プラナコーン区の北側にあり、巨大な大立仏像が有名なワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)。アユタヤ王朝時代である1752年に建立された格式高い寺院であるが、観光地からははずれているので信心深い地元の人が訪れる静かな場所。

プラナコーン ノーンレンに泊まると、屋上からみえる大立仏像はバンコクに来たんだなって実感する風景だし、人の家の軒先みたいな裏通りを歩いて5分ほどでいけるので、朝夕は訪れてしまうところ。

プラナコーン ノーンレンの屋上からも眺めることができる
プラナコーン ノーンレンの屋上からも眺めることができる

Wat Intrarawihanお寺では見よう見まねでお参りをしたり、またはお参りをする人たちを眺めたり。猫と遊んだりしている。参拝は大立仏像の爪のところに花をおいたりするのが主流。

朝は仕事に行く前にお参りに立ち寄るOLみたいな女の子とかもいたりして、バンコクという街に信仰が密着しているのだなって感じる。僕はただ、のんびりと猫をからかいながら境内をのんびり散歩しているだけなのだが。でも、旅から帰ってきて思い出すのはそんなシーンだったりする。

Wat IntrarawihanWat Intrarawihan

僕のなかではプラナコーン ノーンレンの宿泊とワット イントラウィハーンはセットの場所。ここへ来て仏像に手を合わせるとバンコクに戻って来たなあって自分のなかで納得感が出てくる場所。

大立仏像は夜は21:30くらいまでライトアップされていて、その風景もまた美しい。

ワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)
住所:Samsen Rd, Bang Khun Phrom, Phra Nakhon, Bangkok

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です