エアアジアでバンコクからウドンタニまでの片道フライトの搭乗記。帰路はバンコクまで夜行列車で戻ってきた。LCCってシンプルな料金体系なので片道料金がきちんと半額で安いというのが好きなところ。

ドンムアン空港、こんなのしかない。

スクンビットのホテルからドンムアン空港まではタクシーで移動。

BTSとバスかタクシーを使う手段もあったのだけど、そこまでけちるほどの料金差額でもないので、ここは時間をお金で買うということでタクシーでいいのではないだろうか。払っても1,000円そこそこってくらいだし。

バンコクからウドンタニまでは1時間のフライト。ちなみに、帰路の夜行列車は10時間かかった。近いんだか、遠いのかよくわからないな。

ドンムアン空港は相変わらずなにもない空港で、ファーストフード店とコンビニくらいしかない。そして古い空港なので市役所みたいな建物は天井も低くて薄暗い。なので、ここで時間をつぶそうと考えている人は結構苦労すると思う。ハノイのノイバイ空港の方がまだましだな。

行きはエアアジアのフライトでウドンタニまで
あっという間にウドンタニの空港

しかし、エアアジアはこの空港を拠点としてからは定時運航率が上がったように思える。今回のフライトも時間通りで非常にスムーズ。まさに空飛ぶバスの通りにさっさと乗客を目的地まで運んでくれる。

ウドンタニの空港は街の規模に対してはかなり広くて立派。昔はラオスとかベトナムあたりの軍事空港だったんじゃないかな。とはいえターミナルは普通に質素なのだけど。街までは乗り合いのタクシーで15-30分くらい。空港までは街中でトゥクトゥク拾えば15分くらいでつきそうだ。

空港からは乗り合いタクシーで移動

正直なところ、ウドンタニまでは飛行機で往復するのが一番お得でまっとうな手段だと思う。あえて夜行列車乗るのはもの好きだったな・・というところ。

フライトのチケット予約はエアアジアのサイトにて。

AirAsia.com

保存

Related Post

ウドンタニ散歩 タイの東北部、イサーン地方のウドンタニにやってきた。サンスクリット語で「北の町」と名付けられたこの地に来た目的は蓮の花だらけの湖に行くということなのだが、それがなかったらこの街に来ることはなかっただろうなと思う。 この先にあるラオスのビエンチャンに向かうときの通過点としての意味もあるが、いまの...
成田空港第三ターミナルとジェットスター搭乗記(成田-鹿児島)... 2016年のGWは南九州は鹿児島を旅行してきた。往復はジェットスターで移動して、現地ではレンタカーでの移動。 ということでジェットスターの搭乗記。そして、ひさびさに成田空港の第三ターミナルを利用したけれど、やっぱり不便なところだった。 第三ターミナルはLCC専用ということもあり、かなり扱...
スワンナプームのトランジットとバンコクエアウェイズ搭乗記... スワンナプーム空港 今回、カンボジアに旅行するにあたり成田からバンコクまではユナイテッド航空のマイルを使って全日空でやって来たのだが、バンコクからカンボジアのシェムリアップまではバンコクエアウェイズを利用してみた。 このルートだと当日中にシェムリアップまで到着できるので日程的に効率がい...
香港エクスプレスの「讃岐うどん」搭乗機(2017年2月)... 日本では真冬の2月。2015年はルアンパバンに行って寒さから逃れたのだが、2016年は海外へ逃げず寒い思いをしたので、2017年は再び暖かいところへ行こうかと香港に行くことにした。しかし、結論からいうと香港も寒くて中途半端に行くくらいじゃだめなのだなということだ。 それにしても、香港エクスプレ...
LCCのスクート(Scoot)搭乗記 – 成田~台北... 今回の旅も台北までのフライトはシンガポールのLCCであるスクートを利用。キャンペーンのプロモーション料金を使うと連休をはさんだフライトでも往復3万円程度でいけるので、すごい安いわけじゃないけれどお得感はあります。比較対象にしていいのかわからないけれど、東京から京都までのぞみで移動した料金とあまり変わ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください