ウドンタニの街タイの東北部、イサーン地方のウドンタニにやってきた。サンスクリット語で「北の町」と名付けられたこの地に来た目的は蓮の花だらけの湖に行くということなのだが、それがなかったらこの街に来ることはなかっただろうなと思う。

この先にあるラオスのビエンチャンに向かうときの通過点としての意味もあるが、いまの時代では飛行機で行ってしまうだろうし。

そして、観光客の少ないタイの地方都市って日本に似ているなというところ。僕の偏見なのかな、全然街が面白くないし、どこを切りとっても特徴がみえない。スワンナプーム空港のすぐ近くにある街でも感じたのだが、急ごしらえで作ったような街って面白みがない。

ウドンタニの街

ウドンタニの街街の中心地にはあたりの利権を全て吸い上げてしまいそうな巨大なショッピングモールがあり、夕方になればみんなやることなく、ここの前の広場に吸い寄せられてくる。

駅前にはナイトマーケットがあってここも活気があるけれど、すごく面白いって感じもない。まあ、ごはん食べるには便利なのだけど。

散歩をするには交通量が多く道幅が広いので車優先な感じ。旅行者としてウドンタニ住みたいか?っていわれるとちょっと困るだろうな。

それでも、なにか悪い目に遭ったわけではないし、普通に快適なのだけど。人と街も「あう、あわない」ってあるよなあ・・って思いながら散歩をしていた。ちなみに、セントラルプラザの向かい側の歩道にある屋台の麺料理は結構美味しかった。

ウドンタニの街

Related Post

ウドンタニのセントラルプラザはなんでもある地方ショッピングモール... 下妻物語という映画で主人公のヤンキー女子が「ジャスコにはなんでもあるんだよ!このジャージとかさ!」って豪語していたのだが、ウドンタニのセントラルプラザに来てみてそれを思い出した。 さして特徴のない地方都市に400以上のショップとホテルまで併設した巨大なショッピングモールがあるという構図は日本の...
週末ハロウィン香港旅 週末を香港で過ごしてきた。今回の旅、すごくコントラストのはっきりした旅になった。 せわしなく喧噪の香港島。それとは時間の流れが異なるようなラマ島。大騒ぎしていた蘭桂坊での夜と、なんだか時空のゆがみみたいな萬沸寺の羅漢像。 でもやはり、今回の旅の発見はラマ島。これにつきる。 ...
秋の小布施をまわり、越後で美女旅を確認する旅... 収穫の秋を楽しむということで、10月下旬の北信州から越後へと抜ける旅をしてきた。このルートは逆まわりで、夏にも訪れたのだけれど、小布施と越後妻有を結ぶ千曲川沿いの国道からみえる風景はすっかり秋の装いとなっていて、これはこれでシンプルで美しい風景だった。 まず、初日は深夜に家を出て、関越道から上...
ひさびさに中世記念堂へ行ってみた ここへ来る前に、ランチに杭州小籠包へ行っていたのだが全く写真を撮っていなかった。あまりに美味しかったからというよりかは案内に忙しかったからというところ。 そのあと、お店の向かい側にある中正記念堂へ行きたいというので、ものすごいひさびさに行ってみることにした。修学旅行みたいな旅行だな。 中...
ワット バーンクン – 菩提樹にかこまれた小さな寺院... アムパワーで観るべきもののひとつであり観光のハイライト。タイ政府観光庁には"Unseen Thailand"(まだ見ぬタイ)のひとつに選ばれている。 アムパワーからは、乗り合いのボートツアーであれば100THBくらいで、チャーターすると600THBくらいで来ることができる。乗り合いのボートツア...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください