旅においては「一食入魂」を標榜する僕なのだが、越後妻有でなにを食べるかといえば、がっつり食べるということにおいて、ここ「とん豚」が絶対的におすすめなお店。

津南でどこで食事しようと計画した場合、あなたがイスラム教徒かベジタリアンでない限りにおいては、ここでのトンカツは絶対におすすめできる逸品なのは間違いがない。

営業時間が11:00~19:00くらいと短いのが返す返すも惜しいのだが、とにかく並んででも食べるべきお店なのです。近所にはほかにもトンカツを出すお店があるけれど、津南ポーク、地元の野菜、お米も地元の魚沼産というこれ以上ない最強の地産地消でかつ美味いご飯はここしかない。

とんかつは、普通のとんかつ、ヒレカツ、極上ロースかつ、メガ盛りカツみたいな順番で高くなっていくのだが、高校野球の部活帰りに食べるとかじゃない限りにおいてメガ盛りカツを頼む必要性は感じない(2人でシェアするとかなら話は別だが)。

普通のとんかつでも充分うまいのだが、ロースとかのの極上ぶりは半端ないレベル。今回は真ん中ってことで、ヒレカツにしてみたのだが、写真のような棒状のヒレカツだった。これがまた・・・うまい。ソースもちょっと味噌風味になっていてこれがまたキャベツとかにもあうんだよな。

ヒレカツ定食
ヒレカツ定食

ちなみに、カツだけってのもお願いできて、極上ロースだとカツだけで700円、野菜つけても900円だった。ということで、持ち運びに注意が必要だがお土産にも最適なんじゃないかと思う。

※2015年9月29日追記:「とん豚」は「とんかつ つまり」に店名が変わっていました。内容とクオリティについては、「とん豚」と同じく高かった。

津南観光物産館:津南ポーク直営店「とん豚」
新潟県中魚沼郡津南町芦ヶ崎乙203

新潟県中魚沼郡津南町芦ヶ崎乙203

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください