The One Residenceウドンタニに来たものの目的は明け方に咲く蓮の花をみるだけで、それ以外はなにも計画を考えていない。街の地理もよくわからなかったので、ショッピングモールに近く、駅までなんなら歩いて行けそうな場所にしようと、ワン・レジデンスというところに宿泊。

レジデンスという名前になっているものの、ロビーを通らず部屋に行けるというだけで、部屋の作りは中の下くらいのバジェットクラスのホテル。実際、すごい安かった。ただ、数人いるフロントの人は誰も英語が得意ではなく、そこには結構苦労した。

宿はBooking.comで予約したけれど、支払いは現地で現金払い。まあ大した金額ではないものの面倒ではある。設備はエレベーターもないバジェットクラスで、部屋もまあ普通。たぶん、これってタイでいうところの一般的ビジネスホテルみたいなものだろうな。悪くないが長居もしたくない。

特徴のない部屋
特徴のない部屋
冷蔵庫とテレビとか必要最低限はそろっている
冷蔵庫とテレビとか必要最低限はそろっている
隣はガソリンスタンド
隣はガソリンスタンド

いいところは隣がガソリンスタンドで窓からの視界が開けていることと、そこにコンビニがあるってことくらいかな。ちなみに、ガソリンスタンドのコンビニにはお酒が置いていないので、お酒が欲しい場合は通りの反対側にある商店で買える。

周りにはセントラルプラザという巨大なショッピングモールがあり、フードコートからレストラン、薬局、映画館まであるので暇つぶしには便利。交通の要所であるウドンタニのバスターミナルもすぐ近くなので移動も便利だと思う。

ウドンタニはそれほど長いこといたわけではないが、ワン・レジデンスでいうとすごい便利な立地にある可もなく不可もないバジェットホテルというのが僕の感想といったところです。

The One Residence
住所:251/5 Prajak Road, T.Makkaeng , A. Muang, Udon Thani

Related Post

Thong Ta Resort & Spa(トンタ リゾート) – いまのとこ... バンコクからスワンナプーム空港までって夜中だとタクシーで40分くらいだし、正直なところあえて空港周辺に泊まるメリットってそれほど高くないのだが、それでもまあ、空港に近くて送迎付きのホテルというのは深夜早朝便利用の際には安心なので利用することがある。 外観 ということで、いくつか泊まって...
赤い睡蓮の海に船を漕ぎ出す – クンパワピーのタレー・ブア・デーン... 今回のタイ旅行のメインともいえるもの。ウドンタニの郊外にあるクンパワピーという場所に「赤い睡蓮の海」というタレー・ブア・デーンという湖がある。毎年12月から2月上旬の明け方にかけて、水面を覆い尽くすように蓮の花が咲く風景は幻想的そのもの。 クンパワピーまでの行き方は、ウドンタニでバイクを借りよ...
リークスメイ チャンレア ホテルは立地が便利なバジェットホテル... 今回のシェムリアップ滞在ではシヴォタ通り沿いのパブストリート入口にあるリークスメイ チャンレア ホテル (Reaksmey Chanreas Hotel) に投宿した。 シェムリアップ国際空港からホテルまでは定額のタクシーでUS7ドル。ホテルはシェムリアップのメインストリートであるシヴォタ通り...
MBKのThe Fifth Food Avenueは高級版フードコートといった感じ... バンコクに来ると、結構な頻度で訪れているフードコート。MBKのなかにあるので便利ということもあるし、ちゃんとした料理が美味しく食べられるというのがよい。タイ料理に飽きたときとかに来るといいかも。 前回の訪問はこちら:バンコクのMBKとフィフス アベニュー フードホール 場所はマーブンクロ...
Bangkok Burger Companyはハンバーガーショップとして大したことなかった... 以前から少し気になっていたハンバーガーショップ。サイアムパラゴンのなかに店舗があるので、行ってみることにした。サイアムパラゴンでは地下一階のレストランなどが集まっている場所にある。 以前はトンローの方にも出店していたはずだが、そちらはクローズしてしまったらしい。 結論からいうと、サイトと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.