プラナコーン区の北側にあり、巨大な大立仏像が有名なワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)。アユタヤ王朝時代である1752年に建立された格式高い寺院であるが、観光地からははずれているので信心深い地元の人が訪れる静かな場所。

プラナコーン ノーンレンに泊まると、屋上からみえる大立仏像はバンコクに来たんだなって実感する風景だし、人の家の軒先みたいな裏通りを歩いて5分ほどでいけるので、朝夕は訪れてしまうところ。

プラナコーン ノーンレンの屋上からも眺めることができる
プラナコーン ノーンレンの屋上からも眺めることができる

Wat Intrarawihanお寺では見よう見まねでお参りをしたり、またはお参りをする人たちを眺めたり。猫と遊んだりしている。参拝は大立仏像の爪のところに花をおいたりするのが主流。

朝は仕事に行く前にお参りに立ち寄るOLみたいな女の子とかもいたりして、バンコクという街に信仰が密着しているのだなって感じる。僕はただ、のんびりと猫をからかいながら境内をのんびり散歩しているだけなのだが。でも、旅から帰ってきて思い出すのはそんなシーンだったりする。

Wat IntrarawihanWat Intrarawihan

僕のなかではプラナコーン ノーンレンの宿泊とワット イントラウィハーンはセットの場所。ここへ来て仏像に手を合わせるとバンコクに戻って来たなあって自分のなかで納得感が出てくる場所。

大立仏像は夜は21:30くらいまでライトアップされていて、その風景もまた美しい。

ワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)
住所:Samsen Rd, Bang Khun Phrom, Phra Nakhon, Bangkok

Related Post

スワンナプームでツーリストSIMの購入(今回はdtac)... チャイナエアラインのフライトキャンセルにより波乱の幕開けな今回の旅。とはいえ、問題なくバンコクには到着してさっそくSIMカードを入手。いつもはAISで買っているのだけど、今回はカウンターが混雑していたのでその隣にあるdtacで購入。 結論からすると、どういうわけだがものすごいもっさりした回線環...
台南の大天后宮は霊験あらたかな恋愛の神様をまつっている... 台湾でもっとも古い街である台南には神様の存在も圧倒的。国家一級古跡に指定されている台南大天后宮は台湾最古の廟のひとつであり、その御利益はかなりのものだという。今回泊まっていた、興居 台南からすぐ近くなこともあり朝の散歩をかねて行ってみることにした。 台南大天后宮へのアクセス 国鉄の台南駅...
宮島小旅行と厳島神社、広島から移動について... 広島まで来たので、ちょっと宮島まで足を伸ばしてショートトリップをしてきた。広島から宮島まで移動して、厳島神社をみてきて、うえので穴子飯を食べて約半日の旅行という感じ。 広島~宮島間の移動 広島と宮島の間を移動するには、JR、市電、広島港からのフェリーという三種類があるけれど、よほどのこだ...
宮廷時代のマッサマンカレーを継承している名店「メー・チョイ・ドイルアン」... 宮廷時代のマッサマンカレーを継承している名店「メー・チョイ・ドイルアン」。 友人にタイに行くという話しをしたとき、ひとしきり羨ましがられた後におすすめされたお店。友人のロジックでいうと、こういうことになる。 (A) マッサマンカレーは「世界一美味しい料理」に選ばれた料理である。 (...
二見興玉神社に参拝してきた 伊勢神宮とならび、フォトジェニックな神社ですごく好きなのが二見浦にある二見興玉神社。車で行くと、海岸沿いに駐車場があるので、そこで停める場所をなんとかみつけてアクセスできる。 海岸沿いの神社でちょっとした散歩道としても気持ちがいい。ここで祀られている神様のつかいはカエルとのことで、境内のあちこ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください