The One Residenceウドンタニに来たものの目的は明け方に咲く蓮の花をみるだけで、それ以外はなにも計画を考えていない。街の地理もよくわからなかったので、ショッピングモールに近く、駅までなんなら歩いて行けそうな場所にしようと、ワン・レジデンスというところに宿泊。

レジデンスという名前になっているものの、ロビーを通らず部屋に行けるというだけで、部屋の作りは中の下くらいのバジェットクラスのホテル。実際、すごい安かった。ただ、数人いるフロントの人は誰も英語が得意ではなく、そこには結構苦労した。

宿はBooking.comで予約したけれど、支払いは現地で現金払い。まあ大した金額ではないものの面倒ではある。設備はエレベーターもないバジェットクラスで、部屋もまあ普通。たぶん、これってタイでいうところの一般的ビジネスホテルみたいなものだろうな。悪くないが長居もしたくない。

特徴のない部屋
特徴のない部屋
冷蔵庫とテレビとか必要最低限はそろっている
冷蔵庫とテレビとか必要最低限はそろっている
隣はガソリンスタンド
隣はガソリンスタンド

いいところは隣がガソリンスタンドで窓からの視界が開けていることと、そこにコンビニがあるってことくらいかな。ちなみに、ガソリンスタンドのコンビニにはお酒が置いていないので、お酒が欲しい場合は通りの反対側にある商店で買える。

周りにはセントラルプラザという巨大なショッピングモールがあり、フードコートからレストラン、薬局、映画館まであるので暇つぶしには便利。交通の要所であるウドンタニのバスターミナルもすぐ近くなので移動も便利だと思う。

ウドンタニはそれほど長いこといたわけではないが、ワン・レジデンスでいうとすごい便利な立地にある可もなく不可もないバジェットホテルというのが僕の感想といったところです。

The One Residence
住所:251/5 Prajak Road, T.Makkaeng , A. Muang, Udon Thani

Related Post

Red Sky Bar – 手頃だけど不便なロケーションのスカイバー... バンコクでのルーフトップバー(スカイバー)巡り。サイアムのちょっと外れにあるセンタラグランド・アット・セントラルワールドというホテルの屋上にあるバーに行ってみた。 ちなみに、スマートカジュアルみたいなことをいっているが、男性はドレスコードあり。かかとがない靴、ハーフパンツはNG。 今回行...
スカイ バーで”ハングオーバーティーニ”とマジックアワーな夕陽を堪能する... バンコクのルーフトップバー巡り。バンコクでのルーフトップ、またはスカイバーの代表的な存在はルブア ステート タワーの最上階63階にあるスカイバーだろうなと思っている。 映画「ハングオーバー!」シリーズでも有名なこのバー。ドレスコードもしっかり厳しくて、サンダル履きとかハーフパンツの男性はグラン...
スワンナプームでツーリストSIMの購入(今回はdtac)... チャイナエアラインのフライトキャンセルにより波乱の幕開けな今回の旅。とはいえ、問題なくバンコクには到着してさっそくSIMカードを入手。いつもはAISで買っているのだけど、今回はカウンターが混雑していたのでその隣にあるdtacで購入。 結論からすると、どういうわけだがものすごいもっさりした回線環...
ほぼ改修の終わったワット アルン(暁の寺)へ行ってきた... チャオプラヤ エクスプレスに乗っているときに、川沿いにたつひときわ美しいシルエットをみせてくれるワット アルン。 随分と長いこと改修工事をしていて、仏塔にも足場が組まれていたらしいのだが、川から船で見たところ、足場はなくなり元の姿に戻っていたので、行ってみることにした。 渡し船。1分の...
ハノイのラグジュアリー ホテルはホスピタリティはラグジュアリークラスだった... ホテルの入口 ハノイでのトランジットで、ホテルをとっておくこともなかったのだが、ちょっと調べてみたらかなり激安で泊まれそうなところがあり、なおかつ名前が面白かったので予約してみた。 ラグジュアリーホテルっていう名前なのだが、写真からしてすごい名前倒れしている感じを受けてしまったのだが、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です