プラナコーン区の北側にあり、巨大な大立仏像が有名なワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)。アユタヤ王朝時代である1752年に建立された格式高い寺院であるが、観光地からははずれているので信心深い地元の人が訪れる静かな場所。

プラナコーン ノーンレンに泊まると、屋上からみえる大立仏像はバンコクに来たんだなって実感する風景だし、人の家の軒先みたいな裏通りを歩いて5分ほどでいけるので、朝夕は訪れてしまうところ。

プラナコーン ノーンレンの屋上からも眺めることができる
プラナコーン ノーンレンの屋上からも眺めることができる

Wat Intrarawihanお寺では見よう見まねでお参りをしたり、またはお参りをする人たちを眺めたり。猫と遊んだりしている。参拝は大立仏像の爪のところに花をおいたりするのが主流。

朝は仕事に行く前にお参りに立ち寄るOLみたいな女の子とかもいたりして、バンコクという街に信仰が密着しているのだなって感じる。僕はただ、のんびりと猫をからかいながら境内をのんびり散歩しているだけなのだが。でも、旅から帰ってきて思い出すのはそんなシーンだったりする。

Wat IntrarawihanWat Intrarawihan

僕のなかではプラナコーン ノーンレンの宿泊とワット イントラウィハーンはセットの場所。ここへ来て仏像に手を合わせるとバンコクに戻って来たなあって自分のなかで納得感が出てくる場所。

大立仏像は夜は21:30くらいまでライトアップされていて、その風景もまた美しい。

ワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)
住所:Samsen Rd, Bang Khun Phrom, Phra Nakhon, Bangkok

Related Post

チャイナエアライン(バンコク~台北~成田)搭乗記... 今回のタイ旅行での帰路のフライト。行きは成田~台北のフライトキャンセルによりタイ航空の振り替えだったので、チャイナエアラインにようやく乗れるのかっていう気持ち。 帰りのフライトはバンコクを朝に出ると、成田には夕方に到着するスケジュール。桃園での乗り継ぎ時間が結構効率よくて便利。 サイアム...
プラナコーンノーンレン ホテル(バンコク)宿泊記... 入口が立派になっていた 今回の旅ではバンコクでの滞在に余裕があったので、ひさびさにプラナコーンノーンレンに泊まってみた。 10ヶ月近くぶりだったのだが、ちょこちょこと改修を重ねていたみたいで、アップグレードされていた。屋上は気持ちよかったなあ。 ホアヒンからバンコクの戦勝記念塔に...
アムパワーへの小旅行、運河の町でのんびりする... 今回のタイ旅行も後半になってきて、喧噪のバンコクを抜け出して運河と水上マーケットの町であるアムパワーへ小旅行をしてきた。 水上マーケットといえば、ダムヌン・サドゥアクが外国人旅行者に人気の場所だとすると、アムパワーはタイ人に人気のあるマーケット。外国人旅行者の姿はほとんど見かけなかった、すごく...
電動自転車でいくバガン寺院めぐり バガンの寺院巡りをする際に活躍するのは電動自転車の活用になる。 自転車といっても日本にあるようなアシスト的なものじゃなくて、原付電動バイク(ペダル付き)という感じのもので、時速30キロくらいまで出すことができる。 今回の旅で僕ははじめて電動ではあるけれど、バイクを運転してみたのだが、これ...
京都の紅葉はここが最も印象深かった、法然院の風景... 銀閣寺まで来たので、以前ちょっとよく訪れることのあった法然院にも足をのばしてみることにした。 法然院へのアクセス 銀閣寺から哲学の道を南に15分くらい行ったところにある。まわりに有名な寺院があり、またここは拝観禁止のエリアが多いこともあり、いまは法然院を訪れる人は少なくそれが静かで厳かな風情があ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.