ウドンタニから夜行列車で戻ってきて、バンコクの宿は下町エリアのドゥシットにあるPhranakorn-Nornlen (プラナコーン ノーンレン)にしたみた。もう何度もリピートしているホテルですごく好きなところ。

過去の宿泊記はこちら
おしゃれだけれどおすすめする人を選ぶホテル「プラナコーン ノーンレン ホテル(Phranakorn Nornlen)
プラナコーンノーンレン ホテル(バンコク)宿泊記

エントランス

ロビーに水が置いてあって、外から戻ってきたら飲んでいた。

ウドンタニから夜行列車でついて、フアランポーン駅からはタクシーで向かう。朝方ということもあり10分くらいで到着。

7時前にはホテルについてしまったのだが、部屋があるよということで、だいぶはやいアーリーチェックインをさせてくれた。夜行列車あけでこれは嬉しい。

一番好きな場所
一階のカフェ&レストラン

このホテルの特徴としては、昔はリセの寄宿舎をリノベーションした建物の雰囲気と、ヴィンテージっぽいデザインや、それぞれに異なる手作り感のあるかわいい部屋とかなのだが、なによりも一番好きなのはここで働いているスタッフ。

みんなとても、このホテルで働いているというプライドがあって、洗練されているわけではないけれど、すごくあたたかい。僕にしてみてば、ラグジュアリーホテルだけがいいホテルっていう価値観ではないので、こういうところがいいな。

今回泊まった部屋もまたかわいい
窓の外はバンコクの下町

猫があちこちにいる部屋

カーテンも手作り感がある猫

今回泊まった部屋は3階の部屋で猫がモチーフになっている。今回のバンコクでは、やたらと猫に出会ったのだけど、部屋まで猫だなんて素敵すぎる。古本市の神の話ではないが、こういう繋がりってあるよな。

ひさびさの宿泊だったので変わったところも結構ある。水周りについてはリノベーションしていて、床のタイルなどが改善されていた。シャワーの水の出もよくなっている。

そして、朝食はすごく豪華になっていて、一階のカフェ&レストランコーナーに屋台を出してスクランブルエッグや、カレーなどの提供までしてくれる。フルーツの種類も増えていて、これはすごい嬉しいところ。

アメニティは一通りある
課題の水周りは少しだけ改善
朝食は大幅に改善
マッサマンカレー
ワンタンスープ

僕のバンコクでの過ごし方は午前中と夕方から夜にかけては外にいるけれど、昼の暑い時間はホテルでのんびりとしている。

プラナコーン ノーンレンだと、一階にある共有のテラスで、ごろっと横になって本を読みながらフルーツシェイクを飲んだりして過ごすのが幸せ。

こんな暑い最中に苦労して観光したっていい思い出にならないだろうって考えているのだが。驚くほど美味しい濃厚なフルーツシェイクを飲んだりして過ごす方が、これぞバンコクで過ごす休日だなあって思っている。

共有部分のテラスで過ごす午後が好き
目の覚めるような美味しさのシェイク

夕方から日暮れにかけては屋上のルーフトップバーで過ごすのもいい。

屋上からはワット・イントラウィハーンとバンコクのシンボル的なラマ8世橋が見える。シンハービールを飲みながら仏像越しにインドの方へ向かう太陽を見送っていくというのもなんだがすごくいい時間を過ごしているように思える。

ルーフトップバーから眺める夕暮れは格別に美しい、バンコクの夏休み

それ以外のところでいえば、公共交通機関はバスかチャオプラヤ川を行き交うボートくらいしかないし、BTSも地下鉄の駅から遠い。まわりにはなにかあるわけではないし、利便性は極端に悪い。

部屋には冷蔵庫もバスタブもないし、快適性を求めると完全な空調や水周りなわけでもないし、なんでここがそんなに好きなホテルなんだろうかと思わなくもない。それでも、ここでしか味わえない経験ということであれば、このホテルは世界中でもっとも好きな場所のひとつだなって思う。

Phranakorn-Nornlen Boutique Hotel

Phranakorn-Nornlen Hotel
住所:46 Thewet Soi 1, Krungkaseam Rd. | Bangkhunprom, Phranakorn, Bangkok

Related Post

有名アロマブランド カルマカメットのレストランではスイーツがおすすめ... 旅行に行く前にガイドブックを買わなくなって久しいのだけど、wagamama travelのブログをみていて気になっていたカルマカメット ダイナー(Karmakamet Diner)に行ってみた。 表通りから少し入った一軒家を改造していて、昼はランチ&カフェ、夜はレストランというスタイルで1日中...
ワット バーンクン – 菩提樹にかこまれた小さな寺院... アムパワーで観るべきもののひとつであり観光のハイライト。タイ政府観光庁には"Unseen Thailand"(まだ見ぬタイ)のひとつに選ばれている。 アムパワーからは、乗り合いのボートツアーであれば100THBくらいで、チャーターすると600THBくらいで来ることができる。乗り合いのボートツア...
おしゃれだけれどおすすめする人を選ぶホテル「プラナコーン ノーンレン ホテル(Phranakorn ... バンコクのホテルは安宿から高級ホテルまでいろいろ泊まったけれど、結局はスクンビットにあるシタディーンか、ドゥシットにあるここ「プラナコーン ノーンレン」のどちらかに泊まるというのが僕の定番になっている。 利便性よく清潔な滞在が約束されていてコストパフォーマンスのよい万人におすすめできるシタディ...
パビリオン(The Pavilion)に泊まるためにプノンペンへ来る価値がある... 騒々しくて治安でも面倒なことが多いプノンペンでは静かなホテルに泊まってのんびりしたい。そういうときには240通りの近くにあるパビリオン(The Pavilion)に泊まるのがおすすめ。 シハヌーク前国王の母親が建てたとされるヴィラを改装したホテルで、フレンチコロニアルの建物が雰囲気がいい。プノ...
In Love Bar & Restaurantは地元向けThe Deckという感じ... The Deckがロケーション含めて高級版とするならば、このIn Loveはそれをスケールダウンして、すっかりカジュアルにした「地元向け」という感じ。 見えるロケーションもワットアルンじゃなくて、ラーマ8世橋だし。 しかし、このレストランはそのネーミングのかっこ悪さをのぞけば本物で美味し...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です