スワンナプームからバンコクまでの交通手段は深夜であればタクシーなのだけど、朝夕のラッシュ時間帯であれば絶対に鉄道が便利。以前に雨の夕方にスワンナプームからバンコクまでタクシーで2時間くらいかかったことがあったが、あれは最悪だった。

空港からBTSの接続駅であるパヤタイ駅までは約30分くらい。45THBと格安。特急が走っているという話しだが、僕は一度もみたことがない。幻なのかずっと運休しているのか。

なので、ローカルな各駅停車で向かうことになる。15~20分に一本くらいの割合なのだけど、地元の足としても利用されていて結構混雑する。羽田から京浜急行に乗って品川に行く感じによく似ているが、夕方であれば、あれより混雑する。

運行時間帯は6:00から24:00まで。空港の駅が地下にあってかなり不便なので注意が必要。また、マッカサン駅で地下鉄に接続していると書いてあるけれど、これはかなり遠い。国会議事堂駅と溜池山王駅並みに遠い。そして、一旦外に出るのでなんか疲労感がある。まずおすすめしない乗り換えです。

パヤタイ駅はエレベーターがあるのだけど、すごくわかりづらいところにあってしかも小さいのでスーツケースの場合、結構大変なんじゃないかと思う。こういう「細かいところに手が届かない感」は海外旅行してるなって思えるところ。基本この街はタクシー移動以外ではスーツケースは向いていないと思う。

それにしても、永遠につくられないんじゃないかと思うドンムアン空港の鉄道路線に比べると、実際に出来ただけARLはすごいなと思ってしまう。サイアムからスクンビットエリアに宿泊するのであれば、ARLとBTSの組み合わせで行く空港とバンコク市内の交通はかなり便利です。

ARLバンコク

 

Related Post

バンコクとチャオプラヤ川に沿って旅する... 今回のタイ旅行では水辺の近くを旅することが多かった。バンコクでは渋滞を避けてチャオプラヤ川に沿って移動をしていたのだが、川から眺める街はいつもと違う雰囲気でまた美しいものだった。なにより、川を通り抜ける風が気持ちいい。 OCTAVE Rooftopbarから眺めるスクンビットの夜景 今...
バンコクの大理石寺院は一番好きな寺院のひとつ... ワット ポーがバンコクでもっとも有名でおすすめの場所なのだが、僕が「ここいいなあ」って好きな寺院のひとつはドゥシットにあるワット ベンチャマボーピットである。 通称「大理石寺院」と呼ばれているこの寺院の歴史は比較的新しくて1899年にラーマ5世により建立された。 大理石寺院という...
ワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)とプラナコーン ノーンレン... プラナコーン区の北側にあり、巨大な大立仏像が有名なワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)。アユタヤ王朝時代である1752年に建立された格式高い寺院であるが、観光地からははずれているので信心深い地元の人が訪れる静かな場所。 プラナコーン ノーンレンに泊まると、屋上からみえ...
タイにとっての至宝である王宮とワット プラケオに行ってきた... ワット ポートならぶタイにとっての至宝ともいうべき存在。 いまはもう国王様もロイヤル・ファミリーもドゥシットの方にうつられていて「かつての王宮」ではあるのだが、タイでこんなに細かいところまで緻密につくられたものがあるのかっていうくらい繊細で美しい建築やレリーフは一度くらいはみておいた方がいい。...
チャオプラヤ エクスプレスでいくバンコク水辺の旅... 今回の旅ほどチャオプラヤ エクスプレスを活用したことはなかった。 バンコクを流れるチャオプラヤ川に沿って運行されている渡し船。こんな便利なのに、なんでいままであまり使ってこなかったのだろうと思ったのだが、スクンビットのあたりにいると必要がないということもある。 しかし、今回泊まったプラナ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください