チャイナエアラインのフライトキャンセルにより波乱の幕開けな今回の旅。とはいえ、問題なくバンコクには到着してさっそくSIMカードを入手。いつもはAISで買っているのだけど、今回はカウンターが混雑していたのでその隣にあるdtacで購入。

結論からすると、どういうわけだがものすごいもっさりした回線環境で、不都合はないけれど不便ではあった。これなら、次はAISに戻ろうかな。

ダウンロードが 1.47 Mb/s、アップロードが 0.36 Mb/sっていまでは結構しんどい遅さだろうって思う。Google Mapひらいてから、ちょっとのんびりと待って確認するとかそんな感じ。

スワンナプームのdtacカウンター

とはいえ、9日間の旅で日本からWiFiレンタルするとどんなに安くても5,000円くらいかかるところ、SIMだと1,500円もしないのは圧倒的にお得で手軽。バッテリーもスマホ用に小さいのを持っておけばいいくらいだし(WiFi借りると、スマホとWiFi端末で予備バッテリーをとりあうことになる)。

年間に海外旅行2回以上行く人であれば、SIMフリー端末もって海外旅行へ出ることをおすすめしたい。

保存

Related Post

プノンペン国際空港でSIMカードを購入、データ通信について... カンボジアの通信事情はここ数年でだいぶ向上してきていて、以前は外国人がSIMカードを買うこともできなかったのだが、いまでは空港で容易に手に入れることができる。便利な時代になったなあ。 シェムリアップでのSIM購入はこちら:カンボジアのSIM事情について(空港での購入) プノンペンは首都な...
AirAsia(エアアジア)でバンコクからウドンタニまで... エアアジアでバンコクからウドンタニまでの片道フライトの搭乗記。帰路はバンコクまで夜行列車で戻ってきた。LCCってシンプルな料金体系なので片道料金がきちんと半額で安いというのが好きなところ。 ドンムアン空港、こんなのしかない。 スクンビットのホテルからドンムアン空港まではタクシーで移動。...
ハーン(HARNN)のナチュラルソープは配り土産に最適... タイのホームスパとしてすっかり定着した人気ブランドのハーン。日本にも進出してきているが、バンコクでは手軽に買えるので配り土産にも最適だと思う。 バンコクでのショップはサイアムパラゴンの4階にあり、ちょっと奥の方にある「タイ発のブランドまとめ」みたいなフロアの一画にある。前はもっと大きな独立した...
ワット バーンクン – 菩提樹にかこまれた小さな寺院... アムパワーで観るべきもののひとつであり観光のハイライト。タイ政府観光庁には"Unseen Thailand"(まだ見ぬタイ)のひとつに選ばれている。 アムパワーからは、乗り合いのボートツアーであれば100THBくらいで、チャーターすると600THBくらいで来ることができる。乗り合いのボートツア...
ドンムアン空港でツーリストSIMを手に入れる... ひさびさのドンムアン空港入りで、こんなしょぼい空港でツーリスト向けのSIMカード売っているのかなあとちょっと不安もあった。 でも、ここはどこでもSIMを買うことが出来るタイならでは。ちゃんと売っていたので一安心。 とはいえ、2016年6月の時点では通信会社の直営店らしきものは存在しておら...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください