江ノ電、鎌倉高校前前に乗ったのはいつだか覚えていないくらい、久々に江ノ電に乗った。

こういうミニローカル線って往々にして観光路線みたいな感じになってしまうと思うのだが、江ノ電に関しては地元の利用も結構ある感じ。海岸線沿いの道があれだけ渋滞してしまうと、たしかに江ノ電の需要はありそう。その辺の事情は銚子電鉄とは全然違うな。

長距離を何度も乗るのであれば一日乗車券を使うのがお得らしいのだが、SUICAとかのICカードも使えるのでこっちの方が手軽ではある。

江ノ電は稲村ヶ崎~鎌倉高校あたりは相模湾に沿って走るので外の風景がすごく美しい。夕暮れ時に乗ったのだが、江ノ島の向こうに沈む夕陽の色は幻想的な感じすらした。こんなにも美しい風景だなんて、ちょっとこの街に住みたいなと思ってしまうくらいだ。単線のため、行き違いの停車がこんなにもうれしい場所なんてそうそうない。

江ノ電、鎌倉高校前

そして今回の旅で行ってみたかったのは鎌倉高校前駅からすぐ近くにある踏切。なんだかよくみかける風景で有名なのだが、実際にみると不思議な感じがする。台湾とか香港からの旅行者がすごく多いのは、いま向こうでスラムダンクがはやっているからみたい。

ついでにいうと、同じく鎌倉を舞台にしているピンポンのロケ地に使われたのは隣の駅の踏切ということ。似たような風景、ほかにもあるのか!

江ノ電、鎌倉高校前

映画や写真、本などで見なれている風景であっても、実際にその場に立ってみて感じられることはまた別だと思う。だからこそ、この場所は旅行者を惹きつけるのだろうな。僕もまた今度時間をゆっくりとってきてみるのもいいなと思った。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です