大地の芸術祭って越後妻有トリエンナーレと同じ名称で3年に一回開催されるものだと思っていたのだけど、芸術祭は規模は少し小さくしているものの毎年やっていて、新しい作品の追加とかがないだけみたい。

ということを、津南のひまわりを観に行くついでに立ち寄ってみて初めて知った。

僕が好きなのは「たくさんの失われた窓のために」という作品で、去年トリエンナーレが開催されたときには、カーテンがよれよれになっていて寂しさが倍増していたのだが、今年はカーテンが一新されていて、幻想的な雰囲気が戻っていた。

20130803-0936-21-2746

里山の風景を借景として、この窓越しに眺めるのだけど風にたなびくカーテンや、その向こうに広がる美しい風景はなんだかちょっと、寂しい気持ちになる。それはきっとこの景色はいまみえているだけで、一週間後や3ヶ月後にはまた違う景色になり、来年はまた違う風景になることを感じてしまうからなのかも。そして、この場所があまりにも心地よすぎてそのギャップに寂しい気持ちになるのかもしれない。

この作品は入場料とかパスポートとか必要なく、誰でもいつでも無料でみられるので、おすすめです。そして朝と夕方でもみえる風景は違うので、ぜひ何回か足を運んでみてもらいたい。

20130803-0935-28-2742

Related Post

安曇野屈指の観光スポットはわさび尽くし!「大王わさび農園」へ行ってきた... 大王わさび園というところは、安曇野を旅していると一度は必ず訪れるし、行くところに困ったらとりあえず行ってみるところという感じがある。そんなメジャーな観光地ではあるし、わさびだらけと思うかもしれない。しかし、意外にも黒澤明の映画ロケ地に使われていたりして美しい風景がある場所だったりする。今回久々に訪れ...
目黒川の桜を眺めながら散歩する このブログをはじめてから定期的に訪れているところって結構あるのだが、桜のシーズンに中目黒あたりを散歩するというのも春の定番コースになっている。 過去の目黒川で花見 2014年:中目黒で満開の桜を堪能する 2014年 2015年:中目黒の桜 2015年編 2016年:目黒川の桜散歩 ...
アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
かさぎ屋 – 竹久夢二も通った甘味処... 奥丹を出てすぐのところ、二寧坂の途中にある甘味処。あ、このお店ってお土産物屋さんじゃなかったんだっていうくらい小さくて控えめな佇まい。 店内もすごくコンパクトで座席は数隻しかない。きっと観光のシーズンにはここも満席に賑わうのだろうが、幸いにしていまは静かな冬の季節。ほぼ貸し切りでのんびりと過ご...
フランク・ゲーリー パリ – フォンダシオン ルイ・ヴィトン 建築展をみてきた... 21_21 design sightで開催しているフランク・ゲーリー展(“I Have an Idea”)にあわせて、表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催されていたイベント。 ミッドタウンのゲーリー展でも入口に模型が展示されていた、フォンダシオン ルイ・ヴィトンの部分を切り出して展示して...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください