チャイナエアラインのフライトキャンセルにより波乱の幕開けな今回の旅。とはいえ、問題なくバンコクには到着してさっそくSIMカードを入手。いつもはAISで買っているのだけど、今回はカウンターが混雑していたのでその隣にあるdtacで購入。

結論からすると、どういうわけだがものすごいもっさりした回線環境で、不都合はないけれど不便ではあった。これなら、次はAISに戻ろうかな。

ダウンロードが 1.47 Mb/s、アップロードが 0.36 Mb/sっていまでは結構しんどい遅さだろうって思う。Google Mapひらいてから、ちょっとのんびりと待って確認するとかそんな感じ。

スワンナプームのdtacカウンター

とはいえ、9日間の旅で日本からWiFiレンタルするとどんなに安くても5,000円くらいかかるところ、SIMだと1,500円もしないのは圧倒的にお得で手軽。バッテリーもスマホ用に小さいのを持っておけばいいくらいだし(WiFi借りると、スマホとWiFi端末で予備バッテリーをとりあうことになる)。

年間に海外旅行2回以上行く人であれば、SIMフリー端末もって海外旅行へ出ることをおすすめしたい。

保存

Related Post

極上のバンコク ルーフトップバーめぐり5選... 今回、バンコクでの旅のなかでルーフトップバー(またはスカイバー)を巡ってみた。バンコクは日本の建築基準では考えられないようなところにバーがあったりして、それがまた面白い。寺院や市場だけじゃないバンコクの楽しさもあるなって思う。 なお、だいたいのバーはドレスコードがあり、男性であればハーフパンツ...
Jaywalk Cafeはカオサン界隈でひと息つけるカフェ... すっかり観光地化されてしまったカオサン通りの喧噪から逃れてきた旅行者は、チャオプラヤ川に近いプラアティット通り(Phra Athit Rd.)の方に移ってきている。 このあたりは手頃そうなゲストハウスやレストランなどが並んでいて、旅行者にも便利そう。チャオプラヤエクスプレスのバンランプー(プラ...
Ibis Bangkok Siamは無難なビジネスホテル どう考えてもホテルが供給過多すぎるバンコクでは、他の都市のホテル料金高騰なんてどこふく風っていう感じで、相変わらず手頃な料金で泊まることができる。 今回の旅行では、わりと面白い宿に泊まってきたけれど、帰国前の一泊は便利なところにしようかと、サイアムにあるイビスホテルを選んでみた。ここのところ気...
ラオスのルアンパバンでプリペイドSIMを購入してみた... ラオスは携帯電話会社のローミング対象外だったり、レンタルWi-Fiでも結構高い値段だったりするので通信事情から考えると割高な国だなという印象。 ルアンパバン自体は小さな街なので、携帯電話で地図みたりする必要があるかといわれるとあまりなくて、どこのお店にいっても、だいたいのホテルでもWi-Fiが...
イサーンへの旅と赤い睡蓮の海 2016年最初の旅はタイへの旅。バンコクまで飛行機で行き、そこでトランジットしてイサーン地方のウドンタニまで。 旅の目的はウドンタニ郊外、クンパワピーにある「赤い睡蓮の海」をあらわすタレー・ブア・デーンという湖に行くこと。 夢のなかの風景のように幻想的な世界は現実感がない。 バンコ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です