Soi cowboyうっかりこのブログにソイカウボーイの風俗情報探しにアクセスしにきた方がいたら、ごめんなさい。このブログ、そういうところじゃないんで。

僕にとってのタイって手頃な異国として、トランジットに便利だということもあり、わりと来ている方だと思う。一時期はバンコク発券のエアチケットで年に2-3回は来ていたこともあるくらい。

で、こんな感じでしょっちゅうタイに来ていると、だいたいは風俗通っているように思われる。しかし、かさねがさね風俗情報を探しに来た方には申し訳ないのだが、全然知りません。以前に一緒にきた友人にも嘘だろ!っていわれるくらいなにも知らない。

とはいえ、みんながそこまで絶賛するバンコクのナイトライフを試してみようってことで、何度かソイカウボーイに来てみたことはあるのだが、これが全くどこも楽しいと思えない(なお、僕は普通に女の子が好きなストレートな趣向です)。なんというか、自分にも相手にも違和感しかないんだよな。全ての女性ではないが、やはり本人の意思とは関係なく買われてきている人もいるっていう事実があるせいかなと思っている。

しかし、たとえばこういうことをいう人がいる。「自分が女性を買うことによって経済が循環している。だからこれは正しいことである」。いまの現状では一部は正しい。でも、僕としては、タイの田舎の人たちが子供を売らなくてもいいような経済状態になれば、これは本意ではない「買う/買われる」の関係はなくなるだろうと考えている。

そして僕が、タイではないけれど近隣の国で田舎の女性たちが自分で稼げるようになる活動を手伝っていることもあり、なおさらに思うところがあるっていう事情もある。家族のためとはいえ、誰だって自分が売られて、知らないところで好きでもない労働をさせられるのは、どういう角度からみても幸せなことではない。

スクンビットのソイカウボーイって近くに泊まったこともあり通り抜けすることがあるのだが、ここを通るたびに「いまにみてろよ、こんなのやっぱりなんかおかしい」って考えてしまう。てか、なんでこういうところにいる日本人って、なんでハーフパンツにサンダルで靴下履いている人が多いんだろう。

僕としてはこういう場所で楽しむことを否定はしないけれど、まったく肯定も尊敬も尊重もしていない。こういうところ行くくらいならもっと楽しい場所、たくさんあるではないか。

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です