大地の芸術祭って越後妻有トリエンナーレと同じ名称で3年に一回開催されるものだと思っていたのだけど、芸術祭は規模は少し小さくしているものの毎年やっていて、新しい作品の追加とかがないだけみたい。

ということを、津南のひまわりを観に行くついでに立ち寄ってみて初めて知った。

僕が好きなのは「たくさんの失われた窓のために」という作品で、去年トリエンナーレが開催されたときには、カーテンがよれよれになっていて寂しさが倍増していたのだが、今年はカーテンが一新されていて、幻想的な雰囲気が戻っていた。

里山の風景を借景として、この窓越しに眺めるのだけど風にたなびくカーテンや、その向こうに広がる美しい風景はなんだかちょっと、寂しい気持ちになる。それはきっとこの景色はいまみえているだけで、一週間後や3ヶ月後にはまた違う景色になり、来年はまた違う風景になることを感じてしまうからなのかも。そして、この場所があまりにも心地よすぎてそのギャップに寂しい気持ちになるのかもしれない。

この作品は入場料とかパスポートとか必要なく、誰でもいつでも無料でみられるので、おすすめです。そして朝と夕方でもみえる風景は違うので、ぜひ何回か足を運んでみてもらいたい。

Related Post

美瑛の絶景「青い池」はお昼くらいに行くのもいいかと思う。... 美瑛にある奇跡のように美しい「青い池」。前にいったときには全然人がいなくて、こんな狭いところ入っていくのかよと思ったのだが、いまではカーナビに場所が示されているし、観光バスが止まれるような駐車場まで整備されている。すっかり美瑛の観光地として定着している。 今回ひさびさに訪れたけれど、みやすいよ...
安曇野の廃線跡を歩いてみる 安曇野に住んでいる友人は、こっちの観光関連の組織に勤めているらしく、訪れてきた観光客へたまに「ハイ、こちらがおすすめですよ」とかやっているらしい。 そして、風ゆらでランチを食べながら、ランチ食べたあと軽くどこか観るところある?って話しをしていて向かったのは篠ノ井線の廃線跡。 1980年代...
フランクフルト現代美術館へいってみた... Sバーン Konstablerwache駅前 フランクフルトでトランジットに時間があって、どこかひとつ観てみたいと思ったときに選んだ美術館はフランクフルト現代美術館。 街中にあってアクセスしやすそうだったし、ここでしか観られないものがありそうだったから。 フランクフルト空港からだ...
上郷クローブ座での地産地消ランチ 今回の旅で予約してまで行きたかったハイライトは津南にある上郷クローブ座でのランチ。市原湖畔美術館でみた「ロマネコンティ・ピクニック」とか、食をテーマに活動しているEAT & ART TAROの作品。 古い学校の家庭科室が会場、黒板には越後妻有の風景 今回の上郷クローブ座では、地...
中目黒で満開の桜を堪能する 2014年 そういえば、去年ブログをはじめたのは例年以上にはやく咲き散った桜をみているときだったなと思い返しながら、今年も桜の季節がやってきた。 2014年の中目黒の桜は3月28日に咲き始めたかと思ったら、週末あけた3月31日にはいきなりもう満開になってしまっていた。 去年のいまごろはもう散...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください