんてそうそうない。

江ノ電、鎌倉高校前

そして今回の旅で行ってみたかったのは鎌倉高校前駅からすぐ近くにある踏切。なんだかよくみかける風景で有名なのだが、実際にみると不思議な感じがする。台湾とか香港からの旅行者がすごく多いのは、いま向こうでスラムダンクがはやっているからみたい。

ついでにいうと、同じく鎌倉を舞台にしているピンポンのロケ地に使われたのは隣の駅の踏切ということ。似たような風景、ほかにもあるのか!

江ノ電、鎌倉高校前

映画や写真、本などで見なれている風景であっても、実際にその場に立ってみて感じられることはまた別だと思う。だからこそ、この場所は旅行者を惹きつけるのだろうな。僕もまた今度時間をゆっくりとってきてみるのもいいなと思った。

Related Post

ルアンパバン散歩旅 僕にとって旅って散歩の延長みたいなもので、そんな感じでルアンパバンを散歩してきた。 それにしても、僕が朝に家の近所を散歩しているようなとき、ルアンパバンでは僧侶が托鉢をしているのかと思うと、なんだか旅をしてみてよかったなと思う。 ルアンパバンの町の名前は、ほかにも「ルアンパバーン」とか「...
彩虹眷村はカオスで騒々しかった 台南から台中へ移動。 新幹線の窓からみえる台中は、高層ビルがどんよりとした空の下に乱立していて、なんだか近寄る気にはならない街という印象があった。 周囲は公園みたいに整備されている でも、今回この街に来たのは、彩虹眷村という場所に描かれている前衛的なアートが気になったから。 ...
プーシーの丘で夕陽を眺める ルアンプラバンで夕陽を眺めるのであれば、一度くらいはプーシーの丘に登ってみてそこからルアンパバンの風景を眺めたりしながら、メコン川の向こうに沈む夕陽を眺めるのがいい。 たとえ、登った先の丘の上はえらい騒ぎであっても、曲がりなりにも世界遺産に登録されているこの丘から眺める風景は感動する。ただ、場...
春の越後妻有への旅。 4月の終わりというかゴールデンウィークのはじめに越後妻有を旅してきた。すっかり春だと思っていたら、この土地はまだ雪解け直後で春が始まったばかりのようだった。越後妻有には何度も来ているけれど、早春の時期ははじめて。こんなにも自然の淘汰とは激しいものなのかって思ったくらい。 早朝に家をでて、車で向...
埼玉にある地下神殿(首都圏外郭放水路)の特別見学会へ行ってきた... 埼玉県にある現代の地下神殿。一部でカルト的な人気がある地下施設の首都圏外郭放水路なのだけど、一般での見学は平日しか受け付けていなくてしかも定員制になっているので行くのは結構面倒くさい。それが毎年11月の土曜日には広く一般開放を受け付けていて、わりと気軽に見に行けるのです。これを逃すのはもったいない。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください