ウドンタニから夜行列車で戻ってきて、バンコクの宿は下町エリアのドゥシットにあるPhranakorn-Nornlen (プラナコーン ノーンレン)にしたみた。もう何度もリピートしているホテルですごく好きなところ。

過去の宿泊記はこちら
おしゃれだけれどおすすめする人を選ぶホテル「プラナコーン ノーンレン ホテル(Phranakorn Nornlen)
プラナコーンノーンレン ホテル(バンコク)宿泊記

エントランス

ロビーに水が置いてあって、外から戻ってきたら飲んでいた。

ウドンタニから夜行列車でついて、フアランポーン駅からはタクシーで向かう。朝方ということもあり10分くらいで到着。

7時前にはホテルについてしまったのだが、部屋があるよということで、だいぶはやいアーリーチェックインをさせてくれた。夜行列車あけでこれは嬉しい。

一番好きな場所
一階のカフェ&レストラン

このホテルの特徴としては、昔はリセの寄宿舎をリノベーションした建物の雰囲気と、ヴィンテージっぽいデザインや、それぞれに異なる手作り感のあるかわいい部屋とかなのだが、なによりも一番好きなのはここで働いているスタッフ。

みんなとても、このホテルで働いているというプライドがあって、洗練されているわけではないけれど、すごくあたたかい。僕にしてみてば、ラグジュアリーホテルだけがいいホテルっていう価値観ではないので、こういうところがいいな。

今回泊まった部屋もまたかわいい
窓の外はバンコクの下町

猫があちこちにいる部屋

カーテンも手作り感がある猫

今回泊まった部屋は3階の部屋で猫がモチーフになっている。今回のバンコクでは、やたらと猫に出会ったのだけど、部屋まで猫だなんて素敵すぎる。古本市の神の話ではないが、こういう繋がりってあるよな。

ひさびさの宿泊だったので変わったところも結構ある。水周りについてはリノベーションしていて、床のタイルなどが改善されていた。シャワーの水の出もよくなっている。

そして、朝食はすごく豪華になっていて、一階のカフェ&レストランコーナーに屋台を出してスクランブルエッグや、カレーなどの提供までしてくれる。フルーツの種類も増えていて、これはすごい嬉しいところ。

アメニティは一通りある
課題の水周りは少しだけ改善
朝食は大幅に改善
マッサマンカレー
ワンタンスープ

僕のバンコクでの過ごし方は午前中と夕方から夜にかけては外にいるけれど、昼の暑い時間はホテルでのんびりとしている。

プラナコーン ノーンレンだと、一階にある共有のテラスで、ごろっと横になって本を読みながらフルーツシェイクを飲んだりして過ごすのが幸せ。

こんな暑い最中に苦労して観光したっていい思い出にならないだろうって考えているのだが。驚くほど美味しい濃厚なフルーツシェイクを飲んだりして過ごす方が、これぞバンコクで過ごす休日だなあって思っている。

共有部分のテラスで過ごす午後が好き
目の覚めるような美味しさのシェイク

夕方から日暮れにかけては屋上のルーフトップバーで過ごすのもいい。

屋上からはワット・イントラウィハーンとバンコクのシンボル的なラマ8世橋が見える。シンハービールを飲みながら仏像越しにインドの方へ向かう太陽を見送っていくというのもなんだがすごくいい時間を過ごしているように思える。

ルーフトップバーから眺める夕暮れは格別に美しい、バンコクの夏休み

それ以外のところでいえば、公共交通機関はバスかチャオプラヤ川を行き交うボートくらいしかないし、BTSも地下鉄の駅から遠い。まわりにはなにかあるわけではないし、利便性は極端に悪い。

部屋には冷蔵庫もバスタブもないし、快適性を求めると完全な空調や水周りなわけでもないし、なんでここがそんなに好きなホテルなんだろうかと思わなくもない。それでも、ここでしか味わえない経験ということであれば、このホテルは世界中でもっとも好きな場所のひとつだなって思う。

Phranakorn-Nornlen Boutique Hotel

Phranakorn-Nornlen Hotel
住所:46 Thewet Soi 1, Krungkaseam Rd. | Bangkhunprom, Phranakorn, Bangkok

Related Post

赤い睡蓮の海に船を漕ぎ出す – クンパワピーのタレー・ブア・デーン... 今回のタイ旅行のメインともいえるもの。ウドンタニの郊外にあるクンパワピーという場所に「赤い睡蓮の海」というタレー・ブア・デーンという湖がある。毎年12月から2月上旬の明け方にかけて、水面を覆い尽くすように蓮の花が咲く風景は幻想的そのもの。 クンパワピーまでの行き方は、ウドンタニでバイクを借りよ...
オクターブ・ルーフトップ・バー – 手軽にいけるおすすめのバー... 今回の旅ではバンコクのルーフトップバーを巡ってみようかなと思いついた。 ということで、まず向かったのはwagamama travelでも紹介されていたトンローのマリオットにあるOCTAVE ROOFTOP LOUNGE&BAR(オクターブ・ルーフトップ・バー)。男性は袖のないシャツやハ...
Red Sky Bar – 手頃だけど不便なロケーションのスカイバー... バンコクでのルーフトップバー(スカイバー)巡り。サイアムのちょっと外れにあるセンタラグランド・アット・セントラルワールドというホテルの屋上にあるバーに行ってみた。 ちなみに、スマートカジュアルみたいなことをいっているが、男性はドレスコードあり。かかとがない靴、ハーフパンツはNG。 今回行...
ワット バーンクン – 菩提樹にかこまれた小さな寺院... アムパワーで観るべきもののひとつであり観光のハイライト。タイ政府観光庁には"Unseen Thailand"(まだ見ぬタイ)のひとつに選ばれている。 アムパワーからは、乗り合いのボートツアーであれば100THBくらいで、チャーターすると600THBくらいで来ることができる。乗り合いのボートツア...
シルバー ゴールド ガーデン スワンナプーム宿泊記... バンコクのスワンナプームに深夜早朝発着時には空港近くのホテルに泊まることが多くて、いままで今回宿泊したSilver Gold Gardenのほかにもトンタリゾートやクイーンズ ガーデンなどあれこれ宿泊してきたのだけど、今回はここに宿泊。 はっきりいって、このあたりのホテルは金太郎飴みたいにどれ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください