タイといえば市場での料理も好きなのだけど、旅のはじまりの頃って、その土地に慣れていないところもあり、どうも疲れているのでのんびりとお酒飲みたいなと選んだバー。

ウドンタニ駅から少し南にいったところにあり、間には大きなナイトマーケットがあるので夜にはかなり賑やかなところ。このナイトマーケットも面白いのだが、Wine Societyはそこを通り過ぎたところにある。

東南アジアのちょっと開発された地方都市にあるレストランが集合するような場所といったところにあり、お店自体は清潔である程度洗練されている。

お店のスペースもゆったりしているし、居心地もいい。タイっぽくないといわれるとそうなんだけど、楽であるということでいえばこれでいいかなっていうところ。ホテルについているレストランのようでもある。

ワインのリストはわりと豊富なのだが、さすがにボトルあけるほどの元気はないのでグラスでということになるとかなり選択肢が狭まる。まあ、致し方ないところか。料理については見たところ普通なんじゃないかと思う。

ワインは手頃な価格で飲むにはいいものがそろっていて、ホテル戻っても寝るだけだしなってことで、本を読みながら過ごしたりするにはいいところ。お店、がらがらだったし。

タイに行ったら屋台でごはん!だけではない、こういうところでリラックスするのもいいと思う。

Wine Society Pub & Restaurant
住所:Soi 5, UD Town Building, 2nd Floor, Thong Yai Road, Tambon Mak Khaeng, Amphoe Mueang Udon Thani, Udon Thani
休み:17:00-25:00

Related Post

ウドンタニからバンコクまで夜行列車に乗っていく... いまとなっては、日本では珍しい夜行列車での旅。でも、夜行列車ほど旅を感じるものはないなと思っている。 途中、通り過ぎる駅にいる人を眺めたりしては、きっとこの場所をもう通ることはないだろうなあと感じたり、窓から眺める家々の明かりは、そこに生活があってご飯を食べたり、本を読んだりしているのかと考え...
the GATE – ワットポー近くの朝から営業しているカフェ... ワット ポーからワット アルンへと向かう桟橋のすぐ近くにあるカフェ。チャオプラヤ川沿いではないのだけど、雰囲気がよくて朝から営業しているので便利ではある。 メニューはイタリアンの軽食がメインになっているのだが、朝はあまり料理は提供していない。また、二階からはワット ポーが望めるみたいなのだが、...
ヴィニシウスレストランでカイピリーニャ、そしてボサノヴァのライブ... ヴィニシウス バーの外観 ガロタ デ イパネマ(Garota de Ipanema)の向かい側にあって、ボサノヴァ創始者の作詞家であるヴィニシウス・ヂ・モライスの名前を冠したレストラン。 リオデジャネイロでボッサを聴けるところって少なくなっているのだけど、ここのライブハウスでは毎晩ずっ...
バンコクからアムパワーへの移動 【2017年3月追記】戦勝記念塔を発着していたロットゥーのミニバスは行き先によってそれぞれバンコク市内にあるバスターミナルに分散した模様です。アムパワー行きは南バスターミナルみたい。詳しくはこちら。戦勝記念塔のロットゥー乗り場移転に関する最新情報をまとめてみた。 運河が流れて、水上マーケットが...
Ant ‘n Bee (アントンビー) – 六本木でちょっとした時間つぶしが... メニュー、かわいい 六本木交差点のすぐ近くという便利な立地にありながら、結構手軽にクラフトビールが楽しめるバーのようなお店。 待ち合わせまでの時間つぶしにも利用できると思う。待ち合わせにほろ酔いで登場してもいいならば、だけど。 店内はカウンターのみでバーのような店内なのだけど、2...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください