大地の芸術祭って越後妻有トリエンナーレと同じ名称で3年に一回開催されるものだと思っていたのだけど、芸術祭は規模は少し小さくしているものの毎年やっていて、新しい作品の追加とかがないだけみたい。

ということを、津南のひまわりを観に行くついでに立ち寄ってみて初めて知った。

僕が好きなのは「たくさんの失われた窓のために」という作品で、去年トリエンナーレが開催されたときには、カーテンがよれよれになっていて寂しさが倍増していたのだが、今年はカーテンが一新されていて、幻想的な雰囲気が戻っていた。

里山の風景を借景として、この窓越しに眺めるのだけど風にたなびくカーテンや、その向こうに広がる美しい風景はなんだかちょっと、寂しい気持ちになる。それはきっとこの景色はいまみえているだけで、一週間後や3ヶ月後にはまた違う景色になり、来年はまた違う風景になることを感じてしまうからなのかも。そして、この場所があまりにも心地よすぎてそのギャップに寂しい気持ちになるのかもしれない。

この作品は入場料とかパスポートとか必要なく、誰でもいつでも無料でみられるので、おすすめです。そして朝と夕方でもみえる風景は違うので、ぜひ何回か足を運んでみてもらいたい。

Related Post

目黒川の桜散歩 2016年の春の話。目黒川の桜並木をみるのに、だらだらと上流へ向かって散歩をしてみた。天気はちょっと汗ばむくらいの晴れた昼下がり、まだまだ花は盛りの時期で散っているものも少ない。まさに、この世の春の中心のようなところを歩いていた気がする。 出発は恵比寿で、そこから目黒の清掃工場の方に丘を越えて...
中之条ビエンナーレ2013の歩き方 芸術の秋ですよ。なにかきれいなものをみてくるかということで、群馬の中之条エリアで2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ2013」を観てきた。2年前に観に来たときよりも規模が大きくなってきてはいるけれど、それでも他のアートイベントと比べると手作りで地元の人も楽しんでいるような雰囲気で、いいイベン...
千葉にあるバラの名所、谷津バラ園で存分にバラを浴びるほどみてきた... 関東圏においてバラの名所っていくつかあるみたいなのだけど、千葉の谷津というところにあるバラ園が相当に有名らしい。バラにそれほど思い入れがあるわけじゃないのだが、近くに蛍明舎という気になる喫茶店もあるので、ちょっと足を延ばしていってみることにした。 バラの見頃は春は5-6月、秋は10-11月くら...
エスカダリア ド セラロンはリオデジャネイロの新名所、美しい階段は必見... ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。 「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロ...
金瓜石で古きよき日本家屋を探訪する... 九分行きのバスで知り合った日本人に「九分の先にある金瓜石に行かれるということですが、そこはどういったものがあるんですか?」と聞かれたのだが、僕はそれに対して答えをもっておらず、ずいぶん怪しい回答をしたと思う。 しかし実際問題として金瓜石になにがあるのか知らなかったのだから、それは仕方が...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください