2016年最初の旅行はタイへの旅。バンコクまではいつも直行便しか利用したことがなかったのだが、あまりにもエアチケットが安くて、案外トランジットの接続もよかったので、チャイナエアラインで行ってみることにした。

しかし、行きのフライトは成田~台北路線のフライトキャンセル。今回の旅は出だしから荒れてるなあと思う。まあ、振り替え便を手配しているというし、今日中につければいいやって思いながら待つことにする。なんならエアアジアに振り替えてくれてもいいんだけどっていったのだが「がんばってタイ航空のチケット買ってます!」って宣言される。おお、はからずも直行便か。

結局のところ、成田空港でのんびりと朝食を食べてビールも飲んでカウンターに戻ったらタイ航空の振り替えが決まったので、第一ターミナルへと移動。バンコクへの到着は当初から30分くらいの遅れになった。直行便なのはいいけれど、せわしなくて案外疲れるものだな。

ようやくタイ航空に乗りこんでのフライトなのだけど、最初にのんでいたビールのせいなのか、寝ておきたら既に到着間際だった。機内食すら食べてないという。いままで、さんざん飛行機乗ってきてフライトキャンセルになったのがこれで三回目くらい。フライトキャンセルの確率も低いし、いずれも大した問題はないのはラッキーなのだろう。

とはいえ、ひさびさの台北上陸(空港だけだけど)は延期になってしまったのはちょっと残念。せっかく台湾のお金を財布にいれておいたのに。

それにしてもこの旅の行く末、どうなることやらという出発のフライトだった。

成田からバンコクへのフライト

Related Post

エアアジアで行くミャンマー(ヤンゴン、マンダレー路線)搭乗記... 旅に出るからには、できれば同じルートを避けていきたいもの(だと思うんだけど・・)。 今回のミャンマー旅行はバンコク起点で、バンコク~ヤンゴン~バガン~マンダレー~バンコクというルートで進んでいった。僕としては理想的なひと筆書きルート。 ということで、エアアジアの搭乗記。バンコク~ヤンゴン...
ヘリコプターで阿蘇山を周遊飛行 2014年11月時点での阿蘇山は噴火に関する警報が出ていて、火口1キロに立ち入ることができずロープウェーも運行停止。 遠くから煙をみているだけの状況になっていた。 しかし、唯一火口をみることができる方法があって、ヘリコプターの遊覧飛行に乗り込めば空から一望することができる。僕は高所恐怖症...
Ibis Bangkok Siamは無難なビジネスホテル どう考えてもホテルが供給過多すぎるバンコクでは、他の都市のホテル料金高騰なんてどこふく風っていう感じで、相変わらず手頃な料金で泊まることができる。 今回の旅行では、わりと面白い宿に泊まってきたけれど、帰国前の一泊は便利なところにしようかと、サイアムにあるイビスホテルを選んでみた。ここのところ気...
ジェットスター(LCC)搭乗記 成田~熊本線... 成田空港のジェットスター搭乗待合エリア 2014年秋にできた新路線の成田~熊本線に乗って九州を旅してきた。 ちょうど僕が乗った翌週くらいに阿蘇山が噴火して空港が閉鎖されてしまっているのだが、危ういところだった。 しかし、熊本線は搭乗する価値がある路線だと思う。窓からみえるダイナミ...
アムパワー水上マーケットではシーフードがおすすめ... バンコクで水上マーケットといえば、ダムヌン・サドゥアックのものがバンコクからの半日ツアーでも有名。 あのマーケットの賑やかな雰囲気もいいけれど、僕はのどかで昔ながらの風景が残っているといわれるアムパワーの水上マーケットの方が好きだな。 バンコクからは戦勝記念塔近くから出ているミニ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.