ウドンタニといえば、チェンマイからラオスにかけての東北タイ料理であるイサーン料理の本場の街。なかでも、有名店のひとつであるクン ニット レストランに行ってみた。

ウドンタニの市街地からは少し離れているので、トゥクトゥクで向かうことにする。

なお、レストランからの帰りはタクシーを呼んでもらったら、バンコクでもよくみかけるメータータクシーがやってきてびっくりした。この街のどこでこのタクシー走っていたのだろう。

お店の人はみなしっかりしていて、英語も通じる。聞くところによると、外国のえらい人(大使館の人とか)も来ることがあるみたい。レストランは平凡な外見で店内も宴会場みたいだけれどすごく清潔。ランチタイムを外していったのだけど、わりと人で賑わっていた。

オーダーしたのは、イサーン料理の定番であるソーセージとラープ、あとは豚肉の揚げ物みたいなやつ。

イサーンのソーセージ

イサーンのソーセージは豚肉ともち米を腸詰めして、さらにもち米を発酵させているので独特の酸味と旨みがある。

しっかり炭火で焼かれていて、発酵食品特有の臭みはなく、なんていうかぎゅっと旨みが凝縮されている感じがする。野菜と一緒に食べるのが美味しい。

ラープ

ラープは牛肉とライムやトウガラシやニンニク、ミントなどのハーブに煎ったもち米をあえた料理。牛肉はミディアムレアくらいがベスト。

ちょっと辛いのだけど、ライムやレモングラスの爽やかな風味もあり、これは衝撃の美味しさ。やはり料理ってその土地で食べるのが美味しいよなあ。

これもまた野菜と一緒に食べるのだが、この野菜もまた濃厚な香りがまたうまい。ここまで来てよかった。

豚肉を揚げたもの

豚肉の揚げ物みたいなのはお店の人に「あんた、これも食べてみなさいよ」っていわれたのだが、ちょっとおつまみ感のある料理。たぶん下ごしらえでニンニクとあえているのかな、食欲をさそう風味がまた美味しい。

これは日本戻って作ってみようかな。他のは複雑すぎてとうてい作れそうもない。

料理はたっぷりの野菜とともに食べる

イサーン料理のもうひとつの側面としてはアリの卵とかサソリとかの昆虫料理もあり、このレストランではそれも有名なのだが、ひとりで行ってチャレンジするものでもないなということでパス。

イサーン料理に興味があれば、地元でも有名なこのレストランを訪れてみる価値は十分にある。ただの激辛料理だけではないイサーン料理の神髄をみた感じがする。

クン ニット (Klau Khun Nid – สวนอาหารคุณนิด)
住所:Ban Lueam, Mueang Udon Thani District, Udon Thani
時間:10:00-22:00

Related Post

【たぶん閉店】Bangkok Burger Companyはハンバーガーショップとして大したことなか... 以前から少し気になっていたハンバーガーショップ。サイアムパラゴンのなかに店舗があるので、行ってみることにした。サイアムパラゴンでは地下一階のレストランなどが集まっている場所にある。 以前はトンローの方にも出店していたはずだが、そちらはクローズしてしまったらしい。 結論からいうと、サイトと...
Chả Cá Lã Vọng(チャーカーラボン)の偽物に行ってしまった... 偽ブランド品とか、ベトナムだと偽のシンカフェ旅行会社とかがあるのは知っていたけれど、まさか偽レストランまで存在するとはという驚きがある。 そして、この偽レストランは値段は高いものの結構おいしいというのがまた不思議。 チャーカーラボンはホアンキエム湖の北側、通りの名前になっているくらいで、...
長白小館の白菜鍋(酸菜白肉鍋)は万人受けする抜群に美味しい料理... 友人たちとは台北の街で合流。どこで夕食を食べようかなって考えていて、最初は無難に欣葉あたりにしようかなとも思ったのだが、台北ならではでここでしか食べられないものにしようと長白小館にしてみた。前回の訪問はこちら。 お店の予約はグルヤクというオンラインサービスを利用してみた。レストラン予約って日本...
點水樓(SOGO復興店)でのランチはおすすめできる... 青田七六で肩すかしをくらった感じになり、おなかもすいていたので近くのお店を探してたどり着いたのがこちら。 SOGOのなかにあって、ちょっと高級な雰囲気もあるレストランだったが、わりと手頃な値段感で点心とか飲茶が楽しめるいいレストランだった。 お店に入って席に案内され、まずなんのお茶を飲む...
Bar do David – ファベーラ屈指の人気レストラン... レメ(Leme)にあるファベーラのうちバビロニアの隣にあるシャペウ・マンゲイラという地区にある人気レストラン。隣といっても、坂道を右に行くか左にいくかくらいの違いしかないのだけど、シャペウ・マンゲイラの方がちょっと栄えていて人の雰囲気も違う感じなのがおもしろい。 Bar do David(バー...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください