江ノ電、鎌倉高校前前に乗ったのはいつだか覚えていないくらい、久々に江ノ電に乗った。

こういうミニローカル線って往々にして観光路線みたいな感じになってしまうと思うのだが、江ノ電に関しては地元の利用も結構ある感じ。海岸線沿いの道があれだけ渋滞してしまうと、たしかに江ノ電の需要はありそう。その辺の事情は銚子電鉄とは全然違うな。

長距離を何度も乗るのであれば一日乗車券を使うのがお得らしいのだが、SUICAとかのICカードも使えるのでこっちの方が手軽ではある。

江ノ電は稲村ヶ崎~鎌倉高校あたりは相模湾に沿って走るので外の風景がすごく美しい。夕暮れ時に乗ったのだが、江ノ島の向こうに沈む夕陽の色は幻想的な感じすらした。こんなにも美しい風景だなんて、ちょっとこの街に住みたいなと思ってしまうくらいだ。単線のため、行き違いの停車がこんなにもうれしい場所なんてそうそうない。

江ノ電、鎌倉高校前

そして今回の旅で行ってみたかったのは鎌倉高校前駅からすぐ近くにある踏切。なんだかよくみかける風景で有名なのだが、実際にみると不思議な感じがする。台湾とか香港からの旅行者がすごく多いのは、いま向こうでスラムダンクがはやっているからみたい。

ついでにいうと、同じく鎌倉を舞台にしているピンポンのロケ地に使われたのは隣の駅の踏切ということ。似たような風景、ほかにもあるのか!

江ノ電、鎌倉高校前

映画や写真、本などで見なれている風景であっても、実際にその場に立ってみて感じられることはまた別だと思う。だからこそ、この場所は旅行者を惹きつけるのだろうな。僕もまた今度時間をゆっくりとってきてみるのもいいなと思った。

Related Post

北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...
南丫島(ラマ島)へのハイキング旅 香港の離島ってなんだか楽しそう・・って前から思っていたのだが、そのなかから今回の旅で選んだのはラマ島への旅。 なぜか。それはTwitterでフォローしている @akaballoon さんのブログ読んでみて俄然行きたくなったから。 ■ 香港的ハイキングのすすめ いきなり冒頭で「えー、...
小樽運河と散歩 小樽まで来たので、北一硝子からちょっと足を延ばして小樽運河まで。歩いて5分もかからないところにあってかなり近い。レンタルサイクルとかもあるけれど、坂の多い町なので歩いて回ってもいいんじゃないかなって思う。 運河沿いは幹線道路が走る郊外といったところで、写真でよく見る風景の反対側は全然情緒がない...
チャイティーヨー日帰り巡礼の旅 ゴールデンロック周辺はかなり開発されている ヤンゴンまできたなら、ちょっと無理してでもチャイティーヨーのゴールデン ロックを見た方がいいよというミャンマー人の熱烈なオススメもあって行ってみた。 移動はこちらに住んでいるミャンマー人の知り合いの方が車を出してくれたので、公共交通機関を一切...
ロイクラトンの旅3日目 2013年11月はタイのロイクラトンに行ってきた。ということで、この日は3日目。チェンマイの街中を散歩したりして過ごしたあと、夜はチェンマイ郊外のメージョー大学敷地で行われたロイクラトン祭りに行ってきた。 ロイサウォイ(Rot Sawoei)。定番の土鍋料理 朝はホテルで軽く朝食を食べ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です