スワンナプームからバンコクまでの交通手段は深夜であればタクシーなのだけど、朝夕のラッシュ時間帯であれば絶対に鉄道が便利。以前に雨の夕方にスワンナプームからバンコクまでタクシーで2時間くらいかかったことがあったが、あれは最悪だった。

空港からBTSの接続駅であるパヤタイ駅までは約30分くらい。45THBと格安。特急が走っているという話しだが、僕は一度もみたことがない。幻なのかずっと運休しているのか。

なので、ローカルな各駅停車で向かうことになる。15~20分に一本くらいの割合なのだけど、地元の足としても利用されていて結構混雑する。羽田から京浜急行に乗って品川に行く感じによく似ているが、夕方であれば、あれより混雑する。

運行時間帯は6:00から24:00まで。空港の駅が地下にあってかなり不便なので注意が必要。また、マッカサン駅で地下鉄に接続していると書いてあるけれど、これはかなり遠い。国会議事堂駅と溜池山王駅並みに遠い。そして、一旦外に出るのでなんか疲労感がある。まずおすすめしない乗り換えです。

パヤタイ駅はエレベーターがあるのだけど、すごくわかりづらいところにあってしかも小さいのでスーツケースの場合、結構大変なんじゃないかと思う。こういう「細かいところに手が届かない感」は海外旅行してるなって思えるところ。基本この街はタクシー移動以外ではスーツケースは向いていないと思う。

それにしても、永遠につくられないんじゃないかと思うドンムアン空港の鉄道路線に比べると、実際に出来ただけARLはすごいなと思ってしまう。サイアムからスクンビットエリアに宿泊するのであれば、ARLとBTSの組み合わせで行く空港とバンコク市内の交通はかなり便利です。

ARLバンコク

 

Related Post

スクンビットのCraft Bangkokでビールを楽しむ... フォローしてチェックしている、@55_froggy さんのinstagramで見かけたところ。 バンコクでもクラフトビール飲めるなんて幸せすぎるだろう!って思って訪問。オープンエアでリラックスした、いいお店だったなあ。 そして、好きなものが似ているSNSのネットワークがあれば、いままで知...
プラナコーン ノーンレンのルーフトップバーは最高に気持ちがいい... 今回の旅で巡ったルーフトップバーのひとつ。 僕はすごく好きなのだけど、おそらくここがもっとも低い位置にあるルーフトップバーだと思う。三階建ての屋上だし。 でも、ここから見える風景はなんともいえず心に残る。たとえば、子供の頃の夏休みの夕方の風景、しかもどうってことのない風景をふと思い返した...
Ibis Bangkok Siamは無難なビジネスホテル どう考えてもホテルが供給過多すぎるバンコクでは、他の都市のホテル料金高騰なんてどこふく風っていう感じで、相変わらず手頃な料金で泊まることができる。 今回の旅行では、わりと面白い宿に泊まってきたけれど、帰国前の一泊は便利なところにしようかと、サイアムにあるイビスホテルを選んでみた。ここのところ気...
Rest Note Cafeは戦勝記念塔周辺でひと息つくには便利なところ... バンコクから郊外にある水辺の町であるアムパワーへ行くことにした。戦勝記念塔の近くにあるミニバス(ロトゥー)乗り場から向かうのだが、ちょうどバスが行ってしまったということで、1時間近くバスを待つことになってしまった。 外にいるのは暑いので、時間つぶしに入ったところ。BTSのVictory Mon...
イサーンへの旅と赤い睡蓮の海 2016年最初の旅はタイへの旅。バンコクまで飛行機で行き、そこでトランジットしてイサーン地方のウドンタニまで。 旅の目的はウドンタニ郊外、クンパワピーにある「赤い睡蓮の海」をあらわすタレー・ブア・デーンという湖に行くこと。 夢のなかの風景のように幻想的な世界は現実感がない。 バンコ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください