越後妻有で開催されている大地の芸術祭でオープンしている美術館。このあたりの定番である廃校を再利用した建物にさまざまな作品やインスタレーションが展示されている。

入場料金は芸術祭のパスポートを利用しない場合は1回500円。

駐車場を降りると、建物から「どんっ、どんっ」と心臓の鼓動みたいな音が聞こえてきてちょっと恐い。

建物のなかに入ると、いきなりの暗闇。壁沿いに恐る恐る進んでいくことになる。その後も、薄暗い廊下のなかを進んでいくことになり、はっきりいって肝試しに近い感じがする。よって、細かいこと書くとネタバレになるので控えておくけれど、恐がりの人と行くと結構大変なことになるかもしれん。

僕がこの美術館で一番印象的なのは恐がりを驚かして楽しむことと、最後に入口入ってすぐの部屋に戻ってきたときには暗闇に目が慣れているので、最初とまったく違った体験ができるところ。

最初はなにもみえなかった部屋のなかの風景が帰りにはずいぶん色々見えていて、まるで違った世界にみえる。そして、入ってきたばかりの新参者をみながら「あれ・・大変そう」と生暖かい目でみるのも結構好き(性格悪い趣味だな)。

全体的に大がかりな展示が多く、かつ印象的な作品なので芸術祭においては必須のポイントだと思う。

最後の教室
クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン

Related Post

幕張の「さくら広場」は本当の意味でのお花見ができる場所... 幕張にある桜だらけのちょっと変わった公園。パナソニックが運営をしており、2006年に開園して今年で10周年。 ゆっくりとした時間を過ごせるいい場所なので気に入っているところ。なにより、園内では食事、飲酒、喫煙が禁止されているので、変なのがいないし煙草の煙もないのがいい。 ...
日本橋で「日本一早いお花見」をしてきた。- FLOWERS by NAKED(フラワーズバイネイキッ... 去年もみてきたイベント。東京駅のプロジェクションマッピングなどを手がけたクリエイティブ集団であるネイキッドがつくるデジタルアート展。目でみて楽しむだけでなく、会場内には花の香りがしてきたり、自分の動きと連動して花が舞ったり、音が出てきたり、そしてバーカウンターでは花見にちなんだカクテルを味わえたり、...
夏の安曇野の廃線跡を歩いてみる 1980年代後半まで使われていた篠ノ井線の廃線跡をハイキングしてきた。ここは、冬に訪れて雪に埋もれた廃線跡もよかったのだが、なにせ歩きづらく季節を変えて来てみたいなと思っていたところ。 冬の訪問:安曇野の廃線跡を歩いてみる 現在は「国鉄篠ノ井線廃線敷遊歩道」として整備され...
伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...
かさぎ屋 – 竹久夢二も通った甘味処... 奥丹を出てすぐのところ、二寧坂の途中にある甘味処。あ、このお店ってお土産物屋さんじゃなかったんだっていうくらい小さくて控えめな佇まい。 店内もすごくコンパクトで座席は数隻しかない。きっと観光のシーズンにはここも満席に賑わうのだろうが、幸いにしていまは静かな冬の季節。ほぼ貸し切りでのんびりと過ご...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください